パスワードを忘れた? アカウント作成

治療費1回5000万円のCAR-T細胞療法が高い理由」記事へのコメント

  • キムリア点滴静注は保険収載されているので薬価が公開されている。

    認可時(2019年5月)にメーカー(ノバルティス)が提示した原価が2363万2062円で、薬価は有用性加算で3349万3407円。2021年に薬価が改定されて3264万7761円 [jiji.com]。つまり元記事にある設備費用は約1650万円ってことになるのかな。

    • こんなものを「健康保険」の適応にするって常識で考えて頭おかしい。
      「最低限の医療」の範囲はどう考えたって超えてると思うのだけど。

      これに限らず超高額の抗がん剤が健保財政を悪化させてるのは明白なのに、
      「どこかからの圧力」でなぜか認められてしまう不思議。
      一方で放射線治療はいつまでも「高度先進医療」扱い。

      • by Anonymous Coward on 2021年09月15日 11時15分 (#4113008)

        適応症が少ないから高額になる訳でそういう薬を保険適用しても保険財政に与える影響は小さいよ。
        それよりも老人が常用している高血圧や高コレステロールの薬をジェネリックにして新発品を認めないほうが余程節約になる。

        • by Anonymous Coward

          C型肝炎はウィルス感染者が150-200万人、治療にかかる薬代500万に対して自己負担は1-2万円ですむ。
          患者には朗報だけど保険負担は大きいね。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...