パスワードを忘れた? アカウント作成

キヤノン、民生品レンズを束ねて天体観測を行うプロジェクトにレンズ120本を提供」記事へのコメント

  • お買い得 (スコア:2, 興味深い)

    by Anonymous Coward

    デジカメWatchによると
    > 今回新たに120本のレンズが加わることで総計168本の望遠鏡アレイとなり、焦点距離40cm、口径1.8mの屈折望遠鏡と同等の集光力を備えるという。
    > 発売時価格は税別125万円で

    とのことなので口径1.8m相当で約2億円の模様。
    レンズ以外にも必要になるし、焦点距離も違いすぎるので単純比較はできないが、口径2mのなゆた望遠鏡

    http://www.nhao.jp/public/telescope/index.html [www.nhao.jp]

    が約10億円だそうなので、コストパフォ

    • Re: (スコア:2, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      でもその記事にも書いてあるけど、「特に計算する意味はない」訳で。
      何故かというと、まずこのレンズは型落ち品。今はIII型があるけどコレはII型。
      ってことは、新品の場合は不良在庫品の可能性がある。

      次に、キヤノンとかプロサービスやってる会社はリースや貸し出し用に在庫を沢山もってる。
      五輪やWCなどのスポーツイベント時カメラマンが使う超望遠レンズ、実は自前のレンズではなく借りているケースが多いんだよね。
      それの再整備したものである可能性がある。(ミラーレス化進展で余剰在庫になってるのかも)

      と言うわけで、2億円どころか遙かにお安い可能性がある。お得であることに違いはないけど。

      • by Anonymous Coward

        >恒星へのフォーカス制御などの作り込みまでキヤノンがやるのだろうか。
        無限遠へのフォーカスなので∞にして絞り開放にするだけのような気がするんですけどねぇ。
        絞りくらいは状況に応じて変えるのかな。

        >あるいはEFレンズ制御プロトコルを公式に提供する、という程度なんだろうか? (リバースエンジニアリングされて丸裸ではあるんだけど)
        こっちのような気がしてならない。

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...