パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

15502136 story
テクノロジー

自己複製する生体ロボット「ゼノボット」 6

ストーリー by nagazou
自己進化、自己再生、自己増殖まであと一歩 部門より
maia 曰く、

アフリカツメガエルの胚から摘出した胚細胞から合成された「プログラマブル」な生体ロボット「ゼノボット」(Xenobot:WikipediaGithubForbesGuardian)が自己複製の機能を持つという(CNN)。遺伝子操作は行っていないが、ゼノボットは動植物とは違う自己複製の方法を見つけた。ゼノボットが使った複製プロセスは「キネティック・レプリケーション」と呼ばれ、分子レベルでは知られていたが、細胞レベルで観察された事はなかったという。ゼノボットが効果的に複製を行えるよう、ゼノボットは「パックマン」に似たC字形に設計された。

15499554 story
医療

「セキが出ない」というおまじないをかけたmathク 37

ストーリー by nagazou
難易度高いマスクネタだわ 部門より

関数アーティストとして活動するCHARTMANさんが、数学力が問われるデザインマスクを作ったことが話題となっている(CHARTMANさんのツイートおたくま経済新聞)。同氏のツイートによれば、

計算不能な間違った数式を印刷することで「セキが出ない」というおまじないをかけたmathク

とのことで、作成したマスクは[1 2]×[3 4]という文字が印刷されている。「math(マス)ク」の部分は数学を英語読みしたものとなっている。「[1 2]×[3 4]」は、行列の乗法と呼ばれる演算式でツイートにあるように計算不能な間違った数式、つまり積(セキ)が出ないマスクというダジャレネタとなっているそうだ。

15499731 story
人工知能

機械学習を活用、ネオジム磁石の作成技術を最適化し約1.5倍の磁力を達成 23

ストーリー by nagazou
機械学習 部門より
物質・材料研究機構 (NIMS) の佐々木泰祐主幹研究員などの研究グループは、機械学習を活用する手法を用いることで、従来のおよそ1.5倍強いネオジム磁石を製造することに成功したそうだ(NIMSScripta MaterialiaNHK)。

同グループでは製造時の実験データを機械学習させることで、最小限の実験回数でネオジム磁石の重要な特性である保磁力や最大エネルギー積などの特性を最大化できたとしている。一般に製品化されているネオジム磁石では保磁力が1.2テスラなのに対して、機械学習を活用して試作したネオジム磁石では保磁力が1.7 テスラほどになった。こうした機械学習を用いて材料開発のスピードをアップさせる「マテリアルズ・インフォマティクス」とよばれ、近年、研究開発が加速しているとのこと。
15498555 story
宇宙

スペースデブリ対策のアストロスケール、約124億円の資金を調達 10

ストーリー by nagazou
ロシアのやらかしの後なので複雑な気分 部門より
maia 曰く、

アストロスケールホールディングスが第三者割当増資で約124億円を調達した。6回目の資金調達で、累計調達額は334億円となった(日経ニュースリリース)。スペースデブリ除去衛星の量産施設の整備や技術開発などに充てる。アストロスケールは、運用終了衛星の除去、デブリの除去、静止衛星の軌道修正で寿命延長といったサービスを目指している。2021年3月には技術実証衛星「ELSA-d」を打ち上げ、現在動作実験を行っている。今後、商用化衛星「ELSA-M」を量産する計画。英国でエルサMを同時に複数機製造できる工場を建設中。日本ではエルサMに加え、JAXAと共同開発する別の大型デブリ除去衛星の工場も建設する予定。

15498255 story
暗号

Collins Dictionary が選ぶ 2021 年を代表する言葉は「NFT」 40

ストーリー by headless
代表 部門より
Collins Dictionary は 11 月 24 日、2021 年を代表する言葉「Word of the Year 2021」として「NFT」を選んだと発表した。 (Collins Dictionary Language Blog の記事Neowin の記事Mashable の記事Ars Technica の記事)。

NFT は Non-Fungible Token (代替不可能なトークン) の頭字語で、Collins Dictionary では略語として「アートワークやコレクターズアイテムの所有者を示すためにブロックチェイン上に記録されたユニークなデジタル証明書」、名詞として 「NFT によりその所有権が記録された資産」と定義している。2021 年はインターネットミームなどが NFT としてオークションに出品され、高額で落札されて注目を集めた。

新語 7 つを含む 10 の 2021 年を代表する言葉のショートリストでは、テクノロジー関連用語 として NFT のほかに「metaverse (名詞: メタバース)」と「crypto (名詞、口語: 暗号通貨 cryptocurrency の短縮形)」が含まれているとのこと。そのほかショートリストに残った言葉は以下の通り。
  • double-vaxxed (形容詞、口語) : ある疾病に対するワクチンを2回接種した
  • hybrid working (名詞) : 自宅とオフィスなど複数の異なる環境で交互に仕事をすること
  • pingdemic (名詞、口語) : (COVID-19) 接触通知アプリにより広範囲の人々に送られる通知
  • climate anxiety (名詞) : 気候変動への懸念により苦痛を感じている状態
  • neopronoun (名詞) : 最近作られた代名詞、特に「xe」「ze」「ve」などジェンダーの明示を避けるよう作られたもの
  • Regencycore (名詞) : テレビドラマ「ブリジャートン家」でみられる英摂政時代 (1811~1820) の上流階級の衣服をイメージした服装
  • cheugy (形容詞、スラング) : 以前はかっこいい・ファッショナブルだと考えられていたが、今はそうではなくなっているもの
15495713 story
アメリカ合衆国

米国防総省、UFOなどの調査を行うための新グループを設立すると発表 9

ストーリー by nagazou
略称をモルダーにしてくださいな 部門より
米国防総省は23日、未確認飛行物体などの調査を行う新たなグループを設立する方針を示した。これまでも米政府はUFOの疑いがある動画公開や目撃情報などの検証を進めてきたが、正体をつかめたとする公式発表はされていない。新たに設立されるグループは情報機関も含めて政府内の幅広い連携を行うことにより、飛行制限空域などにおける飛行物体を発見・識別・特定することを目指すとしている(朝日新聞)。
15494652 story
宇宙

NASA の惑星防衛実験ミッション DART、打ち上げ成功 17

ストーリー by nagazou
実験 部門より
headless 曰く、

SpaceX は 24 日、NASA の惑星防衛実験ミッション DART (Double Asteroid Redirection Test) の打ち上げをバンデンバーグ宇宙軍基地で実施した(NASA のブログ記事 [1][2][3]動画)。

ジョンズホプキンス大学応用物理学研究所が開発した DART は小惑星に宇宙機を衝突させることで軌道がどのように変化するのかを確かめることが目的であり、地球近傍小惑星 65803 ディディモスの衛星ディモーフォスがターゲットとなる。

DART 宇宙機を載せた Falcon 9 ロケットが打ち上げられたのは日本時間 24 日 15 時 21 分。およそ 55 分後に惑星間遷移軌道へ宇宙機を投入し、打ち上げは成功した。その数分後には最初のテレメトリーデータが送信され、太陽電池アレイを展開するのに安全な向きへの転換を開始。ディディモスへ向かって旅立った。

今回の Falcon 9 ロケット第 1 段はこれまでに 2 回のミッションで使われたもので、今回も打ち上げから約 9 分後に太平洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」へ無事着陸し、回収も成功した。

宇宙機は 2022 年 9 月にはディディモスへ到着し、およそ 6 km / s でディモーフォスへ故意に衝突する。衝突によりディモーフォスの軌道は数分短くなると予想されており、地球上から望遠鏡で変化を正確に測定する。この結果により、小惑星に与えた衝撃による軌道変化を予測するコンピューターモデルが改善できるとのことだ。

15494575 story
宇宙

米小型ロケットベンチャーのAstra、初めての軌道投入に成功 7

ストーリー by nagazou
成功 部門より
2016年に設立された米国の新興ロケット打ち上げ企業「Astra Space」は、現地時間11月19日午後9時ごろ初のロケットの打ち上げに成功した。テストペイロードを軌道に乗せることに成功している。同社は自動車のように大量生産できるロケットを作り、宇宙へ毎日アクセスできるような環境を作ることを目標としているという(Astra SpaceリリースTechCrunch)。

あるAnonymous Coward 曰く、

4回目にしてようやく軌道投入に成功したという。Astraのロケットの特徴は、3回目の打ち上げの時の以下の記事が詳しいが、新技術などではなく、徹底的な簡素化により最大630kgながら打ち上げ価格を約250万ドルに抑えるという。

15494536 story
数学

フェルマーの最終定理、IUT理論による証明が行われる 46

ストーリー by nagazou
別ルート 部門より
朝日新聞の記事によると、難問とされる「フェルマーの最終定理」が従来の証明方法とは異なる方法で証明したとする論文が東京工業大が発行する数学誌に掲載されるという。ABC予想の証明で話題となった京都大数理解析研究所の望月新一教授らによるもので、望月さんが約20年かけて築いた「宇宙際タイヒミュラー理論(ITU)理論」を拡張することにより解いたものだという(朝日新聞)。
15493720 story
プリンター

レーザーマーキングを使用したラベルレスのペットボトル飲料をテスト販売 48

ストーリー by nagazou
ラベル剥がし地味に面倒 部門より
アサヒ飲料はラベルレス飲料商品『アサヒ 十六茶』PET630mlダイレクトマーキングボトルをテスト販売する。これまでラベルシールに記載していた情報を、リコーのレーザーマーキング技術を使用することにより、ペットボトルの表面に直接印字。インクなどの不純物がないことからリサイクル性を低下させないとしている(アサヒ飲料)。

販売は12月21日からAmazon.co.jpで限定1200箱だけテスト販売を実施するとしている。希望小売価格は一箱3628円となっている。同社は2018年5月からこうしたラベルレス商品を開発、Amazon.co.jp限定でのテスト販売を行ってきた。ユーザーからラベルを剥がす手間がないのは助かるとの声があり、ラインナップを増やしてきた経緯がある。
15493516 story
変なモノ

「T4ファージボールチェーン&フィギュアマスコット(仮)」が発売? 14

ストーリー by nagazou
売れるかなあ 部門より
大腸菌に感染するバクテリオファージ「腸内細菌ウイルスT4 (T4ファージ) 」がボールチェーン&フィギュアマスコットとして販売されるそうだ。T4ファージは、6本の足のようなものを持つ月着陸船のような形状をしており、ウイルスの中でもとりわけカッコイイなどと報じられている。販売を行うのは、きのこ雑貨コレクションなどを販売してきた「株式会社いきもん」。がちゃぽん情報の記事によると、全8種類のラインナップが用意され、価格はそれぞれ300円に設定されている。発売は12月を予定している模様。なお現時点では株式会社いきもん側にはリリースは掲載されていない(がちゃぽん情報)。
15493536 story
テクノロジー

キヤノン、民生品レンズを束ねて天体観測を行うプロジェクトにレンズ120本を提供 34

ストーリー by nagazou
天体観測 部門より
米キヤノンは19日、国際研究プロジェクト「Project Dragonfly」に大口径超望遠単焦点レンズ「EF400mm F2.8L IS II USM」を120本を提供すると発表した。このプロジェクトは民生品である同社の大口径超望遠単焦点レンズを束ねてアレイを構築することにより、焦点距離40cm、口径1.8メートルの屈折望遠鏡と同等の機能を持たせる新しい概念の望遠鏡であるという(PR TIMESデジカメ WatchDigital Photography Review)。

あるAnonymous Coward 曰く、

このチームはイェール大学とトロント大学の研究者で構成されている。非常に淡い光の天体構造物を観測しており、それはダークマターの拡散や特徴を理解する助けになると考えられている。同チームは2013年と2015年にキヤノンから提供された48本の400mmF2.8の一眼レフカメラ用単焦点望遠レンズを用いて構築した望遠レンズアレイでその観測をしていた。これらのレンズで24本ずつのクラスター2系統を構築していたが、キヤノンはこのほど追加で120本の同レンズを提供する。

キヤノンによると、従来からのものと合わせて168本のレンズを用いることにより、口径1.8メートルの望遠鏡に相当する集光能力を実現でき、長さはたった40cmであるという。
同チームはこれまでも超淡光の星雲などを発見しており、今後改良されたシステムを用いての成果が期待される。

15491708 story
変なモノ

人体で最高の加速度を生み出す指パッチン 36

ストーリー by nagazou
スカッ 部門より
ジョージア工科大学らアメリカの研究チームが、いわゆる「指パッチン」をハイスピードカメラや力覚センサーを使って分析したところ、人体が生み出せる最高の加速度を持つ動きであることが分かったそうだ。研究チームは親指と中指の摩擦がエネルギーの保持や解放に重要な役割を果たしているとして、さまざまな条件で指パッチンの動きを分析。その実験の結果、素手による指パッチンは毎秒7800度の回転速度と毎秒160万度2乗を測定した。これはプロ野球のピッチャーの腕の回転加速度のほぼ3倍に匹敵するものだとしている(EurekAlert!GIGAZINE)。

nemui4 曰く、

素晴らしきヒィッツカラルドさん最強説

研究の発端はサノスの指パッチンジェノサイドだそうな。
ポール牧師匠を知ってるのはどの世代までだろう。

15488953 story
宇宙

11月19日16時頃から「ほぼ皆既の部分月食」。日本の広い範囲で観られる 37

ストーリー by nagazou
ほぼ 部門より
国立天文台によると19日の16時頃から「部分月食」が起こるそうだ。今回は月の直径の97.8%までが影になるという「ほぼ皆既月食」になるそうで、皆既月食に近い状況が楽しめる。肝心の天候だが、ウェザーニューズによれば、西日本から東海、関東にかけて穏やかに晴れるところが多いとのこと。夕方からの月食も観測できる地域も多いとしている。ただ夜間は気温低下するので防寒対策はしたほうがよいとのこと(国立天文台Impress Watchウェザーニューズ)。
15486368 story
宇宙

ロシアが衛星破壊実験を実施。約1500個のスペースデブリが発生 66

ストーリー by nagazou
批判は分かっていたのになぜこのタイミングで 部門より
maia 曰く、

11月15日、ロシアが地上打ち上げ型ミサイルで衛星破壊実験を行った(CNNの記事日経の記事産経の記事)。追跡可能なデブリが約1500個、微小な破片は数十万個発生したと推測される。現在ISSにはロシア人を含む7人が滞在しているが、宇宙船に退避するなど一時的な避難行動を余儀なくされた。今回の破壊実験に対してアメリカは容認できないとし、強い調子で非難している。ロシアは昨年4月と12月にも同様の実験を実施している。過去にはアメリカ、中国(2007年)、インド(2019年)も衛星攻撃実験を行っている。やはり、スペースデブリやケスラーシンドロームは人類レベルの懸念だろう。

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...