パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

15546437 story
ニュース

名古屋地裁、無罪確定の男性の指紋やDNAデータの削除命令。全国初 98

ストーリー by nagazou
削除命令 部門より
無罪判決が確定した男性が、警察が保管している指紋とDNA型、顔写真データの削除などを求めた裁判で名古屋地裁は18日、国側に削除を命じる判決を行った。名古屋地裁の西村裁判長は、指紋やDNA型などは、みだりに取得したり、利用されない自由が憲法13条で保障されており、今回の件では余罪の存在や再犯の恐れなどの保管すべき具体的な必要性は示されていないとして、国にデータの抹消を命じたとしている。弁護団によると、警察庁が保管するDNA型の抹消を命じる判決は初めてだとしている(朝日新聞NHK中日新聞)。

NHKの記事によれば、警察庁は2020年末の段階で指紋を約1135万件、DNA型を約141万件、写真を約1170万件保管しているという。国家公安委員会の規則では、データ抹消の要件としては対象者が死亡した場合もしくは保管する必要がなくなったときであるとしている。
15545321 story
アップグレード

伊海軍、元空母現ヘリ揚陸艦「ジュゼッペ・ガリバルディ」をロケット打ち上げプラットフォームに改装へ 17

ストーリー by nagazou
もう使ってない国もあるような 部門より
1985年にイタリア海軍に就役、今年には運用終了を予定していたイタリア海軍のヘリコプター空母「ジュゼッペ・ガリバルディ」が衛星打ち上げロケットのためのプラットフォームへと改装されるという。この計画は「SIMONA」(Italian System for NAve Orbit)と名付けられ、ガリバルディを低軌道(高度約600km)衛星の発射台として使用するために必要な技術条件を検証していくとしている(Difesa OnlinSMS Engineering[PDF])。

すでにアメリカ、ロシア、中国は同様の曳航式のプラットフォームを用いた衛生打ち上げ能力を所有しているという。昨年のStrategyPageの記事によれば、イタリアは、固体燃料ロケットの打ち上げに対応する斬新な新設計をガリバルディに採用する予定であるという。一部の潜水艦で採用している発射管/サイロを備えた浮遊プラットフォームに類似したものになるだろうとしている(StrategyPage)。
15543516 story
テクノロジー

ウシにVRを装着させてミルク増産に成功 66

ストーリー by nagazou
まさかの結果 部門より
ロシアで昨年3月、牛にVRゴーグルを装着し、緑の牧草地の太陽に満ちた景色を見せることにより、牛をリラックスさせる実験が行われたという。これに影響を受けたトルコの酪農家が先のロシアと同じ実験を開始したところ、ミルクの増産に成功したそうだ(Anadolu AjansiINTERESTING ENGINEERINGナゾロジー)。

実験を行ったのはトルコのIzzetKocak氏。同氏は飼料価格が上昇への対応策として、より多くの牛乳を生産する方法を模索していた。VRゴーグルを試す前はクラシック音楽を演奏する実験なども行ったという。最初の実験では2頭の牛にVRゴーグルを装着。その結果、ゴーグルを装着した牛では牛乳の質と量の両方の増加が観察されたという。牛の乳量は1日5ガロン(22リットル)から7ガロン(27リットル)と1頭あたりミルク5リットルの増産につながったとしている。
15543486 story
JAXA

H3ロケット不具合修正の目処立たず、打ち上げ再延期へ 49

ストーリー by nagazou
コストとの戦いもあるからなあ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

エンジンの不具合により打ち上げが2021年度に延期されていたJAXAの次期主力ロケットH3だが、共同通信が報じたところによると、問題となったエンジンの再設計・製造の目処が立たず、打ち上げを再延期する方針であることが明らかになった(共同通信)。

ISSへの物資補給を担うHTVなど、既にH3を使うスケジュールになっているため、各方面への影響は避けられない見込み。過去に報じられたように、LE-9エンジンに採用したエキスパンダーブリードサイクルが大型化に向かない事による問題という根本的な設計ミスに起因するようなので、解決にはさらに時間を要するのかもしれない。これはH-2Aの再登板などになるのだろうか?

15542453 story
ビジネス

日本ハム、ソーセージ「シャウエッセン」の巾着型包装を変更へ。包装削減のため 87

ストーリー by nagazou
変更 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

朝日新聞の記事によると、日本ハムは、主力のソーセージ「シャウエッセン」の包装を見直すそうだ。

発売時から続けてきた袋の上部をしばる、いわゆる「巾着型」を止めて、長方形の袋にするらしい。これにより、プラスチック使用量を3割削減できるそうだ。

巾着型にしたのは、「売り場で目立つ」(同社)からだそうだが、プラスチックの環境負荷が問題となっている中で、包装削減を行い、更に他の商品でもプラスチック削減を行うようだ。

一方、最近の原材料や資材の高騰のため、シャウエッセンを含む400品目以上の値上げを行い、シャウエッセンは約7%値上がり(数十円)するそうだ。

スーパー等に行くと、特に必然性が見られない包装の商品はいくつかある。皆様の印象に残る包装はあるだろうか。個人的には、一部のパンの大袋に付いているプラスチックの袋止めは不要と思う。ついでに伺いたいが、皆様の好きなソーセージや食べ方は何だろうか。

15542424 story
インターネット

トンガの火山噴火と空振が発生。広範囲な潮位変動で日本にも影響 91

ストーリー by nagazou
いつでも寝不足デス 部門より
maia 曰く、

日本時間15日13時10分頃トンガの首都の北方65kmのフンガトンガ・フンガハーパイ火山が推定VEI6の大噴火を起こし、噴煙の高さは1万6千m、半径260kmに達した。発生した空振によって、太平洋ばかりでなく、カリブ海のプエルトリコでも潮位変動を起こした(日経)。日本では20時〜21時頃に2hPa程度の気圧変動が波のように押し寄せ(ウェザーニュース)、その暫く後から潮位変動(振幅)が生じた。噴火に伴って通常の津波が起きていたと想定した時刻よりも2時間程度早い現象で、気象庁では非常に戸惑ったという。結局防災の観点から津波注意報や警報が出された。最大1m前後の「津波」で、漁船の転覆や沈没といった被害も出た(NHK)。

この潮位変動の影響により神奈川県では、15日夜から16日朝にかけて緊急速報エリアメール多数発信したことが問題となっている。全国の配信履歴によれば626件となっているが、これは神奈川県すべての合計値。朝日新聞によれば東京湾に面する横浜、川崎、横須賀の3市では午前7時31分までに配信が20回に及んだとしている。今回の件でこうした異常なまでのエリアメールを発信していたのは同県だけであるという。このためTwitterでは同県の住民から「うるさすぎて眠れない」との声も出ていた(神奈川県リリースYahoo!ニュース個人別のタレコミ)。

これに対して神奈川県の黒岩祐治知事がTwitterで釈明を行う事態となっている。同知事は「原因を調査したところ、委託業者が誤ったプログラムを設定していたことが明らかになりました」とし、原因が設定ミスによるものであることを明らかにした。朝日新聞によれば、気象庁が各地向けの更新を行うたび、神奈川への情報が出たととらえてメールを配信していたそうだ(黒岩祐治氏Twitter朝日新聞)。ただ先の知事の発言は、業者側に責任を押しつけるとも取れる内容であるから、のちに

津波注意報の誤送信。委託業者の設定作業ミスが原因であっても、もちろん県の責任です。業者に責任を押し付ける気はありません。ですから、私が謝罪しています。私自身も寝不足です。

とする発言の軌道修正を行っている(黒岩祐治氏Twitterその2スポニチ Sponichi Annex)。

15541523 story
宇宙

欧州宇宙機関、超小型人工衛星に対するサイバー攻撃のアイディアを募集 6

ストーリー by headless
攻撃 部門より
欧州宇宙機関 (ESA) が超小型人工衛星 OPS-SAT に対するサイバー攻撃のアイディアを募集している (ESA の記事The Register の記事特設サイト)。

OPS-SAT はフライトコンピューターの性能向上によるミッションコントロール機能などの改善をデモするため 2019 年に打ち上げられた 3U の CubeSat で、現行の ESA の他の宇宙機よりも 10 倍以上高性能なフライトコンピューターを搭載している。強固なセキュリティを誇る OPS-SAT は倫理的ハッカーが安全かつ現実的な環境でスキルをデモするのに最適な空飛ぶプラットフォームだという。

ESA が募集しているのはフランス・パリで 4 月に開催される CYSAT で実施するデモのアイディアで、日本を含む全世界から応募可能だ。締め切りは 2 月 18 日。アイディアは攻撃のシナリオが創造的で現実的かどうか、技術的に 2 か月間で実現可能かどうか、宇宙空間におけるサイバーセキュリティの重要性を誰にでも理解できるよう伝える可能性があるかどうかといった点で審査される。

2 月 25 日にはラウンド 1 として 6 つのアイディアが選定され、選定された各チームは ESA がトラブルシュートとテストのためミッションコントロールに保持している OPS-SAT のコピー「flatsat」を用いてデモの開発とテストを行う。3 月 31 日にはラウンド 2 として CYSAT でデモを行う 3 チームが発表される。3 チームにはパリまでの旅費が全額支給され、4 月 6 日 ~ 7 日の CYSAT で各 6 分間のデモを行うことになる。
15539095 story
グラフィック

オランダ国立美術館、レンブラントの「夜警」を717 ギガピクセルの超高解像度写真にして公開 28

ストーリー by nagazou
毛穴レベル 部門より
headless 曰く、

オランダ国立美術館がレンブラントの「夜警」を 717 ギガピクセルの超高解像度写真にし、オンラインで公開している (プロジェクトページプレスリリースThe Verge の記事)。

写真は Hassselblad H6D 400 MS を用いて撮影した各 5.5 cm × 4.1 cm、計 8,439 点の写真を AI がつなぎ合わせたもの。1 ピクセルは絵画上で 1 辺 0.5 μmの正方形の領域に相当し、最終的なファイルサイズは 5.6 TB にのぼる。芸術作品のデジタル画像としては過去最大のものだという。同美術館では 2020 年 5 月に 44.8 ギガピクセルの「夜警」を公開しているが、今回の写真はその 4 倍の精細度であり、「夜警」の調査・修復プロジェクト「Operation Night Watch」にかかわる研究者がリモートからより詳細な調査をできるようになる。

Operation Night Watch は 19 日から次の段階へ入り、絵画そのものに対する最初の保存処理を実行する。「夜警」のキャンバスは変形が進み、特に左上隅にはっきりとした波打ちがみられることから、最初に行う作業は新たな木枠への付け替えだ。この問題は緊急な対応が必要ではあるものの、対応そのものは容易であり、作品の将来に影響を与えるようなものではないという。そのほかの保存処理の実施に関しては、最初の処置が完了してから順次検討していくとのことだ。

15538964 story
テクノロジー

遺伝子操作したブタの心臓、57歳男性に移植される。米国 65

ストーリー by nagazou
すごい時代だ 部門より
米国で遺伝子操作したブタの心臓を移植するという手術が行われたそうだ。米メリーランド大学医療センターが10日が発表した。発表が行われたのは手術から3日後であるが、移植を受けた患者の経過は今のところ順調である模様。移植を受けたのはメリーランド州に住むデビッド・ベネット氏。同氏は命の危険がある不整脈が起きていたが、臓器提供を受けられなかったという。このため米医療当局から医療チームに特別な許可が与えられ、手術が実施されたそうだ(朝日新聞BBC読売新聞)。

心臓の提供元となったブタは、ベネット氏の免疫反応が心臓を拒絶しないよう遺伝子操作されたもの。ベネット氏は成功の可能性が低いという点、実験的な要素が強いという点は理解した上で手術を受けたとしている。今後、数週間かけて、臓器移植による効果を検証していくとしている。

hirari 曰く、

筒井康隆の短編で動物臓器を移植した話があった気が。

15538043 story
地球

トルクメニスタンの「地獄の門」に消火命令が下る 49

ストーリー by nagazou
消せますかねえ 部門より
トルクメニスタンのカラクム砂漠には、地下の天然ガスが40年ほど燃え続けている巨大なガス漏れクレーター「地獄の門」が存在する。この地獄の門に先日、同国のベルドイムハメドフ大統領が訪れ視察、地獄の門で燃え続けている天然ガスの火を消すよう命じたそうだ。 (時事ドットコム朝日新聞AFPBB News)。

元は地下にあるガス資源開発のための調査中、調査施設ごと陥没が発生し巨大な穴となった。内部の有毒ガスが拡散するのを防ぐため火をつけたところ、半世紀にわたって燃え続けることとなった。旧ソ連時代の負の遺産的な存在だが、現在は観光地として活用されている。 同大統領は埋蔵されている天然ガスが輸出できるようになれば相当の利益となるとして、副首相に対し消火方法を見つけるよう命じたとしている。ただ同大統領は2010年にも消火を命じたがことがあり、そのときは鎮火できなかったとしている。
15537956 story
宇宙

赤色超巨星が超新星爆発する様子を観測することに成功。天文史上初 34

ストーリー by nagazou
観測成功 部門より
米カリフォルニア大学などの研究チームは、死期を迎えた巨大な恒星が超新星爆発を起こす様子をリアルタイムで観測することに成功したという。観測に成功したのは地球から約1.2億光年離れた銀河NGC5731にある赤色超巨星「SN 2020tl」。この赤色超巨星は太陽の10倍以上の質量を持つものだそうだ。今回、SN 2020tlの超新星爆発の様子が観測できたことにより、赤色超巨星がSN 2020tlfのような発光を伴っている場合、近いうちに超新星爆発を迎えると予測することが可能になるとしている(The Astrophysical JournalCNNEngadget)。
15537123 story
地球

海底地形名にゴジラの名称入りの「ゴジラメガムリオン地形区」が採用へ 13

ストーリー by nagazou
メガムリオンも怪獣っぽい名前だ 部門より
2001年に沖ノ鳥島南東約600kmの公海で発見された海底地形名が「ゴジラメガムリオン地形区」という名称になったそうだ。この名称は日本から提案したもので、国際水路機関(IHO)とユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)による「海底地形名小委員会」によって承認された。海底拡大に伴う大規模な正断層により、ドーム状の高まりのことを「メガムリオン」と呼ぶのだそうだ。同地形区は縦125km、幅55km、最深部との高低差4kmと東京都の約3倍ほどの巨大さがある。これはメガムリオン地形区としてはこれまでで最大のものであることから、ゴジラの名が付けられたとしている(海上保安庁[PDF]船舶ニュース映画ナタリー)。

tori_sanpo 曰く、

これは訓練ではない

ゴジラメガムリオンなどの海底地形名が承認されました

ムリオンは有楽町マリオンのマリオンと同じ語源で縦縞模様
有楽町マリオンはゴジラに破壊されたのも何かの縁か

15536805 story
宇宙

ロスコスモス CEO 曰く、バイコヌールは落ち着いている 20

ストーリー by headless
掌握 部門より
燃料価格引き上げに端を発した抗議活動による混乱が続くカザフスタンだが、ロスコスモス CEO のドミートリ・ロゴジン氏が現地からの情報として、宇宙基地のあるバイコヌールの状況は落ち着いていると報告している (ロゴジン氏のツイート [1][2]Neowin の記事)。

カザフスタンのバイコヌールはロシアの租借地で、閉鎖行政地域組織 (ZATO) による行政管理が行われている。 国内での混乱が始まって 1 週間ほどになるが、バイコヌールでは特に大きな混乱はなく、住人は行政機関や宇宙基地の運営に協力的だという。宇宙基地の重要な施設の警備は強化されたものの、 ZATO が状況を完全に掌握しており、ロスコスモスの支部や行政組織等は通常通り機能しているとのことだ。
15535394 story
医療

COVID-19 に関するまん延防止等重点措置、9 日から 31 日まで広島県・山口県・沖縄県に適用 114

ストーリー by headless
措置 部門より
政府は 7 日、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に関するまん延防止等重点措置を 9 日から広島県・山口県・沖縄県の 3 県に適用すると発表した (官報首相官邸のニュース記事内閣官房の記事)。

昨年 8 月のピーク時には 25,000 人を超えていた全国の新規陽性者数だが、前回のまん延防止等重点措置と緊急事態宣言が終わった 9 月末には 1,000 人前後まで減少。11 月には 100 人前後まで減少していたが、12 月半ばごろからじわじわと増加し、1 月に入って急増して 6 日の新規陽性者は 4,301 人となっている(厚生労働省 ― 国内の発生状況など)。今回、政府は 3 県の知事から措置の適用を要請され、感染拡大に早急に対応する必要があると判断したとのこと。

措置の適用期間は 1 月 31 日まで。同時に COVID-19 の基本的対処方針(PDF)も更新されている。主な変更点としてはオミクロン株の感染拡大等を含む更新情報や経口抗ウイルス薬・追加接種への言及、対象者全員検査を実施した場合の行動自粛要請の緩和、第三者認証制度を適用した認証店への酒類提供自粛要請を都道府県知事の判断で可能にすることなどが挙げられる。
15534007 story
ゲーム

「ぷよぷよ最大連鎖問題」「ぷよぷよ全消し問題」は『多少良い』程度のアルゴリズムを作ることすら絶望的 35

ストーリー by nagazou
なるほどわからん 部門より
ビデオゲーム「ぷよぷよ」をテーマにした「一般化ぷよぷよのより強い計算困難性」という研究が行われているそうだ。この研究ではぷよぷよを一人用のパズルと見立てた場合、どの程度難しいものであるのかを(最適化)アルゴリズム論的に分析するというものであるらしい(Ono Laboratory)。

元記事ではこの「ぷよぷよ」における計算困難性について解説したうえで、ぷよぷよの連鎖を最適化する問題を考えるという内容となっている。そのうち『問:フィールド上のぷよ配置、落下予定の組ぷよ列・答:それ以降に起きる連鎖数を最大にする各組ぷよの配置』を示す「連鎖数最大化問題」と『問:フィールド上のぷよ配置、落下予定の組ぷよ列・答:最後の組ぷよの配置後にフィールドにぷよが残らないような各組ぷよの配置』を示す「全消し問題」に対する多項式時間アルゴリズム設計について考察を行っている。

ちなみに最適解を見つけることは困難で、多項式時間アルゴリズムを与えるのは難しそうであるという結論になってしまった模様。
typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...