パスワードを忘れた? アカウント作成
28549 story
バイオテック

鶏の抗体研究によって根本的にアレルギーを抑える道が開かれるかも 33

ストーリー by nabeshin
進化の記録をたどる旅 部門より

schiavona 曰く

鶏の抗体を調べることで、アレルギーを抑えられる方法が見つかるかもしれない。King's College Londonの研究チームは、鶏の持つ抗体IgYが、人が持つ抗体IgEと似た構造を持ちながら、白血球とはあまり反応しないものだったと発表した(論文ScienceDailyの記事Biotechnology and Biological Sciences Research Councilのリリース)。

解説によると、人の抗体IgEとIgGは、カモノハシに遺伝子があったことから1億6000万年前には哺乳類にあったものと考えられているが、鶏にはこの2つの抗体がなく、IgYがその役割を担っている。人のIgEは白血球に強く結合し、免疫系の過剰反応を引き起こすアレルギーの要因とされているが、今回IgYの結合は強くないことがわかったので、次のステップとして、IgYとIgEをさらに詳細に調べていくことで、IgEと白血球が結びつかない方法を開発していくとしている。これができれば、それを原因とされる喘息などのアレルギーを根本的に抑えられるかもしれない。

適切な抗原抗体反応が行われるように制御できればいいのだろうが、20年ほど付き合ってきたアトピーがタバコを吸いだしてからほぼ治ってしまった私としては(ゆえにこの定常状態は変えられない)、ちゃんとした方法が出てくることに期待したいところ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 解説? (スコア:3, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2008年06月25日 13時15分 (#1370109)
    ヒトのIgGとIgEは構造上似ているんだけれども、何がいちばん違うかというと、IgGにはなくてIgEにはある構造というものがあるところ。
    この構造があることで、IgEはIgGよりも強く白血球と結合することができるのですが、この構造は件のIgYにも存在する。ところがIgYの白血球への結合の強さはIgEよりも低く、IgGと同じようなものだった。
    もしIgEと同じようにIgYが白血球と結合するならば、この構造の有り無しで結合の強さが変わるはずである、という仮定の下、この構造を削ったIgYとふつうのIgYの白血球への結合の強さを比較したところ、相違は無かった。
    つまり、IgEとIgYは構造上よく似ているが、IgEの結合の強さの元となっている構造は、IgYでは機能していない、ということになる。
    よって、IgYの構造を解析して利用できるようになれば、IgEの白血球への結合を弱くすることができるかもしれない。

    こんな感じのことが書いてる気がします。
    実験結果はシンプルでわかりやすいんですが、この結果から、アレルギーを抑える道が開かれるかも、っていうのは大口叩きすぎじゃないの? という感想。
    解析してどう利用するのよ? IgEを阻害する手法なら、抗IgE抗体とかFceレセプターのアンタゴニストとかの方がいいんじゃないのかな。
    私の近視眼的な感想を覆してほしいです。
    • Re:解説? (スコア:3, おもしろおかしい)

      by SteppingWind (2654) on 2008年06月25日 14時07分 (#1370167)

      実験結果はシンプルでわかりやすいんですが、この結果から、アレルギーを抑える道が開かれるかも、っていうのは大口叩きすぎじゃないの? という感想。
      解析してどう利用するのよ? IgEを阻害する手法なら、抗IgE抗体とかFceレセプターのアンタゴニストとかの方がいいんじゃないのかな。

      うまくいけばノーベル賞. うまくいかなければIgノーベル賞ってとこですか.

      親コメント
  • by wakatonoo2 (30019) on 2008年06月25日 12時38分 (#1370076) 日記
    小さいころ(2~4歳)に小児喘息+高熱でした。
    国道6号に近く排気ガスと、ねぎ畑、
    梨がいっぱいあった土地でした。

    5歳の頃、海に近い土地に引っ越したところ
    小児喘息がピタッと治りました。

    海風が効いたのか、国道から離れたからなのか
    単に年齢の問題だったのか、わかりませんでした。

    それ以降30年来、都内に通ったり、住んだりしていますが、
    アレルギー的なものは出ていません。
    排気ガスで鼻毛はとてもよく伸びますがw。

    環境要因も多分にあるでしょうから、抗体との因果関係なども
    解明してもらいたいですね。

    #個人的にはねぎ喘息を信じている
    • 長野県という花粉吹きまくりの木々が沢山ある土地柄の住人です。

      私も小学生くらいのときはアレルギー性の鼻炎で常時鼻が詰まって時々医者に通いました。あと目がかゆかったり。ただ、中学生の頃には症状がでなくなって、今では特に問題ありません。多分抵抗力がついたんでしょうね。

      4年ほど前にちょっと症状が出はじめたかな?と思ったんですが、たまたまその時新聞に載っていた鼻うがいをやるようにしてます。朝顔を洗う時と業務中、鼻がむずがゆくなったり詰まった時、あとは何か成果物が出た時とか、不具合があるんだけど、色々調べて原因が判らない時。(笑)いい気分転換になっていると思います。

      --
      vyama 「バグ取れワンワン」
      親コメント
  • 鶏なのに“かも”とは。
    --
    Your 金銭的 potential. Our passion - Micro$oft

    Tsukitomo(月友)
  • by Anonymous Coward on 2008年06月25日 11時48分 (#1370048)

    20年ほど付き合ってきたアトピーがタバコを吸いだしてからほぼ治ってしまった

    ホメオパシー [wikipedia.org]の一種ですか?
    // 「正直アトピー患者やら喘息患者が煙草を吸う」って意識を持てるところが信じられん。
    • by hishakuan (32621) on 2008年06月25日 12時30分 (#1370070) 日記
      いらいらすると痒くなったり逆にほっとしたとたん痒みが出てきたりするので、タバコで気をそらすのも人によってはありなんじゃないかな。
      私も実家に帰って禁煙状態になるととたんにアトピーが酷くなりましたが(2日前のこと)、この場合はタバコ関係なくて実家の犬に触れるからですね、たぶん。

      題名に「かも」って付いてますが、新聞の下段広告よりは信憑性あるのかな。私は一生付き合っていく病気だと思ってコントロールしてるけど、治るなら嬉しいなあ。
      親コメント
      • どこにつけようか迷いましたが、私の場合は、物心ついたときから全身リンデロン漬け。最悪だったのは大学にはいったころで、その後大学卒業するころにはなぜかほぼ治っていました。ただ、年始のころだけはなぜか発疹。何が原因なのか食べモノとか環境の変化をいろいろ考え試していったところ思い当たるものが該当せず、ある年、年末年始だけ1週間ほどタバコが吸わない状況をつくっていることに気が付き、その間も吸い続けた年はとくに問題なかったので、以降吸い続けて問題なしといった状況です。体温が高めなのが原因でそれが抑えられるだけでよくなっているのか、何かの物質が抑制しているのか、そっから先はわかりません。結果論として私の場合はタバコを吸っている限りは大丈夫ということだけなので、万人に効くものではないでしょうけど、一例ということで因果は謎です。タバコを吸う以外で何か確実なものがあるようならそのほうがいいですけど。
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        わたしも子供の頃から高校生の頃までアトピーが出てて、毎夏ひじの内側とかひざの裏側がかきすぎでただれていました。
        ので、アトピーの人の辛さが分かるから、一応わたしのとった方法というのを書いてみますね。
        (ただ、かなーりトンデモに見えるので、実践する時は慎重にしてみてください。)

        ・皮膚を掻き破ってしまうのは、皮膚が弱いせいだと考えた。
        ・冬場、皮膚炎がおさまっている時期をみはからって、ごわごわしたアカスリなどで、いつも掻き破ってしまう箇所をこすっていてた。
        ・ある本で、亀の子たわしがいい、と書いてあったのを見て、亀の子たわしを使用するようになった
    • by marute (13883) on 2008年06月25日 12時41分 (#1370079) 日記

      「正直アトピー患者やら喘息患者が煙草を吸う」って意識を持てるところが信じられん。
      依存症とはそういうものですよ。
      理性で簡単に制御できるなら、だれも禁煙に苦労しませんて。タバコへの依存が形成されてしまえば、アトピー患者・喘息患者とて同じこと。
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        依存が形成される過程を経ることが信じられない、という疑問でしょう。
        それとも喫煙を始める前から煙草に依存しているケースが有り得るんでしょうか?
        • by Anonymous Coward
          昨今若い人の喫煙が増えているどころか、最初に吸った時にいきなりうまいと感じる人が多くなっているそうですが、
          これは受動喫煙によってすでに軽い依存状態であるからだそうです。
          • by Anonymous Coward
            #もう完全にオフトピですが
            そうなんですか。
            喫煙可能な場所が狭められつつある昨今、その子らがどこでそんなに受動喫煙を経験しているのかちょっと知りたい気もしますね。
            • by mari-nyan (35774) on 2008年06月25日 16時13分 (#1370299) 日記

              喫煙可能な場所が狭められつつある昨今、その子らがどこでそんなに受動喫煙を経験しているのかちょっと知りたい気もしますね。

              親が家で吸ってればそんなの余裕でしょう。
              親が吸ってれば子も吸うことが多いだろうし。
              親コメント
              • by Anonymous Coward
                でも、それは「最近の傾向」の説明にはならない。
                核家族化した今より爺も同居してた昔のほうがむしろ機会が多かったはずだし。
              • by Anonymous Coward
                女性(母親等)の喫煙&子どもの外遊びの減少&高気密住宅
                を考えると、「最近の傾向」と言ってもいいかも。
            • by Anonymous Coward
              女性の喫煙率が上がったことで、
              両親が喫煙者であるために喫煙習慣に歯止めが掛からない家庭が出てきているのだと思われます。
              片方が非喫煙者であれば、ブレーキがかかって多少なりとも分煙が行われる可能性が高いですが、
              そうでなければ生活空間全てが喫煙場所と化すのは想像に難くありません。

              そうなると例えば片方が喫煙者の家庭が10減るよりも、両方が喫煙者である家庭が1増える方が悪影響が大きそうです。
    • Re:う~ん (スコア:1, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2008年06月25日 13時27分 (#1370115)
      アトピーの症状は従来、成長に伴って自然治癒するとされてきたわけですから(もちろん、そうならない方も多数)、
      マジレスするとそういう時期とタバコを吸い出した時期が偶然、重なっただけですよね(´・ω・`)

      # タレコミの人は禁煙すると必ず発症・悪化するんですかね?
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        全くその通り。アトピーの殆どが成人になると治るアレルギー性疾患であり
        たとえば、[電車通勤するようになってから]、[自動車を運転するようになってから]
        、[アルコールを嗜む~]等の交絡因子が沢山あります。

        そこに目を付けたのが、アトピービジネスで、成人すれば殆どが治るんだから
        害の無さそうな適当な薬なり、治療法なりを高価な値段で我が子可愛いお母さんに売りつける訳ですね。

        真にタバコがアトピーに利くかを検討するためには、タバコを吸わないアトピー患者を1000人ほど集めてきて、ランダムに割り振った後に、タバコを吸う群、吸わない群に分け、統計学的な検討が必要です。

        以上のような比較試験もなしに語るのは、胡散臭いTVでやってるオーラや
        5人がダイエット食品を食べたら痩せた(その5人は影で運動も併用してるかも知れないのに!)といった、エセ科学となんら替わりありません。

        ジョークにしても質が悪いと言えますね。

        #成人しても治らないアトピー性皮膚炎の方はいてとても大変
    • 該当の例が当てはまるかどうかは別にして、
      別の物に気を取られて元の反応を忘れてしまうという状態は非常に様々な状況で存在します。
      ホメオバシーとは同種の症状を起こす物を使いますが、
      同じリソースを使う物を別のリソースに振れば…という事も、ありうると考えられるでしょう。

      #炎上の誘導スレか?(^^;
      --
      =-=-= The Inelegance(無粋な人) =-=-=
      親コメント
    • 寄生虫が特効薬だったりする。
      なので、あながち誤った方法ではないと思われ。
      • by Anonymous Coward on 2008年06月25日 12時49分 (#1370086)
        衛生仮説は確立した説ではない(確定的な証拠がない、まあ支持している人が
        そんなに多いわけではないってのもありますが)上に、反論も多い(Lancet
        367 (2006) 1598、Am J Resp Crit Care 174 (2006) 514とか。後者は
        ごく一部の種類の寄生虫は喘息のリスク低下をもたらすものの、他の種では
        大幅な増加や微増などもあり、全体では寄生虫は喘息のリスクの微増を引き
        起こすとしています)ので、確定事項のように言うのはまずいんじゃないかと。
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        免疫機能を殺せばアレルギーは撲滅できますよね。
        ついでに本人も撲滅されますが。
    • by Anonymous Coward
      信じるものはすく(救/掬)われるスレッドはここですか?
    • by Anonymous Coward
      >// 「正直アトピー患者やら喘息患者が煙草を吸う」って意識を持てるところが信じられん。

      投稿子のアトピーの一事例の話をしてるだけなのに「喘息患者」まで話を広げてるのが意図的な悪意に見える。
      #そりゃ喘息患者ならタバコを吸うという意識を持つのは信じられんが、喘息とアトピーを同列に信じられんと言ってることが信じられんw
      • by Anonymous Coward
        タバコの煙がアトピー患者の皮膚に刺激になって炎症を助長しがちなんだが。基本的に刺激として受け取らなくても良い程度のものに反応してしまうのがアトピーであって、有害性や刺激性が指摘されている物質を皮膚にわざわざ与えるような行為=タバコが推奨されないことは当然だと思うんだが。タバコの煙は呼吸器に入るだけじゃないでしょ?

        #もっとも、わざわざ喘息の話出したのは意図的な誤誘導とは俺も思う。
    • by Anonymous Coward
      > // 「正直アトピー患者やら喘息患者が煙草を吸う」って意識を持てるところが信じられん。

      気管支喘息ならともかく、アトピーならそこまで不思議でもないのではないかと。呼吸困難に苦しむ病気ではないですし。
      かく言う自分はアレルギー性気管支喘息持ちなので、たばこはこの世から消えてなくなって欲しいと願っていますが。

      アレルギー反応とは免疫機構の暴発であるととらえるならば、アレルギー反応による苦痛よりは
      害の小さい (と本人には思えるような) 外敵を別途用意して免疫機構に仕事を与えてやることで
      症状が改善することもなくはないのかもしれませんね。
      ホメオパシーと呼ばれるもので状況が改善したケースというのも、案外そういうものだったりして
      実際には同毒ではなく異毒で構わないのかもしれないなあと想像してみたり。
    • by Anonymous Coward
      私はタバコをやめてから、スギ花粉症とイネ花粉症にかかりました。
      (だからといってまた吸おうとは思いませんが)

      因果関係はわかりませんが、鈍感だった体が正常に戻って
      過敏になったのかなぁ?とか適当に考えてます。

      1年の4分の3が花粉症で薬漬けなので、この研究は期待大です。
  • by Anonymous Coward on 2008年06月26日 7時38分 (#1370793)
    細菌はいじめられるからどんどんいろいろな化学物質に強くなっていくけど、人間様は甘やかされるから逆にどんどんいろいろな化学物質に弱くなっていきますよね。
    # 昔アレルギーがそれほど問題にならなかったのは単に死んでいたということだと思う
    この研究が仮に成果を上げても、そのうち「逆耐性人間」が出現するんじゃないでしょうか。
typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...