パスワードを忘れた? アカウント作成
29731 story

マイクロ波を利用し、脳内に音を発生させる装置 55

ストーリー by hylom
毒電波?白電波? 部門より

capra 曰く、

Sierra Nevada Corporation社がマイクロ波を利用し脳内で音を発生させる装置の製造を開始したとのことです(newscientist.com本家記事)。

この装置はMEDUSAと呼ばれ、マイクロ波のパルスを発することで脳内の組織を加熱し、頭の中である種の衝撃波を引き起こし、音として認識されるものです。MEDUSAによる音は人に不快感を引き起こすだけでなく、行動不能にまで追い込むことも可能で、群衆整理などの軍事用途を目的としています。出力が強すぎると脳に障害を与える可能性があるとのことですが、実際に音波として発しているのではないため、通常のオーディオに関わる安全基準は適用されないとのこと。

この技術は害鳥対策など軍用以外の用途へ応用できる可能性があり、聴覚障害者への聴力補助の実験なども行われたこともあるとのことです。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...