パスワードを忘れた? アカウント作成
86264 story

400万年以上前のヒト族の祖先は木登りが苦手だった! 44

ストーリー by hylom
私も苦手です 部門より

masakun 曰く

gigazineに「人類の祖先は木登りが下手、意外とサルっぽくなかったことが明らかに」という記事がありました。「ヒトはサルから進化した」という一般論は誤解であり、「サルとヒトは共通の先祖である」というのが進化論の正しい考え方ですが、この共通の祖先からヒトとサルの分化が起きたのは約400~800万年前だと言われています。

今回ミシガン大学の人類学者Jeremy DeSilva博士は樹上生活をするチンパンジーの足首を観察した後、412~153万年前のヒト属絶滅種の化石を研究したところ、サルから分化して進化したヒト属の足首の構造は現代のサルに似ているのではなく現代人にかなり近いことを発見しました。つまりヒト属の誕生初期に足首の構造が二足歩行できるように最適化され、樹上生活に向かなくなったことを示しているそうで。ヒトと共通の祖先をもつ原人はサルッぽい特徴を備えていたという見解に波紋を投げかけそうです。

さて「頭部以外の確かな化石は全く発見されていないにも関わらず・・・大きな脳と二足歩行を除いて、サルに近かったと考え」られているホモ・ルドルフエンシスというヒト属の絶滅種も、もしかしたらヒト並の生活をしていたのかもしれません。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • もしかしたら (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2009年04月21日 16時48分 (#1552853)

    人類はハンディを負ったサルが頑張った姿なのかもね
    木登りに不自由なかったら、ずっとそのまま暮らしていたかも

  • 情けない… (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2009年04月21日 16時06分 (#1552818)

    ブタですらおだてれば木登りをするというのに…。

    #トシがばれるのでAC

    • by Anonymous Coward

      >#トシがばれるのでAC
      大丈夫ですよ。
      リメイク版 [ytv.co.jp]の放送もやってますし、実写版 [yatterman-movie.com]もついこのあいだ放映されましたから。

    • by Anonymous Coward
      いやその筋で行くならタイトルは「オロカ……ブ」でしょう
      #テケテケテッケン!
  • やはり、人類が近代科学へ飛躍するためには、木から落ちることが必要だったのですね。

    • by Anonymous Coward

      >木から落ちる

      でもそれだとサルスベリの木さえあれば猿はみんな科学者ですぜ??

      #必要条件と十分条件はあえて取り違えるのが礼儀なのでAC

  • やっぱり果物ではなかったということになるのでしょうか。

    最初のころの人類は「骨」が主食だったのではないかという説も
    あるようです。興味深い話だと思います。

    親指はなぜ太いのか―直立二足歩行の起原に迫る
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121017099/daike-22/ [amazon.co.jp]

  • by ilonasive (6257) on 2009年04月22日 7時56分 (#1553249)
    テクノバンドDevoが言ってたDevolutionary Oathの一節を思い出した。

    the fittest shall survive, yet the unfit may live.
    (最も適応した者が生き残るだろう。けれど、不適応者だってなんとか生きてゆくだろう)

  • by Anonymous Coward on 2009年04月21日 16時15分 (#1552825)

    > 「サルとヒトは共通の先祖である」というのが進化論の正しい考え方ですが

    じゃなくて

    「サルとヒトは(比較的サルに近い形の)共通の先祖をもつ」というのが進化論の考え方の代表例ですが

    と言うべきではなかろうかと思いました。
    「共通祖先は現在のサルにかなり近かったに違いない」と言うところが覆されたのがおもしろいニュースなんですよね?

    # それだけなのでAC

    • by Anonymous Coward on 2009年04月21日 19時18分 (#1552956)
      今回の対象は「共通祖先」じゃないでしょう。
      人間ルートとチンパンジールートに分かれた後の人間ルートの絶滅種の一つみたいですよ。
      人間とチンパンジーのそれぞれの祖先が別れた直後に、既に人間の祖先は樹上にはいなかったのかも事です。

      足首の稼動域で樹上の適正が低いのはわかったらしいけど、
      反対側(伸ばす方)の稼動域はどうだったんでしょうね?
      曲げる事はできないけど伸ばす事は柔軟にできたとしたら「アクア説」ももう少しアリになるかも?
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      > 「サルとヒトは共通の先祖である」

      ...未来人の、ですか?

    • by Anonymous Coward
      チンパンジーというサルになったものがいて、ホモサピエンスというサルになったものもいる。
      サルからホモサピエンスになったのではなく、ホモサピエンスはサル。
      らしいよ。
      タレコミ文はちょっと誤解を生みそう。
      • by Anonymous Coward on 2009年04月21日 18時08分 (#1552909)

        同意します。

        ヒトは、サル目・ヒト科・ヒト属なんですよね。
        チンパンジーは、サル目・ヒト科・チンパンジー属。
        ニホンザルは、サル目・オナガザル科・マカカ属(マカク属とも)。
        ニホンザルよりもチンパンジーのほうがヒトに近いのがポイントですね。

        「人間はサルとは違う」と言うならば、チンパンジーもヒトとして扱ったほうがいいのかもしれません。
        逆に、チンパンジーをサルと呼ぶのなら、人間のこともサルと呼ぶべきかもしれません。

        実際、その筋では「ニホンザルを数えるときは『1匹、2匹』だが、チンパンジーは『一人』『二人』と数えるべきだ」と主張する人もいたりするんですよね。

        親コメント
        • >ヒトは、サル目・ヒト科・ヒト属なんですよね。

          ぐーたらな亭主はナマケモノ関係の末裔かもしれません。
          働き者の日本人は、ハタラキバチの末裔かもしれません。
          親コメント
          • 日本人が働き者になったのは明治以降と言う説 [infoseek.co.jp]が有ります。

            親コメント
            • >日本人が働き者になったのは明治以降と言う説が有ります。

              いい所に気づいたね。
              360年に至る徳川治世の安定性から、結構安穏な雰囲気になっているってのはあるんだな。
              それでも江戸でさえ7割以上はもきゅもきゅと働いていたし、
              江戸に限定している資料なわけで、日本人全般だともうちょっと働いていた人の比率は高い。
              とはいっても「なんでもやるお」な閑なんで仕事くれってのは、結構昔からあったんだよね。
              そういうのを食客として雇っていたというか扶養していたってのはあるね。
              親コメント
              • 江戸時代はどうなんでしょうね。
                今よりもぶらぶらしているひとは多かったかもしれない。

                日本人の労働観の変遷は結構あったかもしれないです。
                別の資料で大正とか昭和初期は転職が多かった読んだ記憶が有ります。(資料名は失念)

                日本人が異様に忙しいのはここ10年かも。
                昭和30年〜40年代の日本社会はいまよりもっとのんびりしていたと聞きます。
                自殺者は年間3万人もいなかった。

                しかし、それほど資料を読んでないので、はっきりしたことは言えないです。

                経済成長しても給料が上がらないのなら、現代の労働はただの労苦かも。

                …と、とりとめも無く書いてみる。

                親コメント
              • >今よりもぶらぶらしているひとは多かったかもしれない。

                江戸だと結構いたみたいですね。
                歌舞伎者とかいって蔑まれていたり、
                大店の次男以下とか、小遣いあるけど、定職なしとかね。

                >昭和30年〜40年代の日本社会はいまよりもっとのんびりしていたと聞きます。

                どうなのかな?
                いわゆるサラリーマン増大の時代だよね>昭和30年〜40年代
                確かに「サラリーマンは気楽な家業ときたもんだ」(by植木等)みたいなフシもあるけど、激務ってのもあったみたいだ。

                >自殺者は年間3万人もいなかった。

                自殺する人って、「仕事やら生活やらが上手く行かなくて」ってことだろ?
                自殺する閑がないほど忙しくて、でも、それなりに成果があがっている(生活向上とかね)と、
                そんなに自殺しないと思うんだな。
                やればやっただけ貰える...というのが上手く回っていたかどうかではないかと思う。
                で、やればやっただけ貰えるが実現していると、結構日本人って勤勉にしてガリガリ働くんだよね。

                >経済成長しても給料が上がらないのなら、現代の労働はただの労苦かも。

                日本の経済って、輸出頼みだとか言うけど、内需が半分以上なんだよね。
                でも、その半分の内需以外の輸出の多寡で内需への影響が出るというのはあるけどね。
                で、売れないなら仕方ないけど、なんで売れるはずの国内向けも?ってことで、単なる苦痛になっているって面がありそうだな。
                親コメント
              • 要はね、勤勉だと思い込まされてるのではないかと、わたしゃ言いたいのですよ。

                親コメント
              • >要はね、勤勉だと思い込まされてるのではないかと、わたしゃ言いたいのですよ。

                勤勉な人も結構いたということなんですね。
                根付けの細工なんて、半端な勤勉さでは達成できないとかね。
                あんな遊び、趣味の世界にあんなに精密精緻な加工を人間の手でやろうとかね。
                箸細工なんかも驚嘆の世界なんですね。
                で、一部の狭い宗教範囲とかじゃなくて、江戸や大阪では普通にあったということ。

                遊びや趣味に勤勉とかいうと、「それ違うだろ?」ってなことを言うお方もいるでしょうね。
                親コメント
              • 食い違いはね。Gedachtnisさんは勤勉な人「も」いる。わたしは一般の日本のひとたちはそんなに勤勉じゃなかったんじゃないのというところ。
                別々のことを言ってる過ぎないかもしれない。

                それとは別にこれだけ生産効率があがってるんだから、もう少し怠けても良いんじゃないの、という思いもあるんですよ、わたしゃ。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                別ACですが、まともに敬語・丁寧語すら使えずに上から目線的な口調で持論を展開していること自体が食い違いを招いている遠因のひとつかもしれません。

                ただ、意見には同感できる部分もあります。
                「一般的な日本人は勤勉じゃなかった」どころか、今も怠け者は多いですからね。

                面倒な仕事をすべて先輩に押しつけてサボっているような若者社員を見ると、「もう少し怠けても良いんじゃないの」とは到底言えませんが。

              • ご指摘の通りです。
                驕ってました。

                親コメント
        • by Anonymous Coward

          >チンパンジーは『一人』『二人』と数えるべきだ

          ヒトを『1匹、2匹』と数えるよりも違和感が強いのはなぜだろう……

        • by Anonymous Coward

          チンパンジーはサルであることでタレントとして売れてる面があると思うのでヒトということにするとかえって彼らのためにならないかも。
          外国人タレントが普段は流暢な日本語なのにテレビではわざと訛りを使って喋るみたいなもんで。

          • なるほど。
            つまり『とある某国の前大統領』も視聴率・・・もとい支持率のために
            アレを演じていたと考えると・・・・・・

            と、じょーじは推論します。。。。
            # じょーじが10032人もいたらイヤ杉
            --
            ♪潔くカッコよく生きてゆこう
            親コメント
          • by Anonymous Coward
            真正のヒトでも、発達障害者が天然ボケということでお笑いタレントになれることもある。
            チンパンでも、平均的なヒトからみて笑いのネタになるならタレントになれる。

            その後、絵の才能が開花して、画伯になれるかもしれない。

            すでに画家として素晴らしいと(父親から)言われている、どこかの都知事の息子レベルの
            絵画をチンパンで描ける才能を持つのがいるよね。
            • by Anonymous Coward

              都知事の息子レベルどころか、大統領や首相にまでなったチンパンジーがいるじゃないですか。

    • by Anonymous Coward
      タレコミ人が未来人でサルとヒトのハーフかもしれないじゃないか。

      ・・・はともかく、
      > 「共通祖先は現在のサルにかなり近かったに違いない」と言うところが覆されたのがおもしろいニュースなんですよね?
      そうだと思う。けどヒト属の共通祖先がサルに近いって認識はなかったんだけど。研究者の間ではそうだったのかなー。
      適当な言い方をすれば絶滅した種を含め多数のヒト属はみな人間と似たような歩き方をしてただろうってこと?
      (この辺「遺伝的に近い」と「行動的に近い」を区別して考えないと混乱しそうですねー)
      • >> 「共通祖先は現在のサルにかなり近かったに違いない」と言うところが覆されたのがおもしろいニュースなんですよね?
        >そうだと思う。けどヒト属の共通祖先がサルに近いって認識はなかったんだけど。研究者の間ではそうだったのかなー。

        そんなことはないですよ.
        まあ専門でなければ特に考えもなくサルからヒトに進化していくという模式図(年代とか体の大きさとか系統関係とか
        メチャクチャなんですが)の記憶だけでそんな気がしている研究者も多いとは思いますが.

        故S.J.グールドも断続平衡説だったかで,「ヒトとチンパンジーの共通祖先がチンパンジーにより似ていたという証拠はない」と
        述べていたと思います.
        ただどちらに近かったかは分からない訳で,足首の形状ではヒトにより近かったのでは?という具体的な議論ができるというのは
        科学的に面白いと思います.

        --
        kaho
        親コメント
      • >タレコミ人が未来人でサルとヒトのハーフかもしれないじゃないか。

        これで編集人がオリバーだったらオチが付いたのにもったいない!

        親コメント
  • 進化論は嘘っぱちで、神が自らに似せて創造したのが人間なんだよ。

  • 先週の日曜にやってたNHKスペシャル「ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生きる」 [nhk.or.jp](ナレーションが恐ろしく深刻な声だったので、観ると気分が沈みます)では、狩猟採集民族である彼らの狩りの様子がかなり詳細に取材されていましたが、おそらく10才前後の少年が、枝葉のないまっすぐに伸びた幹を驚くべき速さでするすると登っていくシーンがありました。
    そのときの獲物はサルだったのですが、サルは樹幹近くの枝を渡り、樹から樹へと巧みに移動して、結局彼はあきらめて樹を降りてきました(やはり驚くべき速さで)。
    そのシーンを観て、「木登り」と「樹上生活」は違うものなんだなー、と思った次第です。

    • by Anonymous Coward

      ナレーションだけでなく、中身も気分が沈むないようだったな。
      ぼかしてたけど。

  • 「ヒトの祖先は木登りが苦手だった」のではなく、ヒトとサルの共通祖先のなかで、何らかの理由で樹上生活に適しなかった一群がヒトになってしまったのではないだろうか。

    たとえば、みんなが果実とか葉っぱとか喰ってたのに、ゲテモノ喰いで鳥の卵を喰ってた奴は、当然デブるんじゃないかと思うわけで。
    • by Anonymous Coward
      当時アフリカ大陸は急速に乾燥と砂漠化が進んで森林が後退縮小してたんで
      やむなく平地に進出した、って説が有力でなかったでしたっけね。
  • by Anonymous Coward on 2009年04月21日 18時15分 (#1552913)
    高所恐怖症はその名残だったのですね……
  • by Anonymous Coward on 2009年04月21日 22時36分 (#1553090)

    DNA分析から推測される、人類とチンパンジーが共通祖先から分化した年代はおよそ700万年前。
    この化石の頃までに完全に二足歩行に特化した構造に変化していても不思議はないですね。

    チンパンジーと人類の共通祖先の化石ってまだ見つかってないんだよなぁ…
    それより昔の恐竜の骨とかバンバン見つかってるのに。
    個体数が少なかったからかな?

    • by Anonymous Coward

      兄「どうだ、俺は木登りが上手いんだぞ」
      弟「いいよだ、僕、二足歩行ができるもん」

      ...かくして、サルとヒトとの分化は始まったのであった。

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...