パスワードを忘れた? アカウント作成
115907 story
宇宙

7月22日に日食発生、奄美大島等で皆既日食の観察も可能に 45

ストーリー by reo
(NO DATA) 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

来る 7 月 22 日 (水)、日食が発生する (国立天文台による 2009 年 7 月 22 日皆既日食の情報より) 。日本全国で部分日食が観察できるほか、奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部では皆既日食も観察できるとのこと。

国立天文台のページによれば、

日本の陸地に限ると、皆既日食が観察できるのは 1963 年 7 月 21 日の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に 46 年ぶりです。次回も 2035 年 9 月 2 日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで 26 年間起こりません。

とのことで、日本では 10 時 50 分 ~ 11 時 15 分ごろに最大の食を観察できる。食分 (太陽の直径に対する食の割合) は札幌で 0.506、東京で 0.749、京都で 0.809、那波で 0.917と、かなりの欠けを観察できるとのこと。

なお、日食の観察はやり方を間違えると目を痛めたり、失明する可能性もある。国立天文台では日食を観察する方法として安全な観察方法が解説されている。日食グラス等もさまざまなところで販売されているので、十分留意して日食観察を楽しんでほしい。

肉眼や双眼鏡は論外として、すすガラスやサングラス、下敷きや CD もアウトなので要注意。詳しくはasahi.com の記事および世界天文年 2009 による日食観察ガイドを参考のこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...