パスワードを忘れた? アカウント作成
357900 story

特定の特徴を持つ親からは、自閉症の子供が生まれる可能性が高い? 56

ストーリー by hylom
ただしまだ決定的な証拠はナシ 部門より

capra 曰く、

本家/.で自閉症スペクトラム障害、特にアスペルガー症候群の発生率の上昇に「人間のパートナー選びおよび結婚の仕方が関わっている」との説が取り上げられている。

TIMEの元記事によると、神経科学者のSimon Baron-Cohenは「特定の『自閉症的』特徴を持つ人々同士が出会い結婚すると、自閉症の領域に当てはまる傾向の強い子供が生まれる確率が高まる」との説を唱えているとのこと。

「システム化の傾向(システムとその仕組みに焦点を合わせる傾向)及び共感力やて他人の心を汲み取る力、また他人と関係を築く力の顕著な欠如などの傾向が組合わさった人々同士が互いを伴侶として選ぶと、特に自閉症の子供が生まれる可能性が高いのではないか」と同氏は90年代あたりから考えるようになったという。これらの傾向は自閉症患者に見られるもので、またその傾向は強くないが患者の血縁者にもみられる傾向であるという。氏はさらにこのような脳のタイプは数学や科学、技術スキルの非常に高い人々の層によく見られると考えているとのこと。

この説はまだ推測の域を出ない部分が殆どであるそうだが、マサチューセッツ工科大学の卒業生の子供に著しく多く生まれているという話もあるとのこと。また最近オランダで行われた研究によるとオランダのシリコンバレーと言われるアイントホーフェンに住む子供は、似たような、しかしより技術系ではない地域に住む子供たちよりも自閉症と診断される子供の数が2~4倍であったという。

ただしBaron-Cohen氏自身も彼の研究結果はまだ初期段階にあり、何らかの結論に飛びつくことの無いようにと警鐘を鳴らしているとのことだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • ストーリーの最初の一文「特にアスベルガー症候群の『発生率の上昇』に」という部分が元の記事の主題です.
    他の方もおっしゃっているように,原因遺伝子こそ特定されていないものの自閉症は遺伝する傾向にあり,
    これはほぼ議論の余地はないと思いますが,この記事は近年発生率が上昇しているのはなぜか,という分析です.

    より単純な説明としてはかつては自閉症と判定される数が少なかった(親が医療機関で診断しない,医師の認識が
    現代とは違う),出産年齢の高齢化,といったものが考えられますが,ここでは女性の社会進出,特に理科学分野
    への進出が関係しているのではないかという仮説を紹介しています.
    自閉症患者同士が惹かれあう傾向にあって,自閉症患者が多く集まるコミュニティーがあり,かつてよりもその
    コミュニティーの男女比に偏りが少なくなったとしたら,遺伝的な原因による自閉症の子供が産まれる数が多く
    なっているかも,という,分からないではないけれど,風が吹けば桶屋が儲かる式の推論なので,慎重な物言い
    になっているのだと思います.

    --
    kaho
  • 対策済み (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2011年08月29日 12時43分 (#2010887)
    子供を作らなければどうという事はない
    • by Anonymous Coward
      作”ら”なければじゃないでしょ。
      #子供を作らなければよい←結婚しなければよい←彼女を作らなければよい←女性と出会(略
      • by Anonymous Coward
        それが既に実現されている島国が極東にありますね。
        科学技術系の仕事なんかに就こうものなら、ブラック環境で心身を壊すかワープア生活で、異性との出会いもなく結婚もできず、当然子供なんて作ないまま朽ち果てて、ナマポかムレスという究極の選択が待っています。(キリッ)
  • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 12時52分 (#2010899)

    それが、どのような要因で発生しているかが重要。
    遺伝学的要因
    特定形質のホモ化
    社会的要因
    コミュニティーによる排除力や特定資質を持つ人々自身の好みにより、特定資質の人同士が交際することが多くなる結果、その間に生まれる子の教育環境や生活環境が自閉的になる
    その他
    その他の要因

    • by miyuri (33181) on 2011年08月29日 14時34分 (#2011029) 日記

      自閉症は全て先天的。
      故に社会的要因は無い。

      親コメント
      • by the.ACount (31144) on 2011年08月29日 18時52分 (#2011238)

        日経サイエンスで「自閉症は治る」という記事を読んだ。
        治る以上は社会的要因があるじゃないか。
        それに、先天的は必ずしも遺伝的ではなく、胎児段階の感染, 外傷もある。

        --
        the.ACount
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ウィルス性の自閉症か。

        • by Anonymous Coward

          日経サイエンスで「自閉症は治る」という記事を読んだ。
          治る以上は社会的要因があるじゃないか。
          それに、先天的は必ずしも遺伝的ではなく、胎児段階の感染, 外傷もある。

          落ち着け。先天的だとは書いてても遺伝云々は書いてなかろう。
          胎児段階の事故は、社会的な要因じゃない。

          生まれながらに心臓に欠陥がある人間も手術で治るが、「治る以上は社会的要因がある」とは言えなかろう。
          先天的な弱点を努力でカバーすることを指して「育て方を間違えたから弱点が発現した」とは言えない。(頑張って育てたから自閉症にならなかった、なら可)

          現代社会には向かない特質を生まれながらに持っているが矯正可能というのと、社会的な要因(育て方や環境)で現代社会には向かない特質を獲得してしまったというのは、明確に異なる。

        • by Anonymous Coward

          日経サイエンスの2011/1号には自閉症“治療”の危うさ [nikkei-science.com]とあるよ?

          今のところ、怪しい薬物治療風な何かとかはあるけど、少なくとも医学的に有効と評価されている治療法はない。

          あとは、日常起こりうる全ての事象に対して、正しい反応を教えることで、
          社会性を向上させるアプローチなんかもあるけど、生半可な根性で出来る内容ではない。
          (アスペルガーみたいな高機能タイプだと、そこまでやらなくても効果があったりするので全く無意味ではないし、
          自閉症でもある程度の社会性を身につけた例もある。)

    • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 14時23分 (#2011015)

      >教育環境や生活環境が自閉的になる
      あなたには自閉症を論じる資格がありません。「興味深い」モデをした人も同じく。
      #ベッテルハイムには人の脳にこびりつく何かがあるのだと思う。「俗耳に入りやすい」って奴か。

      親コメント
      • Re:そうなる要因は? (スコア:3, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2011年08月29日 14時34分 (#2011027)

        そんな刺のある言い方で突き放さなくても、
        自閉症は先天性の障害ですって指摘してあげればよいのに。

        親コメント
      • by greentea (17971) on 2011年08月29日 15時04分 (#2011058) 日記

        むしろ、あなたに、何かを論じる資格があるのかの方が怪しいね。

        考えられる要因を挙げて、どれであるかが重要だと主張するのは極めて普通のことだし、
        それに対して「論じる資格がない」と切り捨ててもフレームにしかならんよ。

        # 多分、元ACはベッテルハイムって言われても何か分からんと思うぞ。俺もWikipediaひくまで分からんかった。

        もし、あなたが、それは間違っているということを知っているのなら、
        (可能なら、間違っていることが客観的に分かる資料をつけて)間違っているということを説明すればいい。

        Wikipediaによると「現在ではごく一部の学者以外は、自閉症は先天性の障害であり、育て方が原因ではないとしている」らしいね。出典がなく、かといって[要出典]もついてないけど。

        --
        1を聞いて0を知れ!
        親コメント
        • Re:そうなる要因は? (スコア:1, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward on 2011年08月29日 16時06分 (#2011116)

          現在の常識的な説すら知らずに論じようとしても、一喝されて終わりとなっても仕方がない気もしますがね。多少はググってから書き込めとは思う。
          特に自閉症は、昔は親の躾など周りの環境のせいにされ社会の酷い偏見と戦ってきた歴史があるから、センシティブになる人も多いでしょうし。

          親コメント
          • by greentea (17971) on 2011年08月29日 20時28分 (#2011283) 日記

            > 現在の常識的な説すら知らずに論じようとしても、一喝されて終わりとなっても仕方がない気もしますがね。

            そうなっても仕方ないけど、だからってわざわざ議論を不毛にしようと試みる必要はないよね。

            君みたいに、どんなネタに対しても、コメントする前にググって下調べして、現在の常識的な説は当然心得た上で、何かを書き込んでくれる人は素晴らしいし。そしてもしも、よりストーリーにそった専門的な意見を書いてくれていたらより素晴らしかった。
            けれど、そんな人ばかりじゃないのは他のストーリー見てても明らかだ。それでも、議論は成り立つし、参加者や閲覧者により興味深い見解を提供することができるし、より正しく理解させることもできる。

            ……じゃないと、何のためのコメント機能だよ。

            --
            1を聞いて0を知れ!
            親コメント
            • Re:そうなる要因は? (スコア:1, すばらしい洞察)

              by Anonymous Coward on 2011年08月29日 22時08分 (#2011343)
              自閉症とかアスペルガー障害とか自閉症スペクトラム障害とかいうある程度はっきりした
              他人(あなたにとっては他人かもしれないが、私にとっては自分の子供のことだ)の障害について話をするときに、そらー、ある程度センシティブになってくれよと私なんか
              も思うのですが。
              親コメント
              • Re:そうなる要因は? (スコア:2, すばらしい洞察)

                by greentea (17971) on 2011年08月29日 23時47分 (#2011409) 日記

                かといって、そのセンシティブじゃない発言に対して「あなたは論じる資格がない」なんて言っちゃったら、言われた側は、自閉症のことを正しく認識しなおしてこれからは気をつけようと思いますか? そのコメントを見た人は?

                元コメントが、悪意や偏見に満ちたコメントならともかく、不注意によるものなんだったら、センシティブなことだから今度からは気をつけてほしいと書けば済むでしょう。

                決して、議論のために差別や偏見を許容しろとか、議論と称してこの手の問題を軽々しく扱うことが正当だと言いたいわけではありません。
                けれど、気づかずにタブーを犯してしまった人に罵声を浴びせても、誰にとってもプラスにならないのです。

                --
                1を聞いて0を知れ!
                親コメント
    • by Anonymous Coward

      で?何が言いたいの?
      中でも,明らかに間違っているところについて。

      > その間に生まれる子の教育環境や生活環境が自閉的になる
      というところ。

      「自閉的になる」って,なんですか?

      #2010899 が「(スコア:1, 興味深い)」になっている理由も
      あわせて教えて欲しい。いい加減なコメント書いて評価されるって,
      どういう理由?

      • by flutist (16098) on 2011年08月29日 15時34分 (#2011088)

        たまたま、いい加減なやつが評価しただけじゃない?

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        患者やその家族、「そんな事言っちゃいけないんだー」と言って回る人よる冷静ではない必死さが、国民の理解意欲を削ぐ、ということに気が回らないの?

        原発だって、電力会社が人を動員したり客観的なデータを国民に提供することを避け「安全です」しか言わなくなったり、客観的なデータに基づいて議論したい国民が意欲を削がれてきたのは、冷静ではない必死な人々の存在も大きい。

        宗教が信者の勧誘に必死になればなるほど、国民からそっぽを向かれるのもまた然り。

    • by Anonymous Coward

      >生活環境が自閉的
      自閉症って言葉面で誤解してるかもしれませんが、社交的な自閉症患者もいます。
      先天性云々の指摘もあるけど、それ以前の段階で誤解してませんか?

      • by Anonymous Coward

        元ACのコメントには社交的とも内向きとも書いていないが、なぜ元ACが「自閉症は内向きだ」と考えてると思った?

        なんか、自閉症だと言われてる人のガス抜きスレッドになってる?

    • by Anonymous Coward
      1.晩婚化
       特に父親の高齢と自閉症の発生率の関係は昔から注目されている。
       自閉症的特徴を持つ人同士の婚期が遅れがちなら、結果的に自閉症児との相関が出るかもしれない。

      2.研究する人生
       妊婦や新生児のビタミンD不足が、自閉症と関係しているかもという調査もある。
       ビタミンDは日光(紫外線)を浴びることによって産生される。
       技術・研究職など日ごろ室内にこもりがちな生活をしている夫婦は自閉症リスクを高めているかもしれない。
  • by kasrapa (35967) on 2011年08月29日 12時55分 (#2010907)
    好感もてますね。90年代から少なくとも十数年間注視を続けてきた上での言葉と知るとひときわ。こうでなくちゃ。
  • これは奇遇だね! (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Sam.Mem (42350) on 2011年08月29日 14時18分 (#2011011)
    ボクも神経科学者には推測で語る奴が多い、って言う研究を始めたばかりだよ。

    もっとも、まだ初期段階だから(ry
  • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 14時26分 (#2011019)
    ヲタク父+ヲタク母


    子供「なんか世間の親と違う……」



    ぐれる



    ヤンキー化



    でも実はヲタク
    • >ヤンキー化

      で、親の蔵書などの資料を見ていて、
      意外と異性の相手には優しかったりしてね。

      ヤンデレというのですか?

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      もうすぐ夏休みも終わりだなったな…。
      気を強く持てよ。
      戦わなくっちゃ、現実と。

    • by Anonymous Coward

      「宇宙キター」

      こうか?

    • こっちのが多いんでないか?
      • by Anonymous Coward on 2011年08月30日 9時34分 (#2011522)
        DQNという用語は最近のものですが、下層階級同士がくっついて、その子も一生下層階級というのは、
        昔から普通に見られた風景ですね。一時、日本では総中流を自称したりで、珍しく感じるのかも知れませんが。
        「貧乏人の子沢山」に関しては、統計的に検証しようというレベルではなく、主として発展途上国向けですが、
        貧困からの脱出や、人口爆発の対策として、色々研究されているはずです。
        また、DQNでなく、米国の下流黒人層での調査ですが、子供の名前の付け方みたいな、嗜好?が、その層の中で
        同調させられるという面白い研究もあったと思います。
        ソースが主に書籍等のため、リンクを貼れませんがご容赦下さい。
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 12時54分 (#2010905)
    蛙の子は蛙
    • by Anonymous Coward

      その割には経験談の投稿がないぞ。
      ↓さぁ、親になった/.民よ、ここにぶら下げるのだ。

      #僕は魔法使いなので、謹んで辞退させていただきます。

      • Re:経験則 (スコア:1, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2011年08月29日 14時42分 (#2011037)
        うちの小学生の次男が自閉症スペクトラムっぽいのですが、夫婦でその日の息子のことを話したとき、最後のまとめは、 「まあ、この父ちゃんの子供だからな。がんばろ」です。 by 父ちゃん
        親コメント
    • by Anonymous Coward

      蛙の子はオタマジャクシじゃないの?

      • by Anonymous Coward

        蛙が産むのは卵であって、
        オタマジャクシとかカエルとか、
        成長するまで相手はせんのではないかと…。

  • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 12時54分 (#2010906)

    >この説はまだ推測の域を出ない部分が殆どであるそうだが、

    そのぐらい空気読めよってことですね
    鉄壁の論理ダナ

  • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 13時12分 (#2010931)

    アスペルガーの場合、男女比が3:1とも言われていますし、
    遺伝傾向があることは、統計上もある程度の相関が出ていて、
    結構前から疑われてますね。

    高度自閉症の場合結婚出来ない確率が高く、調査が難しいのでしょう。
    アスペルガーの場合、「非モテ」にはなるでしょうけど、
    絶対結婚できない程ではないので、このような調査結果が得られたのかと。

    何かに拘る(特に規則性のあるものとか)アスペルガーの特徴を生かせば、
    理系やエンジニア系の能力に秀でる可能性は高く、
    シリコンバレーの技術者のアスペルガー率は、平均の2.5倍程度だとか。

    • 残念ですが日本では能力に秀でていても就職できないので、エンジニアにもなれません。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      > アスペルガーの場合、「非モテ」にはなるでしょうけど、

      • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 13時54分 (#2010983)
        こういうものに、こういうレスは、野暮なのだが、
        顔の良し悪しというのは、表情筋やら目の動きの影響がとても大きいんだな。
        故に、中身が面に出てくる。そして大抵の女の子は、ちゃんとそういう顔を読める。
        親コメント
        • Re:アスペルガーの遺伝 (スコア:1, おもしろおかしい)

          by Anonymous Coward on 2011年08月29日 14時32分 (#2011026)
          > こういうものに、こういうレスは、野暮なのだが、
          > 顔の良し悪しというのは、表情筋やら目の動きの影響がとても大きいんだな。

          君がイケメンかどうかによって信頼度が変わるような気がするんだけど、その点どうよ?
          親コメント
          • by Anonymous Coward
            そもそも表情が冴えなかったらイケメンとは言われない
    • by Anonymous Coward
      この研究、最終的には…

      > システム化の傾向(システムとその仕組みに焦点を合わせる傾向)及び
      > 共感力や他人の心を汲み取る力、また他人と関係を築く力の顕著な欠如
      > などの傾向が組合わさった人々

      が、全人類の3割近く、
      更に、(「組合わさった」ではなく)単体でその傾向を有する人に至っては、
      全人類の8割以上が当て嵌まる

      …等と言う順当な結論が導き出されるような気がしてならない。
  • by Anonymous Coward on 2011年08月29日 14時16分 (#2011009)
    アスルガー ではなく アスルガー[Asperger]
  • by Anonymous Coward on 2011年08月30日 11時48分 (#2011590)

    ニュータイプって言ったらしばらく戦えるぞ(なにと?)

  • やっぱりIT業界は合わないのかなぁ。
    20年近く勤めているけど、
    今2度目のうつ病で療養中。

    ただしAD/HDに関しては、
    境界付近の可能性はあるとは言われた。

typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...