パスワードを忘れた? アカウント作成
8310088 story
サイエンス

アイスマンは歯が悪かった 35

ストーリー by headless
虫歯 部門より
約5,300年前にアルプス山中で死亡した男性のミイラ、通称「アイスマン(エッツィ)」は歯が悪かったようだ(European Journal of Oral Sciences掲載論文アブストラクトScienceNOWの記事本家/.)。

アイスマンは1991年に凍った状態で発見されて以来さまざまな研究がされてきたが、これまで歯については調べられていなかったそうだ。CTスキャンを使用した最新の調査によると、アイスマンの前歯の1本は何らかの事故で神経が死んで変色しており、荒挽きの穀物で作ったパンや粥に混じった小石を噛んでしまったものか、奥歯が欠けている。また、穀物のでんぷん質が原因とみられる虫歯や歯肉炎も発見されたそうだ。人類は石器時代の終わりから荒挽きの穀物を食べるようになったが、現代にいたるまで食物中のでんぷん質が増えるのに伴って虫歯が増えてきたと考えられるとのことだ。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2013年04月13日 18時42分 (#2363050)

    現代では歯医者さんの治療で神経抜くぐらいしか思いつかないのですが
    歯の神経が死ぬ事故とはどのようなものでしょうか

    • by Anonymous Coward on 2013年04月13日 19時15分 (#2363056)

      ソースのリンク先にあるScienceでは
      A fall or other accident killed one of his front teeth.
      とあるので落下などの外的なダメージによる損傷からの壊死ではないでしょうか。

      事故(Accident)となってますが、ひょっとしたらマヤ文明的な民間治療の可能性もあるかもしれませんね(痛み止め)
      あとは領地争いや喧嘩での投石や野生動物との戦闘などもあったかも……
      そう考えると現代人の虫歯はとたんにロマンがない気がしてくる

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        NHKの放送内容が本当なら、アイスマンの死因は殺人事件の可能性が高いらしいですよ。
        当初事故死と見られていたらしいが調査が進むにつれて疑惑が大きくなってるらしい。

    • by Anonymous Coward on 2013年04月14日 1時43分 (#2363200)

      歯を強く打ちつけると、歯が揺り動かされて歯の中にある歯髄(いわゆる神経。神経の他に血管などが入っています。)が根元で切断されてしまうことがあります。
      切断されてしまうと歯の中にある歯髄には栄養が行かなくなり、その歯髄は死んでしまいます。
      歯髄は死んでも歯そのものは歯の根の部分が土台の骨とくっついているので脱落しないことも多いのです。
      歯を打ちつけた際にそのくっついている部分も揺らされてダメージを受けますが、脱落にまでは至らず、歯髄の損傷のみでとどまる例もありうるのです。
      これやはり前歯で発生しやすいものです。現代では交通事故、スポーツの際の事故、けんかなどで発生しやすいです。
      このアイスマンの場合にも生活の中で転倒したりして歯を打ちつけたのでしょう。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      アイスマンは運が悪かった。

  • by tori_sanpo (39645) on 2013年04月13日 20時54分 (#2363086) 日記

    もう27年も前なのか。
    と思ったら5300年も前の彼の方なのね。

  • by Anonymous Coward on 2013年04月13日 23時20分 (#2363160)

    死に至る病なんだよね。
    21世紀の今でも天然痘みたいに撲滅も出来て無いし。

    • by Anonymous Coward

      なぜそんなに強敵なんだ?
      目の前にいる細菌で触れるような場所で繁殖してるやつなのに

      • by Anonymous Coward

        宿主が自ら繁殖を助長してるから

      • by Anonymous Coward

        未だに水道水にフッ素添加しないアホな国があるから。斑状歯なんて虫歯に比べれば何倍も安全だが理解できないらしい。

        • by Anonymous Coward

          そんな有効かどうか分からないことをされても。
          それに、都会だと浄水器の普及率も割と高いので、飲む前に取り除かれてしまいそう。

          • by Anonymous Coward

            導入した国で歯科医が次々と廃業するくらいには有効です。

          • by Anonymous Coward

            フッ素入り歯磨き粉を使うようになってから虫歯にならなくなった。
            最初からその歯磨き粉使ってる子供もほとんど虫歯にならない。

            マジで歯磨き粉のおかげなんだろうか?

  • by wolf03 (39616) on 2013年04月14日 12時06分 (#2363283) 日記
    今シーズン開幕したし、開幕戦勝利だったしでキミの事かと思った。
  • by Anonymous Coward on 2013年04月13日 18時19分 (#2363045)
    アンパンマンは歯を磨いていた気がする
  • by Anonymous Coward on 2013年04月13日 23時43分 (#2363168)

    スケッツィ
    ワンタッツィ

  • by Anonymous Coward on 2013年04月14日 1時10分 (#2363196)

    原因菌の遺伝子は5300年前と今とではどの位変わっているのだろうか。

    これ [ishikawa-dc.com]を読むとアイスマンもお母さんに口移しで食べ物を貰っていたのかなと考えてしまう。ミトコンドリアみたいに家系で原因菌の系譜があるのかな。

  • by Anonymous Coward on 2013年04月14日 8時16分 (#2363235)

    ちょっと前の世代のお年寄りを見れば、前歯が一番欠けやすいのは常識的なことだと。

    この方の場合、ナイフやフォークがない前提の地域(単に中世フランスが手づかみという、ほんまかいな?)
    だから、代わりに小骨を使ってたんでしょうか?

    # 永久歯って、なぜ生え変わったりしないのだろう...

    • by Anonymous Coward

      死亡推定年齢45歳。
      5000年前の人だったら長生きした方じゃないか。
      そりゃ歯も悪くなっているさ。

    • by Anonymous Coward

      現代人だって、タバコばかり吸って不摂生などうしようもないやつもいるし。
      精神病で、満足に自分の健康管理もできないやつもいるし。

      発見されたアイスマンが、ごく一般的に健康な人なのかも怪しい。

  • by Anonymous Coward on 2013年04月15日 8時44分 (#2363776)

    あいつは強かったな

typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...