パスワードを忘れた? アカウント作成
9148856 story
火星

NASA火星探査機、火星はかつて生命が生息できる環境であったという新たな証拠を発見 17

ストーリー by hylom
古代遺跡の発見はまだですか 部門より
taraiok 曰く、

2004年1月に火星に着陸したNASAの火星無人探査機「Opportunity」。Opportunityは約10年のキャリアの中で最大の発見をした。エンデバークレーターの縁にあった古代の岩に粘土鉱物を発見したのだ。この粘土鉱物は、かつて中性の水が流れていたことを示す証拠になるという(SPACE.COMAFPBBNewss本家/.)。

コーネル大学の研究者であるSteve Squyres氏は、この水は中性に近い、「飲用可能なもの」であった可能性が高いとしている。火星の歴史の最初の10億年間は、この粘土質を形成する要因となった水が流れていた可能性があり、その後、環境が厳しくなったために酸性に変化したと考えられるとしている。

この発見は、今日我々が知っている「荒涼として乾燥した惑星」に、生命の誕生が可能であった時期があったことを示しているという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...