パスワードを忘れた? アカウント作成
9552874 story
サイエンス

「サプリメントを摂取すれば病気にならない」という話を最初に主張した男 83

ストーリー by hylom
過ぎたるは及ばざるがごとし 部門より
danceman 曰く、

ビタミンCを摂取すれば風邪になりづらいと信じる人が大勢いるらしいが、多くの人がサプリメントに頼るようになったのに多大なる影響を与えた男性がいる(Atlantic記事)。

その男性とは、ノーベル賞を2度(化学賞と平和賞)受賞しているライナス・ポーリング氏。氏は1970年に出版した「Vitamin C and the Common Cold」内で、風邪予防として1日に3000ミリグラム(通常の摂取推奨量の50倍に値する)のビタミンCを接収することを推奨していた(本家/.記事)。

同書の影響により、米国内ではビタミン剤の販売量は2倍、4倍にと一気に増えた。氏はまた1977年に、ビタミンCの摂取により癌死が75%まで減ると予測しており、他栄養素のサプリメントを摂取することで更なる効果が得られるとしていた。更に、米国人の寿命は100から110歳、そしてゆくゆくは150歳まで延びるとも予測していた。

しかし、その後ポーリング氏の主張を裏切るように、ビタミンCで癌を治療することができないとする研究結果が次々と報告された。また最近でも、マルチビタミン剤を摂取している女性の方がそうでない人に比べ死亡リスクが高いこと、また男性がビタミンE剤を摂取すると前立腺癌になるリスクが高まることが報告されている。

だが氏は頑に自信の主張を貫き、次第に、ビタミンCとともにビタミンAやビタミンE、セレン、βカロチンなどの栄養素をサプリメントで大量に摂取すれば、風邪や癌だけでなく、あらゆる病を予防することができると主張をエスカレートさせていったのである。だが残念なことに、氏は1980年に妻を癌で亡くし、自身も1994年に前立腺癌で亡くなっている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 決定的瞬間は、1948年1月にポーリングが風邪を引いて寝ている時に訪れた。 [wikipedia.org]

    風邪で寝ていて退屈のためペプチド鎖の絵を描いて眺めているときにひらめいたそうです。
    このときはまだ、サプリメントを飲んでいなかったんでしょうか。
    風邪もあながち悪いものでもないですね。

  • by 130R (31126) on 2013年07月22日 16時06分 (#2425786) 日記

    いわゆるメガビタミン主義ですね。平井和正が例によってどっぷりハマってたみたいで。
    ビタミンCだけ取るなら毒にも薬にもならないだろうけどねえ。

    • Re:古典的な (スコア:5, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2013年07月24日 7時27分 (#2427030)

      http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45.html [nih.go.jp] より

      [引用] 経口摂取でのビタミンCの副作用は摂取量に依存する 。吐き気、嘔吐、食道炎、胸焼け、急な腹痛、胃腸閉塞、疲労、顔面紅潮、頭痛、不眠、眠気、下痢、高シュウ酸尿症、尿酸塩やシュウ酸塩結石、システイン結石、尿路での薬剤の析出を招く恐れがある 。

      まあ普通に書いてある副作用は下痢や胃腸の不調ぐらいですけど。
      おもしろいのは

      [引用] ビタミンCの継続的な大量摂取はビタミンC代謝を増加させ、のちにビタミンCの摂取量が減った時に壊血病を惹起する可能性がある。

      ですかね。

      他にも、本来なら初期の癌細胞は活性酸素によりアポトーシスするはずなのが、この手の抗酸化物質の過剰接種によりその作用が阻害される可能性についても示唆されてますね。

      親コメント
    • Re:古典的な (スコア:4, 興味深い)

      by BIWYFI (11941) on 2013年07月24日 8時29分 (#2427044) 日記

      いや、多分毒だろう。

      ビタミンCを含むサプリメントの弊害は、
      1. サプリメントに依存する事によって偏食が改善されない。結果、他の何らかの栄養が不足する可能性が高い。
      そもそも、サプリメント摂取が或る意味偏食そのもの。

      2. ビタミンCの抗酸化作用は無選択作用だから、必要な酸化作用を阻害しているかも知れない。
      多量だと毒だと判明していても、微量は必須って栄養素は非常に多い。ビタミンの過剰摂取と微量栄養素の過不足との関係は全く不明。
      そもそも、定量性を考慮しないのは、完全に非科学的な行為としか言えない。

      3. ビタミンC「だけ」を摂取する事は不可能。
      特にサプリメント形態にするには、他の混ぜ物が必須。

      4. ビタミンCの過剰摂取により、別の危険因子の検出をマスクしている可能性がある。
      適量の毒分は、(公儀の)免疫機能の維持と獲得に必須。
      何故か活性酸素を完全な毒物扱いしている主張が多いが、細胞内の異物や、不要になった細胞成分の分解を担っているのも活性酸素。

      新陳代謝無しに生物は活動出来ないんだから、不要となった成分の分解と排出機能の維持は必須。
      その際に、無選択作用する毒物も一時的に必須になる。
      で、その毒物を局所作用させる為の仕組みが、そのまま健康維持に繋がる様な構造になってるのが正常な生物。

      「一見健康」な状態を得る事で、長期的には決定的に不健康な状態を作り出していないかの検証が必須。
      で、この作業には、実時間で数百年は掛かるだろう。
      なんせ、壮大な超長期人体実験なんだから。

      嘗ては、「マーガリンはリノール酸を含むからバターよりも健康的」なんて言われてたが、最近は一転して「リノール酸が危険」なんて話になったりもしてる。

      生物の詳細動作は、超多重の複雑系で、完全解明の目途は全く無い。
      この状態で、元々が多様な効果を持つビタミンCの適量なんて、知りえる筈が無い。
      だから、未解明の潜在的危険性を考慮すると、「多分毒」と考えて行動する方が安全じゃないかな?

      あ、ちなみに、不健康な状態への対症療法的使用での効能なら、全く否定しない。
      不健康な人にとっての「薬」は、現在健康な人には「毒」になるのが一般的だってだけ。

      --
      -- Buy It When You Found It --
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        マーガリンの問題はトランス脂肪酸が原因でバターより健康的という件が否定されているのではないでしょうか?

      • by Anonymous Coward

        >ビタミンCを含むサプリメントの弊害は、
        >1. サプリメントに依存する事によって偏食が改善されない。結果、他の何らかの栄養が不足する可能性が高い。

        この文章はサプリメントを健康食品に置き換えてもそのまま通用する
        世の中にたくさんある健康食品を片っ端から食べまくってたらバランス良い栄養摂取が出来なくなってしまう

    • by saitoh (10803) on 2013年07月24日 10時05分 (#2427124)
      少し多めに取るくらいなら害はないようですが、「一度に3〜4g摂取すると下痢を起す場合があります」とか、結石になるとか(これは大塚製薬は否定)いう話がありますね。大塚製薬のWEBページ [otsuka.co.jp]
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      私も2kgの箱で買っていたなぁ。アスコルビン酸

    • by Anonymous Coward

      >ビタミンCだけ取るなら毒にも薬にもならないだろうけどねえ。
      お蔭でわざわざ取らなくとも抗酸化剤としてあっちこっちに入っている為、
      何もしなくとも飽和量を取っているのじゃ?とか思ったり。

    • by Anonymous Coward

      過ぎたるは及ばざるがごとしなり

  • by Anonymous Coward on 2013年07月24日 8時54分 (#2427062)

    > 自身も1994年に前立腺癌で亡くなっている。

    そりゃ、人間、最後には何らかの死因で死ぬでしょう。
    93歳まで生きたんだから、十分長生きしたんじゃない?
    (妻は何歳まで生きたのでしょうか?もしライナスの1歳下なら78歳になりますね。)

    ネタにするには分かりやすいと思うけど、もし突っ込みたいなら別のところにしたほうがいいんじゃない?

    • by Anonymous Coward on 2013年07月24日 9時57分 (#2427114)

      元記事がそういうオチにしていて、それはそのまま持ってきてる。

      この記事は日本の一般から比べたら考えられないくらいに
      サプリメント漬けになってるUSの状況を踏まえたうえで
      USの人が読む前提で書かれたんだと思います
      それをわざわざ選んで日本にタレこむ時点でセンス悪いと思いました

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2013年07月24日 8時50分 (#2427060)

    非主流の主張、別の表現をすれば同業者から礼儀正しく無視される主張で有名なノーベル生理学医学賞受賞者は他にもいたはずだが.... 誰か詳しい人教えて 
    (大昔の親ナチ派学者の話じゃないよ)

    • by Anonymous Coward

      専門家が畑違いの分野で馬鹿な話をするのは良くあることでしょう。

      • by Anonymous Coward

        > 専門家が畑違いの分野で馬鹿な話をする

        単なる畑違いというだけじゃなくて、傾倒するのは
        「生命」や「精神世界」に関する分野が多い(ように思える)。

        なんかあるのかね? (-_-;

    • by Anonymous Coward

      DNA 二重螺旋で受賞したワトソンかな?

      人種差別的な言動が多く、その理由を遺伝子にあると言っちゃう人だそうで。

      # 専門家は専門分野については詳しいが、分野が違えば普通の人、ってのはまったく同意。

      • by Anonymous Coward

        ワトソンは変人と思われるように自分を演出していたと言われているので、何とも言いがたいですね。

        本当にそう考えていたらしいのはトランジスタの発明をしたWilliam Shockley [cracked.com]でしょう。
        その他にもトンデモな人がこのページには挙げられています。

      • by Anonymous Coward

        もっと時代が下がってから、DNA分析だか何かの分析手法でノーベル賞を取った医者では無い研究者(技術者?)で非主流の主張が有名な人がいなかったっけけ?
        これだけで受賞者の名前を思い出せるような専門家にとっては常識レベルの話なのかもしれないが、自分は良くわからん

  • by Anonymous Coward on 2013年07月24日 11時51分 (#2427247)

    抗酸化物質により体内のフリーラジカル除去、酸化防止、これに伴う老衰の食い止めが行われる結果、様々な病気を防ぎ身体の寿命を伸ばすことにつながる。
    癌発生の予防のみならず、全身の血管をしなやかに保つなど循環器系の機能も維持される。

    こうした抗酸化物質など身体の働きを円滑にする栄養素を食餌以外から補充するものであり、サプリメントの形状をしていても同様の効果が認められる。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...