パスワードを忘れた? アカウント作成
10466067 story
テクノロジー

ロシアの新型ロケット「ソユーズ2-1v」、初打ち上げに成功 25

ストーリー by hylom
まったく新しいソユーズ 部門より
AerospaceCadet 曰く、

12月28日、ロシア・TsSKBプログレスが新型ロケット「ソユーズ2-1v」の初打ち上げに成功していたとのこと(sorae.jpNASA SPACEFLIGHT.COM)。

ソユーズ2-1vはソユーズの名を冠しているものの、1段目エンジンのNK-33(ソビエト月計画用ロケットN-1のエンジンのストック)への換装とそれに伴うLRB(ソユーズでの呼称は1段目)の廃止、1段目の径の拡大、再点火可能なボルガロケットへの上段の換装など、ほぼ新型と言うべきロケットになっている。

TsSKBプログレスのソユーズ2-1vはクルニチェフ国家研究生産宇宙センターのロコット或いはアンガラ1.x系列と競合するが、アンガラは1段目が韓国のKSLV(羅老号)として打上げに成功しているものの計画は遅れており、昨年打上げに成功したソユーズ2と併せて衛星打上の勢力図を大きく動かすものになりそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • そこまであちこち入れ替えるならソユースのタンク構造なんてもう残しておくなよ、
    というあたりにロシアのお寒い一面が見えたりはするのよね。
    第1段のNK-33だって、20個かそこら残ってる在庫を使い切ったら
    RD-193(ゼニットのRD-171派生のRD-191のそのまた派生)に変えるとも言うし、
    ソ連崩壊以降は今まで一貫して遺産だけで生活してる感じ。

    • >そこまであちこち入れ替えるならソユースのタンク構造なんてもう残しておくなよ、
      >というあたりにロシアのお寒い一面が見えたりはするのよね。

      お寒いというか、そもそもそういう文化なんじゃないすか。ロシア。
      自動車だって、30年間のデザイン比較。一方ロシアでは [labaq.com]画像で有名なラーダとか、
      エンジンの基本構造は昔と同じまま、インジェクションだけいじって、ユーロ3排ガス規制クリアとかの魔改造に邁進しておられますし。

      親コメント
    •         そこまであちこち入れ替えるならソユースのタンク構造なんてもう残しておくなよ、
              というあたりにロシアのお寒い一面が見えたりはするのよね。

      彼ら流の合理主義だと思いますよ。
      変える積極的な理由がないものは、変えない。今良好に動いてるものを下手に動かさず新しい技術を接ぎ木したりして、変える必然が出た時にだけ変える。

      (弾道弾ではない)ミサイルとかはともかく、戦闘機 [wikipedia.org]にしても一つ優れた物ができたら中の電子装備変えたり燃料タンク大きくするだけではなく、機首の形まで変えて並列複座の戦闘爆撃機 [wikipedia.org]にまでしてしまう。
      アメリカの兵器にもそういう傾向はある程度ありますが、ロシアの場合はその部分が猛烈に徹底してる。
      だから、「お寒い一面」というより、手堅く進歩させるための巧いやり方と捉えた方がいいような。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      NASA「そこまであちこち入れ変えるなら鉛筆なんてもう残しておくなよ、というあたりにロシアのお寒い一面(最低気温記録-73℃)が見えたりはするのよね。」

    • by Anonymous Coward

      >そこまであちこち入れ替えるならソユースのタンク構造なんてもう残しておくなよ、
      ソユーズ系はそこで吊って打ち上げるのだから、規格として替えちゃあ駄目でしょ。
      作り直しても大差ないなら、ロシア人なら旧式のをそのまま流用するでしょうね。

  • 門外漢なので単に驚いてしまったのですが...
    NK-33は1960~70年代に開発、さらに製造されたものを使っているんですね。50年経ってなお最新鋭のエンジンを作れたソ連ってところは本当に不思議の国だ...。高校の社会科(地理?)だったかな、「遠くに飛ばす技術は未だにソ連、ロシア」という話を聞いた記憶がありますが、なるほどねぇ。

    ところで、NK-33がなくなったら開発中のRD-193になるかもって、なぜ? NK-33作ればいいじゃない。と思うのですが...。
    ちょっと調べたところでは「NK-33が生産再開できなければRD-193 [russianspaceweb.com]」ってことみたいだけど、生産再開を阻む理由って何なんだろ?

    • by Anonymous Coward on 2014年01月03日 17時36分 (#2521638)

      50年経ってもなおロケットエンジンの推進剤(燃料/酸化剤)の組み合わせ(すなわち推進性能)が変わらないのだから、当然といえば当然なのかも
      つまりロケット技術は本質的には大して進歩していないということです

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        ほんと恒星間飛行とか考えれば考えるほど寝言でしかない

    • by Anonymous Coward on 2014年01月03日 19時34分 (#2521712)

      NK-33のメーカーの本業はジェットエンジンの製造です
      ここ数十年ロケットエンジンの製造から離れていて技術継承が出来ていないので
      再登板願ったOBが技術継承前に亡くなられてしまうと再生産不能になります

      親コメント
      • なるほど! ありがとうございます。
        #2521648 [srad.jp]によれば、特に必要な金属をどう揃えるかってところなんですかね。

        何としてでも再生産を開始して、いい売り物を確保しようとは思ってるんでしょうが...。当時が早すぎたのか、今が遅すぎたのか。間に合うといいですな。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        人がいなくなると継承できなくなるのは技能であって技術じゃない。

        技能は必要で否定はできないが、継承が話題となればこの違いは
        スルー出来ないなあ

    • by Anonymous Coward
      想像ですけど、ソ連の酸素リッチ二段燃焼サイクルを成立させてるのは冶金ノウハウの塊だって話だから、そのあたりのノウハウが復元できないと生産できないってことでは?
    • by Anonymous Coward

      50年前関わっていた人は胸熱だろうな。

      • by Anonymous Coward on 2014年01月03日 19時23分 (#2521707)

        まだこんな物を使っているのか…と思ったりしそうな気もするなぁ
        自分が仕事で作ったモノが10年経っても当時のまま使われてたのを知った時はオイオイ…ってなったぜ、ましてや50年ともなるともーなんつーかなんつーかって気分になりそうだ

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          >まだこんな物を使っているのか…と思ったりしそうな気もするなぁ
          それは昨年アンタレスが上がった時に思ったんじゃないかな。
          日本も使用を考えていたことも有ったし、いっそ国際共同で製造会社を作っても良いのじゃないかとか思ったり。

      • ファンタジー作品における、
        「引退したお爺さんが主人公のためにひとはだ脱ぐ」
        は十分実在可能ってことか。

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      36基のNK-33とその製造権を米エアロジェット社に売却しして米国製の電子機器を追加して改良、ジンバル機構の追加、信頼性向上、計測機器の近代化、米国の推進薬への適合性確認などを実施してAJ26として製造してるから買えばいい。
      アンタレスロケットで使ってます。

      • by Anonymous Coward

        今のAJ26は購入したNK-33を改修したものでアメリカ国内で生産してるわけじゃありません
        将来的にアメリカ国内に生産拠点を設けることは検討されていますがロシア側での再生産が上手くいった場合の話です

  • by Anonymous Coward on 2014年01月03日 23時02分 (#2521795)

    あのネギを逆さにした様なソビエトロシアソユーズが遂に西側ボラギノールタイプに変貌したのか!

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...