パスワードを忘れた? アカウント作成
10829380 story
サイエンス

「やるべきことを先延ばしにする」性格は遺伝的要因が関係している 45

ストーリー by hylom
私が先延ばしするのはどう考えても遺伝が悪い 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

課題や仕事の締め切りが迫っているのについついそれを先延ばしにして他のことをしてしまう「先延ばし」性格には遺伝的要因が大きく関係しているとの研究が発表された(論文要旨Daily Mail)。

一卵性双生児および二卵性双生児の先延ばし性質を比較した結果、育ちといった外的要因よりも遺伝的要因が大きく関係していると結論付けられたという。また先延ばし性質と衝動性には正の相関関係があることも分かったとのこと。

研究者らによると、日々の生存が重要課題であった我々の祖先の時代には、衝動性はすばやい決断を行うのに有益であった可能性が高いとのこと。しかし、時代が変わり長期的な計画がより重要になるにつれ、衝動的な行動は目的を達成するためには邪魔になるようになり、その代わりに「先延ばし癖」が生まれたと考えられるという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 後天的学習重要説 (スコア:4, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2014年04月14日 18時47分 (#2581935)

    締め切り前日のこと。
    「仕様変更入りました。全部書き直して下さい。今から。」

    こういうことが日常茶飯事の国にいると、
    できることは可能な限り先延ばしにすることこそが
    最も合理的であると理解するようになります。

    先延ばしの習慣は最適化した結果なんですよ!

  • ある業界では、先延ばし→遅延評価/衝動的→投機的実行と呼んでいて、それぞれに効果があることが確認されています。リアルワールドでは、発注・指示した仕事の歩留まり率が悪いクライアント・上司に対しては遅延評価が、逆に高い場合は投機的実行が自然と採られるようになっていきますね。

    • 自分も直感的には環境が大きいように感じます。
      「計画立てて実行するタイプ」と「行き当たりばったり、出たとこ勝負タイプ」であれば、遺伝による影響が大きそうだと感じるし、後者が先延ばししやすいタイプのようにも思えます。
      しかしいくら計画的な人でも、次々に要求仕様が変化したり優先度の高い短期的なタスクが次々舞い込んでくるような環境にいたら、先延ばし主義に目覚めるんじゃないですかね。
      この実験は双子でやったみたいですが、双子の場合環境も似たり寄ったりになりやすいので、双子が揃って同じ性質を持っていたとして、それが遺伝から来るのか環境から来るのかは判断出来ないと思いますが、どうなんでしょう?

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年04月15日 1時14分 (#2582158)

        双子の場合環境も似たり寄ったりになりやすいので、双子が揃って同じ性質を持っていたとして、それが遺伝から来るのか環境から来るのかは判断出来ないと思いますが、どうなんでしょう?

        タレコミ文にあるとおり、

        一卵性双生児および二卵性双生児の先延ばし性質を比較した結果、育ちといった外的要因よりも遺伝的要因が大きく関係していると結論付けられたという。

        ということです。

        あと、独自の仮説を立てて紹介するのは結構だと思いますが、素人の何の検証もされていない仮説より、実験で得られた結論のほうが信頼に値するのは確かです。
        「○○な気がする」「○○のようにも思います」などと根拠もなく研究を否定するより、実験を行って論文を提出した研究者の研究内容を理解するよう務めたほうが良いのではないでしょうか。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          雑談サイトに多くを求めすぎ。

          • by Anonymous Coward

            まずタレコミとソースを読めと言ってるだけですね。

          • by Anonymous Coward

            雑談サイトに多くを求めすぎ。

            200文字に満たないタレコミ文の理解すら「多くを求めすぎ」なのか。
            最低限の教養、共通理解すら存在しない。コミュニケーションを諦めるレベル。

    • > ある業界では
      農林水産業以外の産業で遅延評価/投機的実行の効果がない産業なんてあるんだろうか??
      (地球の自転公転は先延ばしできないけど…)

      --
      ちどりの「ち」きっての「き」…
      親コメント
  • わからん (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2014年04月14日 18時45分 (#2581934)

    > 衝動的な行動は目的を達成するためには邪魔になるようになり、
    > その代わりに「先延ばし癖」が生まれたと考えられるという

    これ読むと、衝動性と先延ばしグセは負の相関にあるように思えるけど
    もっと前には正の相関と書いてある。
    どういうことっすか?

    俺としては正しいのは正の相関だ思うんだけど。
    ソースは俺。

    • by minet (45149) on 2014年04月14日 18時53分 (#2581941) 日記


      ベースは衝動で、衝動的に行動しすぎないように先延ばしでバランスを取ってるってことかな。
      つまり先延ばしグセのある俺は衝動的に行動する癖もあるということだ。

      実際の所、事項の優先度が極端なのヒトと、それほど差がないヒトと、どちらが有利なんだろう?

      親コメント
    • 衝動性が、現代においては先延ばし癖として現れる、という説明のようです。以下 Daily Mail の記事より。

      時が移ろい、長期的な計画の重要性が増すと、[かつては有用だった]衝動性は、目的へ至る道を邪魔するようになった。こうして先延ばし癖が生まれた。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2014年04月14日 21時34分 (#2582027)

        俺の場合、
        ・Amazonでついポチってしまう衝動性
        ・仕事は先延ばしにする癖
        が常に共存してるわけですが…

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        一見正反対のように見えるけど計画的に物事を実行するのが苦手という点は確かに共通していますね。

    • by Anonymous Coward

      明日でいいや、週末でいいや、来週でいいや、
      と先延ばしていた掃除を、
      ある夜寝る前に突然行い始めるというようなこと。

    • by Anonymous Coward

      衝動性が必要ない、でも衝動的性格である
      → 穏やかな日々のなかで衝動的に行動するには?
      → できるだけ判断を締め切り間際に自主的に伸ばして、衝動的に動けばよい。
      すなわち、それまでは何もせず、先延ばし

    • by Anonymous Coward

      何かやるときはガっと気合を入れて一気にやっちゃいたい衝動的な性格だから、
      毎日決まった量を計画的にこなすといったぬるいことができなくて、
      先延ばしを繰り返し、にっちもさっちも行かなくなってから衝動的に解決するという感じじゃないですか。

      というか俺はそんな感じ。

    • by Anonymous Coward

      衝動性のある人ほど、先延ばし癖があるのだから、正の相関では?

  • by hahahash (41409) on 2014年04月14日 18時31分 (#2581925) 日記

    えーと、つまり、
    『のんびり屋は遺伝する』
    ってことか?

    なんとなく実感できなくもない。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月14日 18時26分 (#2581922)

    始業式前日に飲む薬

    • by Anonymous Coward

      むしろ結婚式前夜だな。

      • by Anonymous Coward

        毎週日曜の夜ほしいです

      • by Anonymous Coward

        そこで良いのか?
        プロポーズ前の方が良くないか?
        結婚式を内なる衝動だけで乗り切るのはお勧めしないぞ......

        • by Anonymous Coward

          式場撮影のメモリアルDVDにムコ殿股間の期待感が黒黒した影となって映り込むから?

        • by Anonymous Coward
          それ以前に付き合ってくださいとうだうだ考える前に言える衝動性がないとそこまでたどり着かないのです。
  • by Anonymous Coward on 2014年04月14日 18時31分 (#2581923)

    今しかできないことがある。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月14日 22時35分 (#2582075)

    重度の先延ばし癖のある自分を基準に考えてみました

    先延ばししない方が良いことなんて理解しているんですけど、
    じっくり考えて最新の注意を払ってなんて面倒は嫌なので衝動的に先延ばしをしています。

    「面倒なことは出来るだけやりたくない」「やる気が起きないことはやりたくない」というのが全ての原因なのですよ
    (だから将棋とか何手も先を考えるゲームは苦手)

    「衝動的=すぐ動く」ではなくて「正解と思われる行動をしない(正解を出す前に行動する)」と考えるといいのでは?

  • by Anonymous Coward on 2014年04月14日 23時42分 (#2582122)

    俺は、興味のある仕事はどんどん進める。システム設計とか。
    しかし、興味のない仕事、例えば勤務表の入力などは極力先延ばしにする。
    本能のなせる行為だったのな。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月15日 9時53分 (#2582287)

    コメント見るに気質が遺伝に解かる程度に影響されることについて納得してる人は多いように感じます
    血液型と気質の相関を絶対的に否定する人も多いのだけど
    血液型を決定する遺伝情報と気質に影響を与える遺伝情報が近い位置にあったら
    相関が現れても不思議じゃないと思ったりしますがいかがなもんでしょう

    • 血液型と気質の相関を絶対的に否定する人も多いのだけど
      血液型を決定する遺伝情報と気質に影響を与える遺伝情報が近い位置にあったら
      相関が現れても不思議じゃないと思ったりしますがいかがなもんでしょう

      実際に、今までそういう「相関」が発見されたことはいちどもないし、
      かりにその相関があったとしてもその血液型がABO式でなければならない理由は何もないわけで。
      Rh式とかMN式とかルイス式とかP式の血液型分類法と相関してるかもしれないですね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年04月15日 11時20分 (#2582328)

      >血液型を決定する遺伝情報と気質に影響を与える遺伝情報が近い位置にあったら相関が現れても不思議じゃない
      1、その可能性は低い。(優性/劣性遺伝子の問題もあるし。)
      2、統計上も相関が現れてない。
      3、人格形成には後天的な要素も大きく影響する。
      などなど

      可能性だけなら、他のあらゆる遺伝形質と性格に相関がある可能性はある。
      あくまで可能性が0ではないってだけで、あまりに確率が低すぎて検討するに値しない。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      不思議じゃないけど関連付ける理由はないし、何よりそれだと〜人(x型が9割を占める)は全員衝動的とかいう話になっちゃうんで信憑性がなさそう。

      • 逆にO型が一番多いのはアメリカ大陸原住民とかヒスパニック系
        A型が一番多いのはフランス人、B型が一番多いのはインド人、、みたいな例があるから
        信憑性を得てるんじゃないでしょうか

        もちろん科学的に信憑性があるという話ではなく、暇つぶしの笑い話としてですが

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      不思議ではないですが、血液型を決定する遺伝情報と気質に影響を与える遺伝情報が近い位置にあるとは思えません。
      それらが近い位置にあるのならば、気質に応じて体質が変わるとも言えるからです。

    • by Anonymous Coward

      血液型と気質の間に相関が現れても不思議ではないと思ってます。
      科学的な手法で血液型と気質の間の相関を明かにした研究結果があれば、ご教示ください。

  • by Anonymous Coward on 2014年04月15日 15時18分 (#2582465)

    先延ばしと衝動性の共存って、まさにADHDですね。
    この記事によると、私の息子もADHDの可能性が高いようです。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...