パスワードを忘れた? アカウント作成
11294229 story
テクノロジー

地球の磁場、数百年後には反転する可能性 54

ストーリー by hylom
無線通信ができない時代に? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

WIREDの記事によれば、地球の磁極の反転が従来の予測よりかなり早く起きる可能性があるという。

地球の磁場は、太陽から吹き寄せる放射線からわれわれを守っている。欧州宇宙機関(ESA)の報告によると、地球の磁場はこの6か月間、当初の予測の10倍のスピードで弱まり続けているという。これは従来の「100年で5%」という予測をかなり上回り、約2,000年後とされてきた地球の磁極の反転がかなり早く起きるかもしれないことを示唆している。

それでも磁極の反転には数百年、あるいは1,000年はかかると見られている。また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ、とのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 数百年後かあ…。 (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Yohsa (2572) on 2014年07月18日 15時50分 (#2641589) 日記
    それまで影響を受けるような文明が残っていればいいんだけど。 [fepc.or.jp]
    • by Anonymous Coward

      俺もそう思った。
      30年前、小学生だった頃
      石油が後30年しかもたないと聞いたときに。

      • by Anonymous Coward
        そのグラフから7年たったけど石油の可採年数は42年から7引いて35年かと思いきや60年に増加。ものすごい勢いで石油増えてね?
        やっぱりと言えばやっぱりだけど、石油無機生成説信じることにするわ。
        • by Anonymous Coward

          えーと可採年数の定義知ってます?一度確認してみてはどうですか。

          • by Anonymous Coward
            知ってるよ。可採埋蔵量を現在の年間生産量で割るわけだけど、2007年って投機資金の流入でガンガン原油価格上がってた時期なんだよね。民主党のガソリン値下げ隊覚えてない?2008年にはピークを迎えて今より原油価格高かったくらい(最近ガソリン高いのはアベノミクスによる円安のせい)。実質的に原油価格は同程度で生産量は当時よりずっと増えてるからなぁ。君こそちゃんと統計読むべきだよ。
            • by Anonymous Coward

              えーと…定義をご存じであれば、採掘が技術的・経済的に可能かどうかが
              可採扱いする条件に含まれていることが分かると思いますが。
              技術向上して採掘コストが下がったり原油価格が上がったりすれば経済性に見合う油田は増えますね。
              すると可採埋蔵量は増え、可採年数は伸びることになりますよね。
              もちろん可採年数のほうは消費ペースにも依存しますけど。

              既存の油田から、過去の技術でも経済的に採れる原油が再び湧き出てきたために
              可採年数が伸びたというのであればあなたが正しいことになります。

              • by Anonymous Coward
                だから統計として公開されてる情報なんだからそれ丹念に読むだけだって。50年以上嘘をつき続けてきた石油枯渇論者のプロパガンダにまどわされないで。 技術的にはシェール革命ががっかりだと判明して2007年に想像してたほどには改善していない。
                原油価格はドル建てではそれほど変わっていない。
                採掘量は単調増加している。
                可採年数の増加は、基本的に新規油田の発見と政情不安定な産油国の隠し油田の分。
              • by Einman (46000) on 2014年07月20日 9時29分 (#2642634)

                資源枯渇を煽ることで価格を釣り上げるという行為がなされていることを否定する気はありません。
                で、その話のどのあたりから石油無機生成説が生成してきたんです?

                親コメント
            • by Anonymous Coward

              さすがにこれは恥ずかしい…

      • by Anonymous Coward

        小学生だった頃、今頃はみんな銀色の全身タイツを着てるはずだった。
        車も空を飛ぶのが当たり前のはずだった。

        その頃と今で、何か劇的に変わっただろうか?

        • by Anonymous Coward

          スマホでインターネッツなんて想像すらされてませんでしたよ

  • by Anonymous Coward on 2014年07月18日 14時35分 (#2641533)
    オレっち、磁場ニャン!(ハンテンを着て登場)
  • by PEEK (27419) on 2014年07月18日 14時47分 (#2641537) 日記

    ハザード(災厄)はこれ(磁極の移動)がきっかけだっけ。

    --
    らじゃったのだ
    • by Anonymous Coward

      これはなんか、ゆっくり磁力がなくなって反転するということでしょう?
      天変地異も徐々に起きるのであって、「災厄」という形にはならないでしょう。

      磁極が変われば、地上の様子も今とはそうとう変わるとは思いますが。
      なんというか、生き物は環境が変われば、慣れるもんですよ。

      • by Anonymous Coward

        地上の何が相当変わるのか、何か例を挙げられますか?

        方位磁針が逆を向くとか、渡り鳥が混乱するぐらいかなぁと思っているのですが。

        • by TarZ (28055) on 2014年07月18日 15時15分 (#2641555) 日記

          地上に対する影響 その1. 「現在、オーロラを観光資源にしている地域が寂れる」

          (その2 募集中)

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            地上に対する影響 その2. 「現在、北極をS極、南極をN極に例えた理科の教科書が改丁される」

            • by TarZ (28055) on 2014年07月18日 15時56分 (#2641591) 日記

              地上に対する影響 その3. 「『北枕の方向は、北極ではなく磁北極ベースである』という一派(そういう一派があるらしい)では、寝方が変わる」

              親コメント
              • by acountname (43053) on 2014年07月18日 18時15分 (#2641702) 日記

                地上に対する影響 その4. 「地殻にはこれまでの地磁気の方向が記憶されている。これは大きな方位磁石のようなものだ。そこで地磁気が反転すると地殻に記憶されたN-Sが磁極と反発するのでツルリと磁極の方向を向く。そして大地震で人類は滅亡する。」

                という話が地球膨張論の紹介にあったような覚えが。

                親コメント
        • by Anonymous Coward

          方位磁石の針の赤白を塗り替える人、大変じゃね?

        • by Anonymous Coward

          渡り鳥が混乱すると生態系が混乱する気がします。

        • by Anonymous Coward

          地場が弱まれば、船の船殻が磁化されなくなり、磁気探知機や磁気魚雷が効果を失う。
          そして再び地場が強くなったとき、磁気魚雷の技術を継承していた国家が生き残る。

      • by Anonymous Coward

        地磁気って太陽風の放射線や紫外線を防いでるんじゃなかったっけ

  • by Anonymous Coward on 2014年07月18日 15時18分 (#2641556)

    電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ

    電気にも通信にも依存していない一部の発展途上国とかは兎も角、大半の人類は何らかのダメージを受けると思うんだけど。
    ミクロな話をすれば通信ネットワークの不調で消防や救急車が呼べなくて死亡する事故が増えるとか、停電が増えて病院で手術ができない状況が発生するとか。
    もうちょっと規模が大きい話だと、たとえばスーパー等の小売店での発注システムが機能しなくなる可能性がある。あと物流にも少なからぬダメージが入るよね、少なくとも先進国ではどこかしらコンピューターを使った通信で管理されてるから。そういうのが機能しなくなると、まあ飢えて死ぬ人が出るって程じゃないにせよ、食料がきちんと小売店に並ばないとかそういうことはある。どちらかっていうと生産者が適切に出荷できなくて潰れるとかそういう方向が発生するかもしれない。
    更にマクロな話で言えばインターネットが寸断されるかもしれない。そうしたらAmazonやGoogleみたいな企業には打撃だよね。そのダメージを企業が吸収しきれるかというと、まあ前述のAmazonやGoogleぐらいの規模なら何とかするかもしれないけど、中小なら死にかねない。

    情報化社会になっていることの是非を問うつもりはないけど、現実問題として情報化社会になって電力や通信事業に依存してる社会は少なからず広がってるんだから、そういうものが機能不全になる可能性がありながら「無傷で」というのはちょっと違和感を感じるなぁ。

    • Re:無傷? (スコア:3, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2014年07月18日 15時29分 (#2641567)

      致命傷で済んだぜ

      親コメント
    • by glasstic (32934) on 2014年07月18日 21時24分 (#2641860) 日記

      今の人類の技術だと大ダメージを受けることは必至だけど、数百年後の人類の技術なら無傷で済むだろうって考えはどうかな。
      私はこのぐらい楽観的に考えても大丈夫だと思います。
      500年前の人類と今を比べて考えてみて、数百年前の人類が技術的に何か心配したとしても、ほとんど的外れでしょう。
      地磁気のシールドがなくなれば自力で別のシールドを作るかもしれないし、あるいは地球外に住んでるかもしれない。
      今から500~1000年というのはそういう時間スケールじゃないのかな。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      ある日突然磁場が反転するならそういうことも起こるんだけどね…
      数百年~千年くらいかけてゆっくりおこるわけよ?

      • by Anonymous Coward

        突然ならいいけど数百年も磁場が低調な時期が続くとそっちの方が困るんじゃないの

        • by Anonymous Coward

          中国がレアアースの輸出を制限したら、日本はレアアースが不要/少量で済む手段を開発した。
          同じように、磁場が低調になって問題が発生した/しそうになったら、それに対応する手段を世界規模で開発するんじゃないかな?

    • by Anonymous Coward
      何らかのダメージ
      増えるとか
      状況が発生する
      機能しなくなる可能性がある
      少なからぬダメージ
      どこかしら
      どちらかっていうと
      そういう方向が発生するかも
      かもしれない

      曖昧すぎにもほどがある。
      • by Anonymous Coward
        じゃあ、

        無傷
         ↓
         ↓
         ↓ ←この辺?
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
        人類滅亡
      • by Anonymous Coward

        なにかのポエムかとおもたよ

    • by Anonymous Coward

      電力網と通信ネットワークが大変なことになったら、その通りたぶん相当な被害が出るね

      でも数百年前かけて地場が反転したところでほとんど影響はないはずで、
      たぶん電力網と通信ネットワークは大変なことにならないし、人類は無傷で切り抜けるはずだ

      「電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれない」と不安を煽っておいて、
      「人類は無傷で切り抜けるはずだ」と不安を払拭するような力強いセリフ
      まあこういうメディアにありがちなマッチポンプだね

  • by Anonymous Coward on 2014年07月18日 14時55分 (#2641544)

    「カーナビメーカーや各種の電子コンパス内蔵機器メーカーが3X00年問題対応に必死」と脳内補完した。

  • by Anonymous Coward on 2014年07月18日 16時48分 (#2641630)

    太陽も磁場反転するとみられていたけど、実は4極化しているというような話があったよね。

    • by Anonymous Coward

      4極というと誤解しやすさ半端ないんで、同極点が多数あるみたいな感じに言って欲しいですね。
      コレクタ、エミッタ、ベース、あと何だっけ?ゲート?みたいな(違
      高気圧と低気圧みたいなイメージでしょうか。

      海嶺にはテープレコーダーのように磁性体に磁力線が記録されているようなので、
      何度も地球の極点が移動したのは間違いがないようですが。

    • by Anonymous Coward

      双極子成分が小さくなったから普段は埋もれていて見えにくい
      より高次の多重極成分が見えやすくなったんじゃないの?
      Q=Q(0)+Q(2)+Q(4)+Q(8)+…
      Q=一般電荷分布
      Q(0)=電気単極子(電荷)
      Q(2)=電気双極子
      Q(4)=電気四重極子

      • by Anonymous Coward

        ごめん電気→磁気で読み替えて
        磁気だから既知物質ではQ(0)=0だね

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...