パスワードを忘れた? アカウント作成
11937844 story
宇宙

月面走行を目指すHAKUTO、Astroboticと月までの輸送契約 2

ストーリー by hylom
月面が見えてきた 部門より
maia 曰く、

月面走行を目指す「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加しているチーム「HAKUTO」が、Astrobotic Technologyと月までの輸送契約を締結したと発表した(マイナビニュース)。

打ち上げはSpaceXのロケットFalcon 9、着陸船はAstroboticのGriffinを使用し、2016年後半にHAKUTOの月面ローバーが打ち上げられる予定。HAKUTOが開発しているローバーは4輪型の「Moonraker」(8kg)と2輪型の「Tetris」(2kg)で、XPRIZEの目標達成後、両者が連携して月面の縦穴(死の湖にあるので Lacus Mortis pit)を探査する計画だという(マイナビニュース)。ただし資金の集まり具合で計画は変更されるとのことで、Tetris1台だけでもXPRIZEの目標は達成可能らしい。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2015年02月27日 0時19分 (#2768448)

    斜面がなだらかじゃなきゃ降りられないだろ、と思って元記事読んだら、4輪の奴と2輪の奴がテザーで繋がってて、崖の下に降ろすわけねなるほど。

    月面の縦穴とか、案外降りてみたら氷とかがあるんじゃないか、見つかったら一気に有人基地の話とか進展するんじゃないかとか期待してるので、XPRIZEだけでなくぜひこれもやってもらいたいものです。
    (先立つものが問題なわけですが…。)

  • by Anonymous Coward on 2015年02月27日 21時45分 (#2768970)

    とりあえず、月で実績上げていかないと次に繋がらない。
    ちょうどいいデカイ砂場だと思えばいい。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...