パスワードを忘れた? アカウント作成
12038389 story
宇宙

プログレスM-27M貨物宇宙船、制御不可となり落下する見込み 33

ストーリー by hylom
なんてことだ 部門より
90 曰く、

ロシアが28日に打ち上げたものの、その後交信の確立に失敗していたプログレス59/M-27M貨物機について、日本時間30日の晩にRoscosmos(ロシア連邦宇宙局)が機体喪失を宣言した(NASASpaceflight.com編集者のツイートミッション中止を伝えるSpaceflight101のツイート同じくデブリの範囲を伝えるツイートRussianspacewebSpaceflight101NASASpaceflightsorae.jp)。機体は今後数日から数週間で落下して燃え尽きると思われる。

Progress宇宙船は国際宇宙ステーション(ISS)に物資を補給する無人の貨物機で、M-27Mは2トン強の物資を搭載してソユーズ2.1aロケットによりバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。打ち上げは成功したとみられたが、、2周目の交信パスでKursドッキングシステムにアンテナの展開異常が確認され、続く3周目ではテレメトリが途切れ、ドッキングシステムがテストモードに入っていること、カメラ映像から制御を失って回転していることなどが分かっていた。

異常の確認後、姿勢を回復するコマンドの送信や手動操作への切り替えなどが試みられたが、正常な通信を確立することもできず、また分離の1.5秒前よりテレメトリに異常値が出ており、燃料系統の圧力喪失があったとみられることが判明していた。軌道上には打ち上げ機Soyuz 2.1aの第三段とProgress M-27Mのものと思われるデブリが計44個確認されており、近地点153-180km、遠地点172-365kmの軌道を飛行しているという。上段、貨物機ともに地上への回収ができる設計ではなく、近地点も低いため、これらのデブリはすべて数日から数週間で地上へ落下し燃え尽きるとみられている。

Spaceflight101によれば、搭載貨物は燃料、食料、交換部品や実験機材など2,357kg。ISSには現在も別のプログレス貨物機やソユーズ宇宙機が係留されており、緊急事態があれば滞在中の飛行士はISSを放棄してソユーズ宇宙機で帰還することもでき、また今後4ヶ月分の資材が備蓄されているため、直ちに危険はない。

ISSにドッキングできる宇宙機は現在ソユーズ、プログレスのほかSpaceXのドラゴンとJAXAの運用するHTVがあるが、のうち有人飛行が可能なのは機体と打ち上げ機の大部分をプログレスと共有するソユーズのみ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2015年05月01日 13時39分 (#2807501)

    失敗は以前にも2011年8月に起こってます。
    それまで33年間100機以上成功してたと言いますから
    気になるのはなぜ最近失敗するようになったか、ということですが
    改良が何か裏目に出たか、生産体制に何かの問題がある変化があったのか
    どちらかでしょうかね。

    • by Anonymous Coward

      生産者が33年華麗に加齢

    • by Anonymous Coward

      コストダウンでパーツが同等品に変わってきているとか?

  • by Anonymous Coward on 2015年05月01日 13時20分 (#2807491)

    ISSから迎えに逝けたのかなぁ。

    再突入可だったらどおなっていたか...こんな報道あるのかな

    • by Anonymous Coward

      再突入可の宇宙機でも正しい姿勢で突入するのが前提です。今回の場合は制御を失っているのでまず間違いなく途中で分解してほとんどは燃え尽きるでしょう。

    • by Anonymous Coward

      ふつう、逝くときのお迎えってあの世からでは?
      まぁお迎えと言えば死神さんかすでに逝ってしまっている人(モノ)なのでシャトル(の幽霊?)が迎えに来てもいいとは思いますが、ISSからってことだとまだ成仏できずにこの世(ISS近辺?)を彷徨ってるってことなんですかい??

    • by Anonymous Coward

      爆発かなにかして制御不能なんだとしたら、周りにデブリも飛んでるだろうし、ドッキングシステムや気密が保たれているかなども不安が残る。
      人間でも乗ってない限り危険を冒して回収はしない気がするな。

typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...