パスワードを忘れた? アカウント作成
12391917 story
サイエンス

隕石の衝突を再現した実験でDNAを構成する物質の精製に成功 32

ストーリー by hylom
すごい隕石パワー 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

東北大などの研究チームが、太古の地球での隕石の落下を模した環境を作ったところ、DNAを構成する4つの塩基の1つ「シトシン」と、RNAの塩基の1つ「ウラシル」の生成が確認できたという。さらに、アミノ酸9種類の生成も確認されたそうだ(朝日新聞)。

実験では、約40億年前の地球の海水に含まれていたと考えられる重炭酸やアンモニア、水などを陽気に封入し、別の金属片を秒速1kmの速度で衝突させて高温高圧状態を加えたとのこと。これは隕石衝突による生命起源説を裏付けるものだという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 外は天気悪いけど、スラドは今日も良い陽気だこと。

  • by adeu (2937) on 2015年08月20日 14時25分 (#2867450)
    ということは隕石が降って材料が揃っていればDNAというのは宇宙の生命にとって普遍的な仕組みかもしれない、のかな。
    あとはハビタブルゾーンかどうか、と進化に充分な時間的余裕が与えられるかどうか。
    • by BIWYFI (11941) on 2015年08月20日 17時09分 (#2867570) 日記

      別に隕石に限定する必要は無さそうですけどね。
      ま、今まで拡散の生成が困難だったが「隕石の落下相当」の衝撃で出来たってだけで、もっと緩く効率の良い方法が存在する可能性は否定出来ないかと。

      あと、核酸が出来てもそれが自己増殖性を持たないと意味が無いので、その条件に付いても詰める必要が在るかと。

      --
      -- Buy It When You Found It --
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      隕石でDNAの元とか、アミノ酸が出来るなら
      スペースコロニーを墜としたら何が出来るのだろうか
  • by nim (10479) on 2015年08月20日 16時37分 (#2867547)

    なんかここまであからさまだと、typo訂正もただの作業めいて面白くないです。
    もっと以外性のあるパンチの聞いたtypoをお願いします。

    • by Anonymous Coward

      「以外性」にあまり意外性もインパクトも無いなぁ

      • by Anonymous Coward
        わざわざマジレスするなら、「パンチの聞いた」も突っ込んであげれ。
  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 14時17分 (#2867440)

    どっちが先なんだ?

  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 14時22分 (#2867446)

    金属片を秒速1kmの速度で海水に衝突させると
    きれいなアミノ酸が出来上がります。

  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 14時36分 (#2867456)

    生命に必要な成分が含まれる説は?

    高度生命体が宇宙に隕石をばら撒いて生命を
    拡散しているかも知れない

    • by Anonymous Coward
      その高度生命体はどのようにして誕生したのか。と堂々巡りが始まるのでは。
  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 14時57分 (#2867470)

    隕石が生命を作り出すなら、宇宙全体で生命が生まれている可能性が更に高くなるとは思う。

    でも、同時隕石が破滅ももたらすことを考えると、知的生命へと発展する前に隕石でその星の生命が壊滅させられてしまうかもしれない。

    破滅と発生のバランスかもしれないが、破滅の方が簡単なきがする。地球は、運良く木星と月があるために、隕石衝突の回数が少ない。大気もあるな。

    • 隕石が生命を作り出すなら、宇宙全体で生命が生まれている可能性が更に高くなるとは思う。

      今回の実験は必要な材料を用意して隕石を模した衝撃を与えたということなので隕石はトリガーにすぎません。
      材料が揃っているという前提条件がなければ、空っぽの鍋を火にかけて料理ができることを期待するようなもんですよ。

      破滅と発生のバランスかもしれないが、破滅の方が簡単なきがする。

      破滅の原因はいくらでもあるわけで、隕石はそのうちのひとつにすぎません。
      地球ができてから生命発生までは何十億年もかかったと見られてますし、その間には何度も破滅しているでしょう。
      現在の生命は「たまたまうまく生き延びたグループの子孫」と考えてもおかしくない。

      --
      うじゃうじゃ
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      良い隕石:生命作ったる
      悪い隕石:絶命させたるで

      神とは良い隕石のことだった。

  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 15時05分 (#2867475)

    ジャイアント・インパクトでもDNA、RNAが生まれることになるから、
    月にもDNA痕跡がなきゃおかしくならんか?

    大気がないから生命活動としてまで発展しなかったとしても。

    • by Anonymous Coward

      >重炭酸やアンモニア、水など
      が同時にそこに存在してないといけませんから。
      もっと大きく大気がある天体ならまだしも、月では材料がすぐ蒸発・飛散してしまって揃わなかったり、
      仮に運良く出来てもできあがったモノが即蒸発・飛散してしまうのでは。

    • by Anonymous Coward

      月の方は太陽からの強力な紫外線で分解されたと考えることもできる。

      しかし、アミノ酸などができてもそれを利用するシステムがないと世代を重ねる以前の問題。
      まだ地上に酸素がないから生命のスープが腐ってしまうことがないにしても
      生命が誕生したのはまさに奇跡的じゃないだろうか。

      たまたまRNAができても蛋白質を合成する機構がなかったら役立たずの有機物でしかないし、
      複製機構がなかったら増殖できないし。
      そんな不完全なパーツが腐ることもなく海を漂いながら新たなパーツを接続しながら
      試行錯誤していったのだろうか。
      おかしなパーツが付いてしまったため、海の藻屑になるしかなかったものも山のように
      あったに違いない。

    • by Anonymous Coward

      あり得ません。
      ジャイアントインパクトの頃は地球はマグマの海状態で灼熱しており、有機物は分解されて存在してません。
      液体の水すら存在してません。

      もし適温の海があったとしても、ジャイアントインパクトによる加熱により全て蒸発して無くなっています。
      ※地球と月のコアがばらばらになって融合するぐらいのインパクトです。

      地球の海は、その後冷えた後、彗星が降り注いで誕生したとの説が一般的かと思います。
      よって、地球の原初有機物の由来は彗星であり、それが彗星探査機が注目される所以となります。

  • by Seth (1176) on 2015年08月20日 16時16分 (#2867531) 日記

     もう一つの金属片を衝突させない陽気もとい容器の方は
    1万年間位放置してもナンモできなかったって事でしょうか?(走召糸色木亥火暴)

    --
    ------------------------------ "castigat ridendo mores"
  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 16時30分 (#2867541)

    東北大学大学院理学研究科プレスリリース
    http://www.sci.tohoku.ac.jp/news/20150818-3651.html [tohoku.ac.jp]

    NIMSプレスリリース
    http://www.nims.go.jp/news/press/2015/08/201508180.html [nims.go.jp]

    論文
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0012821X15004926 [sciencedirect.com]

  • by Anonymous Coward on 2015年08月20日 18時37分 (#2867626)

    化学反応がピンポイントで連鎖反応してるのと何が違うんだろう。

    • by Anonymous Coward

      なんだろうねって、冷たい目で見るなら、人間が自分に近いものに価値を見いだしてるってだけですね。
      他にいくらでも複雑怪奇で解明が難しい不思議な現象はたくさんある。

      生命も精神活動も、人の心って奴が勝手な付加価値をつけるのでなければ、単なる連鎖反応の積み重ねの成果とみなせる(という仮定が置ける)。
      この仮定においては「何が違う」も何も、何も違わない。

      その仮定が仮定でしかない段階で、
      「複雑な反応の成果として”生命”とか”自意識”みたいなものを上のレイヤーで『認識する』仕組みってすげぇ!」って思うのか、
      「いや!単なる反応で”生命”とか”自意識”とかが産まれるはずない!上のレイヤーは下位レイヤーとは独立した特別な何か(魂とかクオリアとか)が存在するのだ!」と信じるのかは人それぞれ。

    • by Anonymous Coward

      複数の連鎖反応が相互に循環している状態、
      なおかつその連鎖反応系に、
      素材とエネルギーの供給を除いて他の現象に依存しない方式で
      連鎖反応系そのものの自己複製現象があるものが生物って事だと思います。

      連鎖反応が相互に循環している状態という意味では一見地球はガイアという生物だと言えそうな気もしますが、
      地球は地球を作る事はないので生物では無いです。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...