パスワードを忘れた? アカウント作成
12870413 story
サイエンス

実験で「CP対称性の破れ」の存在を示唆する結果が確認される 4

ストーリー by hylom
この世の仕組みを見つける手がかりとなるか 部門より
northern 曰く、

米国シカゴで開催中の国際学会で米国時間の6日、高エネルギー加速器研究機構などの研究グループが、素粒子ニュートリノの実験で宇宙に物質がある謎を解く手がかりとなるデータが得られたと報告したそうだ(朝日新聞読売新聞日経新聞 研究グループによる発表PDF)。

茨城県東海村の施設からニュートリノのビームを飛ばしスーパーカミオカンデで検出する実験で、ニュートリノと、その反物質の反ニュートリノではニュートリノ振動が起きる確率が違うことを示すデータを得たとのこと。まだ誤差の可能性があり、実験を継続してデータを増やしていくという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • タイトル (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2016年08月08日 18時33分 (#3059981)
    クォークでは破れている「CP対称性」がニュートリノでも破れていることを意味する

    であって
    「CP対称性の破れ」の存在を示唆する結果が確認される
    だと言葉足らず過ぎだよね。
    • by Anonymous Coward

      タレこみの時点ではちゃんとしてるのに、例によって hylom に改悪されたんだよ

  • by Anonymous Coward on 2016年08月08日 15時17分 (#3059890)

    今は、まだ 90% C.L.

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...