パスワードを忘れた? アカウント作成
13066584 story
サイエンス

「時の流れ」というものは存在しないという説 109

ストーリー by hylom
高度過ぎて宗教のようだ 部門より

時間というものは実際には存在せず、すべての物理現象は同時に起きており、それを人間が時の流れが存在するかのように認識しているだけという説があるそうだ(Express)。

人間が時間を巻き戻すことは今のところできないが、時間の流れが一方向であることを定める物理法則も発見されていない。そのため、時間の流れを逆にできる可能性はないとはいえない。また、この宇宙は膨張し続けているとされているが、この膨張が止まり、逆に収縮し始めたときに時の流れが逆転する、という説もある。また、人間が時間をどのように感じているかということも分かっていない。こうした問題の解答として、「時の流れというものは人間の意識によって構築されたものである」という説が登場したようだ。

この理論では、人間が認識できる3次元空間に時間を加えた4次元空間が存在し、この4次元空間内には過去から未来までのすべての出来事がすでに存在しているという。人間はこれを時間軸に沿って認識しているだけであり、時が流れていることを感じたり、「未来はまだ存在せず、それは変えることができる」との考えは人間の錯覚から生まれているという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 記事を読む限り、時間が存在しないのではなく、時間軸というものが存在しないと言っているように見えるんだけれども。

    時間を川の流れに例えると水が未来方向から過去方向へと流れ過ぎ、目の前にある水が現在という感覚になるけど、そもそも時間は未来からやってきて過去へ過ぎていくものではなく、目の前にあるだけだ、ってことでは?

    アニメーションでは多数のコマが入れ替わっていくことで動いているようにみえるけれど、時間というのは一枚のコマ上で絶えず絵が描き変わっているような感じで。
    で、この変化を時間と呼ぶけどコマは一つだから時間「軸」はなく、必然的に「過去や未来が(時間軸的に)どこかにある」ということもない、という。

    そう考えると「タイムマシンで現在を抜け出して未来や過去にいく」ということもできない(未来や過去はないのだから)ということになるのかな。

    • 時間軸が人間の認識によって作り出されているのであれば

      「未来や過去に行く」というのも人間の認識を変えれば実現できる(゚∀゚)!

      てことなんだろう。すでに起きている無数の出来事をどうやって
      「時間軸」と感じるものに従ってピックアップしてるんだ?、そもそも
      それを"認識"で済ませていいのかよ!! って話もあるけど

      念じれば岩をも通す

      って考え方って洋の東西に関わらず出て来るってことは、
      この説って意外とアリなんじゃないかなー(ほわわ~ん

      親コメント
    • 「時間軸」の元になる「第四次元軸」はあるんだよ。
      それを時間が流れる軸と認識するのが錯覚と言うだけ。
      物理的にはタイムマシンは可能だしね。期待するような使い方は出来ないけど。

      --
      the.ACount
      親コメント
    • 世界がアニメーションフィルムだとすると、仮に時間の流れが存在しなくても、
      人間の脳が現在のコマの情報を読み取って未来のコマに自分の脳に情報を書き込んでから、未来の方向に1コマづつ移動するという処理を行えば
      人間には時間が流れているように見える、

      過去を変えられないのは人間の脳が過去のコマに描かれた自分の記憶を書き換える機能を持っていないだけかもしれないし、
      未来から過去の方向に時間が流れていたとしても、過去から未来にの方向にしか物事を記憶出来ないから、過去から未来に流れているとしか理解できないはず

      親コメント
  • 人間が認識できる3次元空間に時間を加えた4次元空間が存在し、この4次元空間内には過去から未来までのすべての出来事がすでに存在しているという。(以下略)

    それ手塚治虫が漫画のネタに使うくらい昔から知られてる説ですよ?

    --

    ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
    • まったく、何で今更だよなー。
      時間が存在しないのに同時に起きるとはこれいかに。

      --
      the.ACount
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      「説」というか、ある意味明言するまでもない前提としている事象ともいえますね。

      • by Anonymous Coward
        だよね。
        新しい説でもなんでもなく、物理や科学やってるなら、共通認識としてる概念
        むしろ、これが覆るとか、それ以外に説明できる新しい説明が出てきたらニュース
    • なにか、時間の矢問題を進展させる新たな理論とか発見があったのかと思ったらそうではないようですね。
      素粒子は一つしかなくてビッグバンとビッグクランチの間をものすごい数往復してるから全部性質が同一に見えるってアイディアを
      ファインマンだったか誰だったかが思いついたという話をどこかで読んだ記憶があるのですが、それとあまり違いがないような。

      #なおタイトルに深い意味はない

  • by nemui4 (20313) on 2016年12月14日 8時07分 (#3129607) 日記

    出来るかな。

    時間は物の変化の層
    という話を子供の頃に本で読んで納得したっけ。

    この理論では、人間が認識できる3次元空間に時間を加えた4次元空間が存在し、この4次元空間内には過去から未来までのすべての出来事がすでに存在しているという。人間はこれを時間軸に沿って認識しているだけであり、時が流れていることを感じたり、「未来はまだ存在せず、それは変えることができる」との考えは人間の錯覚から生まれているという。

    それはもう酔歩する男しちゃいますね。

  • by nim (10479) on 2016年12月14日 8時25分 (#3129614)

    「あなたの人生の物語」がそんな話でした。
    #テッド・チャンはすごい作家なのに新作全く出ない。

    • by Anonymous Coward

      2017年公開の映画版はタイトルが「メッセージ」なんですな〜

  • by bigface (47795) on 2016年12月14日 8時44分 (#3129627) 日記
    紙媒体の漫画は、ページをめくる毎に物語が進んでいく。4次元の存在から我々を見ると、宇宙空間をめくる毎に物語が進んでいく感じなんですかね。2次元の漫画本が複数の紙で構成されるように、3次元の漫画本?は複数の宇宙空間で構成されるみたいな。しかし、難しすぎる話で訳がわからない。
    • by backyarD (36899) on 2016年12月14日 12時20分 (#3129741) 日記

      各宇宙が「コミック・ユニバース」誌の連載でしかないという説と思えば、
      宇宙の終焉も

      「俺たちの宇宙はこれからだ!(主人公が階段を駆け上る絵)」
       →「万物の神先生の次回作にご期待ください!」
        →「新作発表」→ 宇宙創成

      ということですんなり腑に落ちます。ってかこれだ!

      親コメント
      • by T.Sawamoto (4142) on 2016年12月14日 15時28分 (#3129853) ホームページ

        「コミック・ユニバース」休刊のお知らせ

        読者の皆様に親しまれてきました「コミック・ユニバース」ですが、誠に勝手ながらユニバース歴28年12月号をもちまして休刊することとなりました。
        ----------
        万物の神先生「もうやだ、寝る」

        --
        へ へ
        の の
        親コメント
  • この仮説は、なにかの現象を予言できるだろうか?
    また、その現象を観測できるだろうか?

    わたしには、世界5分前創造説と同類に見えます。
    検証できない仮説に価値はありません。真面目に取り合うだけ無駄だと思います。

    --
    notice : I ignore an anonymous contribution.
    • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 9時04分 (#3129639)

      つか、様々な物理法則、量子論の奇妙な現象をきれいに説明できる。
      「時間が過去から未来に向かって流れる」と考えるのは無理がある、ってことだよ。

      空間は「移動しなくても」存在する。大阪から東京に移動しなくても、大阪と東京は存在しているでしょ。
      それと同様に、「時間が流れなくても」時間軸上に「時刻」の状態が存在していると考えれば「時空」としてまとめて考えられるわけ。

      親コメント
  • 存在するからこそ変えることができるのであり、
    存在しないのなら変えようがない。

    というようなことを常々思っていたり。
    運命を変えてみせる!とかさ。
    そんな運命とか未来とか確定したものが無いんだから変えるも何もないだろうよと。
    #「それがお前の運命なのだー」とかそれお前がそう思ってるだけですよねみたいな。

  • by nekopon (1483) on 2016年12月14日 9時42分 (#3129662) 日記
    テン「身を任せられなくなっちゃう」
  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 10時35分 (#3129695)

    このストーリーを読んで、昔勉強した scheme の call-with-current-continuation を思い出した。
    call/cc って時を戻して、その続きから実行をするっていう理解してたけど、それでいいのかな?
    時を戻したら環境まるごと戻るのかと思ったら、違うんだよね。その違いがまた時のパラドックスっぽいとも思うんだけど、どう?

  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 13時10分 (#3129773)

    QB「君はエントロピーって言葉を知ってるかい?」

    時が進むとエントロピーが増大するのではなく、エントロピーが増大する方向を時の流れとして認識している
    という説がある。

    • エントロピーもミクロとマクロの人為的な切り分けで生じてるんだから錯覚のうちだけどね。
      ミクロとマクロを切り分けた初期状態から未来に進もうと過去に進もうとミクロとマクロの混合で失われる情報量がエントロピーなんだから、どちら向けでもエントロピー増大が起こる。
      そういう粗視化をしない量子力学では情報量損失が無いから時間の向きも無い。

      --
      the.ACount
      親コメント
      • ミクロとマクロを切り分けた初期状態から未来に進もうと過去に進もうとミクロとマクロの混合で失われる情報量がエントロピーなんだから、

        そっか、君の名は。でそれぞれ大切な記憶が消えてしまうのは
        エントロピーのせいだったとも言えるなあ

        主人公がガチ理系でおまけに理学部行ってたりすると
        ストーリーが変わっていた可能性が!(えー

        # いやまあ、つい最近やっと観たので _(:3 」∠)_

        親コメント
  • Harlan Stenn氏 [developers.srad.jp]「じゃあもう辞めていいかな」

    --
    -- う~ん、バッドノウハウ?
  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 8時18分 (#3129612)

    時の流れが存在しないなら時間軸も存在しないんじゃ?

    • by qem_morioka (30932) on 2016年12月14日 8時52分 (#3129630) 日記

      つまりアカシックレコードなりなんなりのストレージにすべての出来事が記録されているが
      それを人間が「時間の流れ」プロトコルによって読み出している…ってこと?

      じゃあ、(シーケンシャルなのかランダムなのかわからないけど)そのプロトコルをいじって
      通常(?)と違う場所を読んでしまうと「時間が逆流」したとか「未来へタイムリープ」したと
      認識してしまうってことか。

      # 認識次第でどうにでもなるってことはトータル・リコールもそうなんだよなあ

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      流れてなくたって4次元空間なら4つの軸がある。
      それを縦、横、奥行き、時間と呼ぶだけの話。
      「それを『時間』軸と呼ぶな」と言う話ならただのラベルの問題だな

    • by Anonymous Coward

      人間自体か人間の意識がベクトル持っているから流れとして一定の軸に見えているってだけでは?

  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 8時20分 (#3129613)

    親が生まれるより前に子供が存在する世界?

    • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 8時56分 (#3129633)

      視点の問題だね。
      「子供がいるなら親がいる」という「果因律」でも成り立つ。
      それで、
      「そういう"流れ"で考えるの意味なくね?」ってこと。

      ただし、未来も現在も過去も「既に存在する」けど、量子論的に「不確定」だよ。
      空間軸で考えて、1メートルの針金の先を動かせば手元の部分も撓むように、
      時間軸でもある時刻の状態を決めてしまえば「つじつまが合うように」そのほかの時間も変化する。
      「二重スリット」でよく言われるように、「未来の情報が過去を決める」こともあるわけ。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 8時30分 (#3129617)

      因果律というのも、視点の問題でしか無い。

      この世界を時間軸の外から見ている人?からすると、
      過去も未来も全て決まっているように見えるから、時間軸は空間軸と対して違いがなく見える。

      計算済みのコンピュータ・シミュレーションの世界を外から見ている人間が、
      自由に時間軸を自由に進めたり戻したりしながらデータを閲覧できるのと同じようなもん。
      そのシミュレーション世界に因果律はあるけど、既に未来まで計算済みの世界の中では
      結果を導くためのルールの1つでしかない。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 8時30分 (#3129618)

    3次元の空間が時間の方向に流れていくものととらえるか、時間を1つの次元ととらえて多次元空間の静的な存在と見るか。
    見方の違いであって、それで新しい物理法則が必要とか言うものじゃないんでしょ?

    > 時間の流れが一方向であることを定める物理法則も発見されていない。

    熱力学の第2法則とかはどうなのよ。

  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 9時17分 (#3129649)

    記憶があるから過去が存在しているだけで、未来はない。
    運動方程式では=が使われているから、時間tに対して
    可逆性があるんじゃないかと思うけど、じっさいは
    熱力学を考慮すれば、tに関しては不可逆的現象である。

    時間軸は存在せず、世界は3次元にすぎない。

    • >記憶があるから過去が存在しているだけで、未来はない。

      あなたが「現在」として認識している「時」は既に記憶されている過去ですから、その「現在」すら存在していなかったりして。

      >時間軸は存在せず、世界は3次元にすぎない。

      あなたが認識していると思っている「世界は3次元にすぎない。」
      だったりして。

      #ったりして

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      その考えで行くと、空間にも広がりは存在せず「"ここ"しか存在しない」となってしまう。

      古典的には、ある状態が決まれば、その時間の前後も決まる。(ラプラスの悪魔)
      そして、「そう考えられる」ならば「それは存在するとして扱う」というのがルール。(月を見てなくても…)

  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 9時18分 (#3129650)

    例えばコンピュータが計算するとき
    演算器の中では時間経過に伴ってオンオフを繰り返されそれが信号になってるわけだろ?
    情報自体が時間に経過の中でのオンオフ
    人間の脳内でも結局同じようなことを繰り返している
    しかも脳内の情報伝達物質は熱力学運動で拡散することで情報伝達している
    意識自体が時間に支配されているというか
    時間経過が存在しなければ意識自体が存在しない
    ある瞬間を取り出すと電磁気的濃淡があるだけでそこには意識など存在しない
    レコードを止めるとそこには音楽が存在しないのと同じこと
    それだけではない
    我々の認識している世界は原子分子レベルで見ると実はスカスカ
    色や形は熱力学や分子間力や電磁気的な作用で創りだされている
    これもそれぞれパラメータに時間が含まれている
    物質波にしたって速度vには当然時間が要素として含まれてるわけで
    カルヴァン式の決定論はアレだけど
    見方としては間違いではないと思うな

  • by Anonymous Coward on 2016年12月14日 9時25分 (#3129654)

    つまり納期というのも存在しないってことですね。
    ハハハ

typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...