パスワードを忘れた? アカウント作成
13224336 story
サイエンス

「学歴の高い人ほど子供が少ない」という問題 100

ストーリー by hylom
学歴なんていらない、という人が増える問題 部門より
aruto250 曰く、

既に旧聞となってしまったが、アイスランドの研究チームがより多くの時間を教育に費やす傾向のある遺伝子群が減少傾向にあるという研究結果を発表した。この発表についてのNewsweekの記事によると、つまりは高等教育を受けるために時間をかけたことにより婚期が遅れるということであるようだが、ニュースリリースには

However, it appears that higher POLYedu scores have a substantial effect on delayed reproduction that is independent of the actual education attained. The effect is stronger in women than men.

《POLYedu(研究チームが算出した教育レベルに関する遺伝子群のスコア)の高さは、実際の学歴とは関係なく生殖時期の遅れをもたらしている》

との一文もあり、単純に時間的な制約だけの問題ではないことを示唆している。

個人的には、人間も未だに生存と繁殖の競争に生きているものの、医療の発展によって知恵を絞って生き残るタイプの有利さが(相対的に)失われ、繁殖力の高いタイプの人々が圧倒的に優勢になってきているように見える。現代の社会はPOLYeduスコアの高い層が有利になるシステムのために勢力の不均衡が目立たないが、誰の目にも明らかになった時には衝突が避けられないんじゃないだろうか。

結局は、結婚するのが当然という圧力のもと、見合いや縁組みで一律早々に結婚し繁殖する方式が、結果的には遺伝的な多様性を維持することに寄与していたのかも知れない。だとすると今は学問の発展と引き換えにそのボーナスを取り崩している段階ということか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2017年04月07日 19時53分 (#3189896)

    バカは結婚が早く子沢山で、遺伝的な不利+教育コストかけないから、バカを再生産するループを高速で回してるのでどんどん増殖する。
    賢い連中は、婚期が遅いor未婚な比率が高く、数が減る一方。
    今の先進国だと、経済力や知力で子供の生存率が大きく変わることはないだろうし。

    というシンプルだけど口にしづらいお話なだけでは。

    • 上品な言い方というか、いわゆる「バカ」にもっと敬意を払うべきだと思っているのです。

      今の社会では「バカ」って本当に価値のないことのように扱われてますけど、野生動物としての生存競争は、今この時代においても続いているのだということに注意してみると、「バカ」が生存に不利なのであれば今日までの数十万年のどこかで絶滅していたはずで、そうなっていないどころかますます勢力を伸ばしている以上、「頭のいい人」にとって「バカ」は全く対等な競争相手どころか「バカ」の方が有力だと思うわけですよ。それこそバカにしているわけじゃなくて、真剣な評価として敬意を払わなくてはいけないんじゃないのかと。

      ただ個人的には、「バカ」ばかりになった社会はサル山よりマシ程度の社会にまで落ちてしまうだろうし、半端に「頭のいい人」の作った核兵器みたいなものがそんな社会に残っていたりすると人類の存続にとって非常に危険なので実現は避けたいところです。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        バカが明らかに不利になったのは、ここ200年程度のことです。
        昔は知力より身体能力の方が価値がありましたが、今はそうではない。
        ただそれだけなので。

      • by Anonymous Coward

        野生動物としての生存競争なら、子沢山の生物は死亡率も高いのが普通。
        そうでないとその種が世界を埋め尽くすくらいに増えて、最後は食糧不足で餓死したり共食いしたり
        するようになるからね。多産であることは、必ずしも生物的な優位性の根拠にはならない。
        (生き残り戦略の一つではあるが。)

        人間においても、普通は一度に生むのはたった一人だし、一人産むのに十月十日かかるのは変わらんし、
        ちょっとくらい婚期が早くても(バカで)貧乏なら多くの子供を育てるのは金銭的に難しくなる。

        そういえば先日も、蜂蜜入り離乳食与えて自分の子供死なせたバカがいましたっけ。
        子供一人を産んで育てるコストは高いのに、バカはそのかけた労力を自ら台無しにしたりするからなあ。
        バカも競争相手というのは間違いないが、脅威となるかと言われると疑問。

    • by Anonymous Coward

      つまり、子供どころか結婚もしてない俺らは、バカとは対極の存在ということだな。
      はーっはっはぅはゲホゲホ。

    • by Anonymous Coward

      コンビニが24時間やってたり、宅配が翌日届いたりするのはそういう人たちのおかげですよ。
      頭良くて頭脳労働するエリートに比べて単純労働に従事する労働力の方が圧倒的に沢山必要なのだから十分に健全な結果ですよ。

  • ヤンキーの兄ちゃんは (スコア:4, すばらしい洞察)

    by manmos (29892) on 2017年04月10日 19時54分 (#3191167) 日記

    パッソルにまた開いて乗らはるから、金冷法で鍛えてるんで、子供ができやすいと。

  • by miyuri (33181) on 2017年04月07日 17時39分 (#3189824) 日記

    『より多くの時間を教育に費やす事』と『実際の学歴』は関係無さそうだ!!

    #こういう解釈で良いのかどうか不安

    • by Anonymous Coward
      うん。『より多くの時間をコーディングに費やす事』と『実際の品質』は関係無さそうだ  のか?
      • by Anonymous Coward

        それは正しい。だってテストとデバッグ時間はコーディング時間に入りませんから。

    • by Anonymous Coward

      博士崩れの俺のことかー、ちくしょう

  • 社会全体の改善の為に尽くす知的開発の役割は少数でよくて、
    総数の維持のための繁殖や肉体仕事を担う役割のほうが大多数っていう考え方で、
    まぁまぁ腑に落ちます。

    バカから天才も生まれますし、天才が繁殖できなくても問題なさそうです。
    なので高学歴の天才は自信が繁殖しなくても、社会全体の向上に全力で尽くして頂ければと思います。
    雑な話ですが。

  • 子育て支援に所得制限を強めるべきという論が散見されるが、逆に高所得者に支援を強化すべきだと思う。

    子育てに名を借りたバラマキが目的であるならば、判官贔屓の日本人のメンタリティには、所得制限が望まれよう。

    しかし、子育て支援は、出生率向上が目的であるはず。
    そうであれば、ほっといても高い繁殖率を維持するような所得階級に支援するのではなく、繁殖率が低い所得階級に重点的に支援すべき。
    子育て関係の手当てをもらったところで、その経済勘定が動機になって、たくさん産んで殖やすという意思決定にはつながらない。
    むしろ、手当は、「高学歴層こそしっかりと再生産してほしい」という政府のメッセージの証左として位置づける。手当は、高所得者にとって経済的インセンティブにならないが、「人的資源を自分の自己実現のために浪費せず、人口を支える責任を担ってくれ」社会的責任を認識させるための裏付けとする。

    量的な人口維持も課題だが、それ以上に減っていく運命にあると指摘される質的な人口維持を図るにはなおのこと。

    • 興味深い意見ですが…
      「頭のいい人はたくさん呼度をも作ってください」と政府が表明する、って事ですかね。
      政治的リスクが高そうですな…

      「大卒の子は大学無償にします」とかいうのも同様に難しそう

      「子育て支援認定試験」
      とか作って、親がそれに通れば支援金が増える、とかならワンチャンありそうな気もするかな
      前日事故のあったハチミツの話とか問題に出しても良いし…
      最新の子育て情報とかも啓蒙できていいのかもしれん

      やばい親的なものをスクリーニングして
      なんだかんだ理屈付けて精神的だったり金銭的に支援すると事もできるかも…

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2017年04月10日 19時54分 (#3191166)

    そうそう。世界的に見ても歴史的に見ても、それが正しい社会の在り方で、面倒ごとを背負い込んでまで所帯を持ったりはしないのが人間の自然な姿。
    恋愛うんぬんというのは極めて稀な精神疾患でしかないんだよ。それを煽れば楽に儲かるってんで煽りまくったのが今の惨状。

    • ほんとこれかもわからんね

      昔々、無理してでも結婚させる社会は存続し、そうでない社会は出生率不足で滅んでいた

      死亡率が下がった結果、「無理してでも結婚させる社会」は人口爆発を生んでしまった。
      そのために結婚圧力は下がり、
      元コメによれば「精神疾患患者」だけが結婚するようになった結果「無理してでも結婚させる」のは時代遅れとなった

      すると今度は出生率が足りなくなった

      それっぽいと言えばそれっぽい

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      ストップ!恋愛 ゼッタイダメ [itmedia.co.jp]。」
      不眠や食欲減退に妄想、手足の震えなど心身への害の例を挙げ、「世界が輝いて見える」等の幻覚作用までをも引き起こす。。

  • by Anonymous Coward on 2017年04月11日 4時54分 (#3191361)

    この先、世の中あるいは世界が良くなるとは思えないんだけど、夢も希望も薄い未来にどうして子供を残したいと思うのだろう。もし選択できるなら私は今の時代の日本に生まれたいとは思わないし、子が親に似るのであれば多分私の子供もそう感じるんじゃないかと思う。世界のエネルギーか食糧問題かが解決してればまた考えが変わったかもしれないけど。近未来を考えると子を残す気にはなれない。子供にこんな時代に残してごめんなさいと謝りながら死にたくはない。

    • by Anonymous Coward on 2017年04月11日 12時01分 (#3191533)

      そういう風に考えることができるということは、あなたは相当に頭が
      いい人なんだと思います。
      頓珍漢なコメントを付けている人もいるけれど、そんなものは
      無視しましょう。

      視野がものすごく広くて、かつ聡明な人に起きやすい思考です。
      なので、アドバイスになるかは分かりませんが、

      ・自己中心的になりましょう。自分さえよければいい、くらいに
      考えて、あなたはちょうどいい人です。
      ・世界は自分を中心に回っている、くらいに考えましょう。
      ・なにごとにも「手抜き」をすることを心に留めておいてください。

      #頭の悪い人にはこういうことを言ってはいけません

      親コメント
  • モテるから結婚できるとか、モテないから結婚できないとか
    そういうんじゃないんだよなあ。

    ただ、バカになりきれない人、つまり中途半端に頭が良くて
    論理と計算の向こう側に一瞬でもバカとなって飛び込む勇気がないと
    結婚は難しいかもしれない。

    # で、あれだけど結婚はゴールじゃなくスタートだから(震え声

  • by Anonymous Coward on 2017年04月11日 11時02分 (#3191487)

    単に子供が欲しいので有れば托卵するという(こらこら
    それは冗談としても、子育てする時間が取れるかどうか(または任せられる環境が近くにあるか)だと思うんですよ。
    よって学歴は関係ないと思います。いくら統計でそう出ていても、紋切り型に決めつけることはどうなのかと。

  • by Anonymous Coward on 2017年04月07日 12時56分 (#3189651)

    頭の中がそれでいっぱいの人たちは、さっさとセクロスして子供を作りまくるんでしょう
    より動物としての本能に忠実なのかも?

    • >頭の中がそれでいっぱいの人たちは、さっさとセクロスして子供を作りまくるんでしょう

      ただし、対人スキルが絶望的だとソロプレイに走りやすそうな予感。
      あと見た目も重要らしい(そういうドラマ始まるそうな)

      親コメント
    • 日本の少子化も勉強ばっかしていてセクロスしなくなったせいですからね。
      日本を救うため、ゆとり教育を復活させましょう!!

      あれ?

      親コメント
      • ネタにマジレスになっちゃいますが、ゆとり教育なんて効果はなくて、今この社会が高学歴に有利な仕組みになっている以上、有利な位置につくために、素質のある人間は(現実的な範囲で)可能な限り学歴を高めるし、ニュースリリースにあるとおり、仮に学歴が大したことがなくても、将来を慮って簡単には子供を作らないわけですよ。
        しかし、それが高学歴タイプの勢力を長期的には削いでいくことになるし、ひいては今のような社会や人類の衰退も招きかねないという皮肉というか、まあ普段は目の前の損得に釣られず賢い判断ができそうな人でも、世代を越えたスケールで見るとまだまだ目先の利益に釣られているんだなあと。まあ次世代のことを自分の利益として勘定に入れるかどうかは、多分に信条とか哲学の問題なんでしょうけれど。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          この日記や日記のコメントに対するaruto250さんのコメントを読む限り、
          > この社会が高学歴に有利な仕組みになっている以上
          という前提が間違ってるんじゃないかなという気がします。
          「バカ」の方が生存競争で有力だというなら、
          社会は「バカ」にとって有利な仕組みなっているんじゃないでしょうか。
          そして、高学歴に有利なのは、生存や生殖と言った自分のDNAを残す競争とは関係の薄い、
          動物には不要な裕福さ、幸福を得る部分なんじゃないでしょうか。
          生殖だけではなく食事だってそうです。
          「バカ」ほど好き放題に食べ、「頭がいい人」ほど食事にモラルを見いだします。
          それは食事

          • > この社会が高学歴に有利な仕組みになっている以上
            という前提が間違ってるんじゃないかなという気がします。

            この部分については言葉足らずでした。
            人間の群れとしては少なくとも2つのレイヤーがあり、昔ながらの動物としての生存競争としてのレイヤーと、その上に(主に個人の)権力や経済力を追い求めるレイヤーが乗っているのだろうなと。そして、今の社会では前者のレイヤーが後者のレイヤーにほとんど覆い隠されていて部分的にしか見えていない。
            後者のレイヤーの下から、前者のレイヤーを引きずり出してみれば、おっしゃる通りむしろ「バカ」の方が有利になっているし、まさに

            「頭のいい人」は、理性に人としての価値や知性を見いだす社会の影響を受けすぎなんです。

            これが私のいつも考えていることでした。そして

            だから、「頭のいい人」が、自分が「バカ」にして軽視している部分の方にも
            大切なものがあるんだと(早い段階で)気づき、両立させようとすれば、
            生存競争で「バカ」以上に有力になれると思うんですよ。
            そろそろ動物的な快楽を取り戻していくべきなんじゃないでしょうか。

            これは「バカ」な人も「頭のいい人」のと同じくらい価値があるという点をもう一度思い出した上で、全く同じ考えです。「頭のいい」ことに価値があるのは大前提として、動物的なことの価値を尊重すべきだろうと。どうやら「頭のいい人」は、そういう考え方を「ポストモダン」とか、(本来の意味での)「半知性主義」とか言うらしいのですが(文脈から私が適当に推測した限りではですが…)。

            ただ今ネットや社会を見回すと、「頭のいい人」は本当に「バカ」をこき下ろして躊躇がないし(「反知性主義」は蔑称として使われている)、「頭のいい人」でない人は、「頭のいい」ことの価値を過小評価して動物的感性ばかり重視している人もいる(これは私が誤解しているのでなければ「モダンなきポストモダン」とか言うらしい)。本当に残念だと思います。月並みな言い方になってしまいますが、どちらにもいいところがある。というか、どっちの利点も取り入れていかないと、いずれは破綻すると思うのだけど、結局は「頭のいい人」も「バカ」も、同じ考えの人とばかり固まってしまい、双方の集団の間にあるのはまさに、野生の群れと群れのような対立関係になってしまっている。特に「頭のいい人」は、本来であれば数の上で不利になるところを、国や人種や場合によっては宗教も越えてネットで群れを形成していて、国や人種や宗教を超えて団結できない「バカ」の個々の集団に対抗しているような状態になっていて、これが「グローバリズム」として称揚されたり非難されたりしてるように見えます。

            子供のいる「頭のいい人」の多くは、我が子の生きる未来の姿を想像して、
            次世代の事を自分の利益として勘定に入れられると信じます。
            いえ、「バカ」だってきちんと話せば勘定に入れられる人は多いはずです。

            これについては、事実「頭のいい人」が次世代のことを考えても、我が子の教育をどうするか、我が子が社会構造の上位につくためにはどうすればいいか、で止まってしまっていて、あまり社会構造の維持発展までは考えていないように見えます。まあ個人レベルでできることは、沢山子供を作るくらいしかないのですが。
            「バカ」については、それこそ多産による人口爆発は食い止められても(それは啓発ではむつかしくて、社会が裕福になるか、逆に多産が即飢餓に繋がる貧困にならないと達成できなさそうですが)、再生産サイクルの速さをコントロールすることは今のところできそうに思えず(アイスランドや、多分日本でも起きているのはこちらが原因でしょうし)、せめてバランスを取るために、「頭のいい人」達も若くして子を産むようにするしかないのかなという気はします。人口爆発による破綻は加速するかも知れませんが…。

            親コメント
            • 学習にかける時間と言う意味でも、
              モラトリアムの時間が今更短くならないだろうという事を考えても、
              「頭のいい人も若くして子を産む」ようにするのは難しいんじゃないすかね…

              ただドクターともなるとあれですがマスター卒程度なら24だし、
              いまどき30から生み始めても2-3人なんか余裕なわけでべつに早く生ませることは
              そこまでではないのかな、と。

              一方、個人の生き方に干渉するのはまー今の先進諸国では少なくとも建前上無理でしょう。
              ですので金銭的インセンティブで誘導するしかないんじゃないでしょうか。

              子供手当的なものの拡充、控除の拡大、学費の実質的引き下げ等々

              それでも減っちゃう「頭のいい」人はしかたないんじゃないですか。
              本人が減りたいんだったら仕方ないから減ってもらいましょう

              ただ減っていく過程で他人にグダグダ言うのはやめてほしいですね

              親コメント
              • いまどき30から生み始めても2-3人なんか余裕なわけでべつに早く生ませることは

                他人の生き方に干渉できない、って前提なら、出産しない人も一定数いることが想定されるわけで、3人位じゃ足りない、って話になりそうな気もしますね。

                早く生むことに関しては、寺井寿男元校長じゃないですが、就職・出産の後に大学に戻って勉強できるようになったらいいかもしれませんね。

                親コメント
          • by Anonymous Coward

            >「頭のいい人」は、理性に人としての価値や知性を見いだす社会の影響を受けすぎなんです。
            なんじゃそれ。

            たぶん逆だなあ。頭の良い人が、社会に影響を与えた。
            実績を残し、理性に、知識に価値があるという事実を認めさせた。
            知恵は力だと。バカは無力だと。

            頭の悪い人はそれを逆恨みして僻んでるだけ。

  • by Anonymous Coward on 2017年04月08日 13時01分 (#3190113)

    高学歴な人が入社する一流企業ではほとんどの人が結婚してますね。
    美醜関係なく。
    ほんとーに一部の人なんじゃないの。

    女性は賢い人が好きな人もいるから親戚でもなんでもいいから20代の一秒でも若いうちにお見合いしまくれ。
    歳食ってから探すからまともなのが見つからねえんだよ。

    • by Anonymous Coward on 2017年04月10日 21時04分 (#3191212)

      一流企業に入るくらいの高学歴な人に関してはおっしゃるとおりだと思います。

      でも世の中にはもっと頭脳的に優秀な人がいて、起業したり芸術家だったり
      思想家だったりするわけで。
      そういったトップレベルの頭脳の持ち主が結婚できない、子供がいない
      というパターンは結構多く見られると思います。

      (起業家、芸術家、思想家がトップレベルの頭脳集団であるという
      意味ではありません、念のため)

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      若いうちに結婚しようと思わないんだからしょうがないんじゃね。おまえの言うことなんか聞くと思う?

  • by Anonymous Coward on 2017年04月10日 19時26分 (#3191144)

    映画『26世紀青年』ですね

  • by Anonymous Coward on 2017年04月10日 20時01分 (#3191171)

    ほらみろ、マスゴミとその読者の本音なんてこんなもんよ

    学歴と相関する遺伝子があって、高学歴は子供が少ない傾向があるので、そういう遺伝子を持つ人たちが減りつつあるというだけのことです
    あとその遺伝子は長命でタバコも吸わないと傾向があるのでそれも入っているんじゃないかとか

    教育水準は遺伝子に関係なく向上しているし、知能が劣化してもいません

    • by Anonymous Coward

      > 「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」という研究結果が明らかに

      ある遺伝子を持っていない「人たち」が「劣っている」!

  • by Anonymous Coward on 2017年04月10日 20時25分 (#3191179)

    魔法使いは天才だったんだよ!!

    • by saratoga (23467) on 2017年04月10日 23時37分 (#3191301) 日記

      違うよ。魔法使い<<子だくさん<天才。
      子孫を残せるかという視点でみると、生物学的淘汰と社会学的淘汰しかなくて、インテリで子供が少ないのはたまたま後者に引っかかってるだけ。
      あと、天才は、天才たらしめる条件がそろった時だけ発現し、そうでなければ才能を発露させることもなく普通の人間として生きていく。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2017年04月10日 20時51分 (#3191190)

    26世紀青年という映画がAmazonプライムで見れるので是非とも見て下さい。
    言ってることの設定はコレと似たような物。
    なまじ頭が言い分「計画を建てよう」とするのと「することないから子作り」が・・・

typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...