パスワードを忘れた? アカウント作成
13260883 story
地球

豊洲土壌汚染問題の根底にある「ゼロリスク信仰」 206

ストーリー by hylom
どこに落ち着くのか 部門より
masakun曰く、

小池知事が豊洲市場の安全性に疑問を呈したことで市場の移転が延期されたままになっている築地移転問題について、産業技術総合研究所名誉フェローの中西準子氏が書いた『築地移転問題が改めて示した「ゼロリスク」の呪縛』という記事がWedge Infinityに掲載された(Wedge Infinity)。

この記事では、豊洲市場をめぐる報道で盛り土問題をめぐって地下水の水質が分析され、環境基準値を超えるかどうかがしばしば問題視されたため(過去のストーリー)、多くの人が豊洲では地下水を使うと勘違いしたのが混乱の原因となったと説明。さらに土壌中にヒ素やベンゼンが高濃度で見つかったと報道されたことで(maiaの日記)、わけもわからない多くの人が抱く健康リスク不安に拍車をかけることになった。

しかしながら土壌対策汚染法の概要によれば、汚染された土地を再利用する場合、摂取経路が遮断され、きちんと健康リスクの管理さえされていればよい。豊洲市場では地下水を一切使用しないので、法律上は飛散防止だけでよく、地下水の水質を測定する義務もない。また豊洲市場の地下から汚染物質を取り除くことは環境リスクを増すことにほかならない。筆者は豊洲問題の報道から「行政、市民、事業者、マスメディアのどの側にも、環境問題について健康リスクを評価し、そのリスクの大きさに応じて対策を決めるという態度がないと感じる」と書いている。

ただしこれは今に始まったことではなく、過去のBSE問題の全頭検査に始まり、福島県の帰還問題にもつながる話だという。中西氏は2013年9月に開かれた日本学術会議のシンポジウムで、「年間5ミリシーベルト以下の地区なら避難指示を解除すべし」という意見を出したそうだが、それは広島や長崎の研究で導き出されたものだという。多くの人に早く帰還してもらうためには、一定程度の放射線リスクを受容してもらう必要がある。しかしながら国を含めすべての関係者が混乱を引き起こすことを恐れるあまり、多くの人が自宅に帰還できない現実を作ってしまった。年間1ミリシーベルトという非科学的な数字を目指す国主導の除染活動をみた外国人研究者が半分呆れかえり「日本はお金があるから」と言って帰っていく実態を知れば、BSE問題で若齢牛も含む全頭検査をしなかった海外の考え方について、日本政府とは異なることも知り得よう。

  • by Anonymous Coward on 2017年04月25日 16時32分 (#3200123)

    安全の問題は一般人には大概難しくて、自分自身で評価はできない。
    従って、マスメディア・機関・学者のいずれかを信用しなければならない。
    偶に安全だと言われていたものがそうでないか疑わしいと判明することがある。
    特に重大なものは主要な機関全てが安全を保証していたものなので、彼らがその後安全だと太鼓判を押したところで、実際には安全ではなかった問題発覚直前と区別がつかない。
    従って、各自の知識が不十分かつ多様な個別判断に依存せざるを得ない。
    市場経済は市場・その参加者が自由な判断をすれば良くて、好き嫌いも当然含む。問題ない(福島含め)。
    一方、合意形成の場合もいいかもしれないが、時間を掛けて合意をしてきたものが破壊され、決定不能の陥る。誰も望まない状態を維持・選択することになってしまう。
    一部の人は、何らかの効果を求めその行為を用い、不安を煽る。

    別にゼロリスクを望んでいるわけではなく、信頼できる安全の保証を求めているだけではないか。

    本来はなんでも情報を開示・提供すれば理想的な結果に近づくはずですが、それでは済まない場合もあるということでしょうか。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2017年04月25日 18時59分 (#3200229)

      いつからか、何が原因かは知りませんが、異常に権威や専門家を軽視する傾向があるのが原因だと思いますけどね。

      両論併記とかいいますけど、併記するのは同じだけの信頼性のバックグラウンドがある意見だけでよくて、専門家が連名でエビデンスとともに示した意見書と武田邦彦の意見は併記しなくてもいいんです。
      それなのに、にわかの野良専門家気取りの意見も、東大教授の意見と対等だと思う人が後を絶たない。

      まぁ、タレントのコメンテーターの意見をありがたく聞くのも根は同じ問題じゃないかと。

    • あなたの言われる「開示」とは違いますが、
      豊洲の地下水の水質がどうとか土壌に汚染物質がこうとか見つかりました。
      ⇒でも、地上の設備を使う分には全く問題ありません。
      って言っても聞かないでいつまでも危険が危ないって騒ぐばかりですよね。

      なんでも情報開示なんかしたら、なおさらデマ飛ばす連中にエサ投げるようなことにもなりかねません。

      • > なんでも情報開示なんかしたら、なおさらデマ飛ばす連中にエサ投げるようなことにもなりかねません。

        気持ちはわかるが、都合のいいように隠すなんてのはありえないっしょ
        どうやったって腐る

        隠したければ情報の洪水で押し流すほうがまだマシじゃないかな

    • by Anonymous Coward on 2017年04月25日 18時25分 (#3200206)

      行政の判断がもはや信頼できないという根本的な問題だと思う
      利害で言ってることがころころ変わるし。
      本当に安全かどうかをそもそも指標として判断していない

    • by Anonymous Coward on 2017年04月25日 18時35分 (#3200213)

      > 信頼できる安全の保証
      これを100%求めるのがゼロリスク信仰

      • 見返りも無しにリスクを受け入れる人なんて居ないのは当然だよね。

    • by Anonymous Coward on 2017年04月25日 22時05分 (#3200382)

      建設前/事故前:ゼロリスクなので大丈夫です。
      建設後/事故後:ゼロリスクなんて無理に決まってんじゃん。

      結局のところ事前の説明ではいくらでも嘘ついていいという状態なのが根本の問題なわけで。

  • 東京都の虚偽申告から来る色々なアレが主問題だったりしそうな。

    ここに返信
  • 一切のバグ・不具合は認めないっていう「ゼロリスク信仰」

    ここに返信
  • 小池都知事相手に科学的根拠のない延期で財政に負担をかけている、
    と言う訴訟しかないんじゃないすかね

    過剰な除染等々についても訴訟が起きていいと思います

    ここに返信
  • 東京の問題は、当事者での損得の問題ですが、福島の帰還の問題は当事者で損得の関係が非対称なので全く別物です。
    • 福島の問題は、損をするのは帰還民、得をするのは東電という構造ですから、損の判断点が低くなるのは当然。
    • 東京の場合は損得とも都民 (健康被害の有無と税金の無駄との天秤)なので、まぁどちらにせよ都民の問題です。

    #まぁ、そうやって政府のやることを否定している人たちを投獄したいってのが、今も昔も変わらない体質なわけですけどね。

    ここに返信
  • リスクゼロを追い求めないと行けないケースってのは確かにあるし、まあリスクは少ないに越したことはない。
    問題なのは、他のリスクに目をつぶること。ようするにダブルスタンダード。

    リスクの少しでも少ない方法を比較検討して、もっともましな方法を模索することを放棄するのが、一番よろしくない。
    豊洲を悪し様に罵ることに血道を上げた結果待っていたのは築地のブーメラン、関係者誰もが把握していた問題を最悪の形での拡散し、長年かけて培った築地ブランドを自ら毀損しただけ。

    ごくごく一部の事象築地関係者が豊洲をあげつらう度に、同じ理由で築地がおとしめられて行くと言うことを周囲認識すべきだし、おそらくそう認識しているはずなのに強硬にゼロリスクを唱える誰かの異常さに着目すべきだろうと思う。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2017年04月26日 0時56分 (#3200505)

    最初に断っておくが、豊洲の問題の中では汚染の問題は相対的に小さい問題だということは言っとく。経済的持続性がないとか問題山積なんだが、ここでは触れない。

    で、科学的評価とか言ってるけど、移転推進派が科学的評価の内容について述べているのを見たことがないんだよね。中西準子のWedgeの記事も例外ではない。じゃ、科学的に評価したらどうなるか、という話を書いておこう。

    地下水のベンゼンは、気化して大気に入ってくるのが問題だ。土壌対策汚染法で気化リスクについて考慮していないのは、「地下水の濃度が環境基準以下になっていれば大気環境基準も満たされるから」というのが理由とされている。では、豊洲のベンゼンの気化リスクを計算するにはどうすればいいかというと、2008年の専門家会議報告で、地下水中のベンゼン濃度が気化したときの大気中のベンゼン濃度を示す式を求めている。この資料は報告書の7. 土壌中からの汚染空気の曝露による影響の評価(PDF) [tokyo.jp]でアクセスできる。

    この報告書によれば、当時豊洲で確認されていた環境基準4万倍以上のベンゼンだと、予定通りの盛土があったとしても、大気中のベンゼン濃度は、大気環境基準の40倍になることが示されている(表7.1.6)。このレベルのベンゼンが残っているなら、現在でも遮断は不十分ということになる。また、仮に盛土がなく水が直接空気に触れている場合を考えると、7-4ページの(2)式のLgwがゼロになるので、地下水中1ppm(環境基準の100倍)のベンゼンによって、大気中のベンゼン濃度は227mg/m3になる。大気環境基準の7万倍を越える濃度だ。盛土がないと、そのぐらいリスクがあるわけだが、中西準子も専門家会議の平田座長も盛土があることが前提の話しかしないことは認識しておいた方がいい。

    では、盛土が存在しない地下ピットはどうなのかが問題になるわけだが、地下ピットの底のコンクリートはいわゆる捨てコンで、地下水が透過していたことからもわかるとおりベンゼンを遮断することは考慮していない。で、ベンゼンが実際に気化しているかどうかに関しては、2017年1月に開催された第4回専門家会議の資料に測定結果が示されていて参考にすることができる。この測定時点では、地下ピットにあった水中のベンゼンは測定限界以下だ(濃度の高い汚染は今のところ地下ピットまでは上がっていない)。その状態で、すでに地下ピット内の空気中のベンゼン濃度はすでに大気環境基準に近い数値(6街区で0.002mg/m3)を示している(資料5-2 豊洲市場における水質調査及び空気測定の結果 [tokyo.jp])。屋外のベンゼン濃度が上昇していない時期に地下ピット内で屋外以上の値に上昇していること、換気後濃度が落ちていることなどから、ソースは地下水が疑われる。今後のリスクを評価するためには、ベンゼン濃度が高い地下水が上がってくる可能性を見極める必要があるのだが、その評価には誰も手をつけようとしないのが現状だ。

    以上に述べたようなわけで、地下ピットに関しては、現在専門家会議は盛土のない地下ピットを経由して建物へのベンゼンの侵入リスクありとして追加の遮断工事を提言している。が、すでに基準ギリギリの杭の耐震性に問題が生じるという話があって単純ではない模様。

    ここに返信
    • 非常に明快だね。なぜモデレータが「参考になる」を付けたがらないのか不明だ。とはいえ

      >今後のリスクを評価するためには、ベンゼン濃度が高い地下水が上がってくる可能性を見極める必要があるのだが、その評価には誰も手をつけようとしないのが現状だ。

      そのための地下水浄化システム [tokyo.jp]が稼働しているからでは。

      --
      http://srad.jp/users.pl?light=1&uid=31656
  • by the.ACount (31144) on 2017年04月26日 13時48分 (#3200790)

    「ゼロリスク信仰」って言葉を作ったのはレッテル貼りして有利にするためなんだろ?
    信用がないのが原因なのを糊塗するにはうまい手段だよね。

    --
    the.ACount
    ここに返信
  • https://twitter.com/sis_sis/status/858269702413471744 [twitter.com]

    ツイッターを見るかぎりでは「反原発」、「反オスプレイ」、「反豊洲」を主張する人たちは割と重なっている印象だし、この人たちの知識レベルが各問題で似通ったものだとしたならば、そのリテラシーは絶望的と判断するしかない。

    スラドを見るかぎり、割と同じ印象。絶望的かどうかのコメントは差し控えるが。

    --
    http://srad.jp/users.pl?light=1&uid=31656
    ここに返信
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...