パスワードを忘れた? アカウント作成
13282652 story
サイエンス

「カラス侵入禁止」の張り紙を貼ったらカラスがやってこなくなった 105

ストーリー by hylom
なるほど 部門より
masakun曰く、

岩手県大槌町にある東大の研究施設で張り出された「カラス侵入禁止」の張り紙が、なぜかカラスに効果的だという(朝日新聞)。

大槌湾に面した東京大学国際沿岸海洋研究センターは2011年の震災時に津波が最上階の3階に達したため、3階のみ仮復旧して、1、2階は片づけた後物置として使っていたという。カラスの被害が目立ち始めたのは2015年春のことで、建物の窓や扉がないことに目を付けたカラスが、1階の天井配管の断熱材を巣作りに拝借するようになったという。センター職員から相談を受けた佐藤教授にもよいアイデアが浮かばず、知人でカラスの専門家という宇都宮大・雑草と里山の科学教育研究センターの竹田努研究員(環境医学)に相談したところ、「警告文を出してみては」というアドバイス。半信半疑で張り紙を出してみたら、これが効果絶大だという。

竹田研究員によると、警告文を目にした職員や学生がカラスに視線を向けたり指さしたりすることで警戒して寄りつかなくなるらしい。そのためカラスを見る人が増えるほど効果的だという。つまりカラスは警告文を読めないが、空気は読めるみたいですね。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...