パスワードを忘れた? アカウント作成
13634861 story
医療

子供時代の環境が男性のテストステロンレベルに影響を与えるとの研究結果 10

ストーリー by hylom
住む場所で変わるのか 部門より
headless曰く、

子供時代の環境が男性のテストステロン(男性ホルモン)レベルや第二次性徴の時期、体格に影響を与えるという、英ダラム大学やバングラデシュ・チッタゴン大学などの研究グループによる研究成果が発表された(ダラム大学の発表MedindiaNews Medicalnature ecology & evolution誌掲載論文)。

生殖に対する男性のエネルギー投資はテストステロンレベルや第二次性徴の時期、体格で評価可能であり、周囲の人口レベルと相関関係がみられる。しかし、それが環境の影響で変動するのか、民族によるものなのかについてははっきりしていないという。

研究では英国またはバングラデシュに住むバングラデシュ人男性および英国生まれの欧州系男性計359名を調査。調査対象者からは身長・体重・第二次性徴を迎えた年齢・健康に関する情報を収集したほか、唾液のサンプルからテストステロンレベルを測定した。移民時の年齢で比較すると、大人になってから移民した人やバングラディシュ在住者と比べ、思春期前に移民した人はテストステロンレベルが高く、第二次性徴の時期も早い。8歳未満で英国に到着した人では、その差がさらに大きくなったという。また、移民2世は背が高く、テストステロンレベルも高いほか、覚醒時のテストステロンレベルは欧州系の人よりも高かったそうだ。

このことから、男性の生殖に対するエネルギー投資は子供時代の環境に影響を受けるとみられる。感染症の危険など多くの困難が待ち受けるバングラデシュで子供時代を過ごした人の場合、生存のためのエネルギー投資を優先し、テストステロンのレベルが低くなったと考えられるとのこと。男性の生殖機能は青年期にも変化するが、大人になってからの周囲の環境はテストステロンレベルに大きな影響を与えないことを研究結果は示唆している。

高いテストステロンレベルは甲状腺の肥大や発がんリスクに関連するなど、極端に高い・低いテストステロンレベルは男性の生殖機能以外にも影響する。そのため、健康リスクを判断するにあたり、子供時代の環境を知ることも重要だと研究者は述べている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2018年07月01日 4時05分 (#3435316)

    総テストステロンの正常値は大人で200-1000ng/dl、5倍も幅があります。
    で、テストステロンは視床下部のGnRHに刺激された下垂体前葉が性腺刺激ホルモン(LH FSH)を放出し
    睾丸によって95%以上が産生されます。30ng/dl程度は男女関係なく副腎で産生されます。
    テストステロンの総量はネガティブフィードバックによって視床下部や下垂体前葉により恒常性が保たれます。

    前立腺がんや禿頭は大まかにテストステロン類の濃度掛ける暴露時間で決まります。
    この研究は成長期に急激に増えるテストステロン量の時期増分について述べられており、(=性器や睾丸の発達)
    大人になってからの恒常状態のテストステロンの多寡を述べたものではありません。
    どこで恒常状態に至るかはわかっていません。別のメカニズムがあるのだと思います。

    ストレスで若干の分泌量の変化があることは知られています。

    もし、あなたの髪が後退しつつあるのなら、55歳以降にPSA検査を受けることをお勧めします。明らかにテストステロンが多いので。
    ただし、前立腺がんは老人のガンであり、進行も遅く骨やリンパに転移していなければ死ぬことはありません。

    特定疾患の下垂体前葉機能低下症で20ng/dlしかないのでAC。少ないと性欲ほか骨粗鬆症リスクが跳ね上がります。はげないのだけが救いです。

  • by Anonymous Coward on 2018年06月29日 15時55分 (#3434684)

    もうこれ以上子供を作る予定も無いし、テストステロンが多過ぎて禿になるくらいなら、少な目の方が嬉しいかも。

  • by Anonymous Coward on 2018年06月29日 16時40分 (#3434706)

    男の子はなあ
    種という単位で見ると
    捨て駒にできるからなあ

    まあ家族単位でも
    「あんた男の子でしょ!行ってき!」
    と言われること多いからなあ

  • by Anonymous Coward on 2018年06月30日 1時39分 (#3434958)

    見るからに低い子が若い世代に増えた気がするんだけど、なんでだろうね?

    男性的特徴を失った容姿の方がモテるって事情もあるんだけど、それだけで体毛が無くなったり体形が華奢になったりするものだろうか・・・

    • by Anonymous Coward
      それは当然、原発の放射能の影響でしょう。
      ご存知ですか、原発は僅かですが海に空に放射能を撒き散らすのです。

      それは当然、プラスチックの影響でしょう。
      ご存知ですか、ポイ捨てされたプラスチックは海で分解されてマイクロプラスチックとなり、魚がこれを食べ、生物濃縮を通じて毒性を強め、人がこれを食べるのです。

      それは当然、中国産野菜の影響でしょう。
      ご存知ですか、中国産の野菜には大量の農薬が使用されているのです。

      それは当然、コンビニ食品の影響でしょう。
      ご存知ですか、コンビニ食品をレンジで加熱すると容器がわずかに溶け、食べ物と一緒に食べてしまうのです
    • by Anonymous Coward

      うちの市は学校が多いので普段大勢の中高校生とすれ違うんですが、今の子は美男美女が増えたし手足も長いですね。
      新体操の選手なんて2・30年前の日本人選手からは考えられないようなスタイルしてますよ。

      生活様式は自分達ベビーブーマー2世代目でもそれなりに変化した後だったと思うので、それだけが理由ではない気がします。
      一方で時代の変化に取り残された人も少なからずいて、格差が拡大している感覚があります。

      食生活が昔と違う点と言えば、魚から肉にウェイトが変化したことでしょうか。
      もしかしてホルモン剤の影響だったりして。

      • 顔やスタイルがいい子供が多いという実感は私にもあります。
        だんだん、結婚して子供を産むという選択をする(できる)層が、容姿がよい、あるいは経済的に恵まれている人たちに限定されてきているというのも原因の1つのように思います。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        魚から肉というより、コメ食わなくなったからでしょ。

        穀物を消化するには長い腸が必要で、長い腸を収めるには長い胴体が必要。
        製粉した小麦粉ばかり食ってれば他が成長する余地ができる。
        # ホルモンもかなり疑念はあるけど。
        # それは一日三食うどんくってる人たちが晴らしてくれる、かな?

      • by Anonymous Coward

        女の子は成長が早すぎる(小学校高学年で既に20代に見える子までいる)、
        男の子は女性に見える(化粧っ気がない大人の女性に見える)になった。

        一方で、男の子によくあった「中学生で既にオッサン」ってのがほとんどいない。
        「環境ホルモン」と呼ばれる物質のほとんどがエストロゲンと似た活性を持ってるのと無関係だとは思えない。

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...