パスワードを忘れた? アカウント作成
13658664 story
交通

日本は2050年時点で乗用車の二酸化炭素排出量9割削減を目指す 114

ストーリー by hylom
10分の1 部門より
maia曰く、

7月24日に第2回が開かれた自動車新時代戦略会議は、商用車を含めた自動車の「Well-to-Wheel」(油田からタイヤを駆動するまで)での二酸化炭素排出量削減を目指す総合戦略を練っているらしい。

資料によれば、2025~2030年あたりに中間目標を設定しているが、長期目標は2050年時点ですべての日本ブランド車の温室効果ガス排出量を8割程度削減することだそうである(日テレニュース)。

乗用車は100%電動化(HEV、PHEV、BEV、FCEV)と温室効果ガス9割程度削減とあるので、商用車の目標はもっと控えめなのだろう。少なくともBEV(バッテリーEV)やPHEVのCO2排出量は電源構成に大きく依存するはずだが、原発依存のフランスのBEVなら今でも5g-CO2/kmのようだ。日本のBEVは2015年時点で59g、2030年時点で41gとなっている。高い目標達成のためには、バッテリーやモーターの性能向上、自動車の軽量化などでは不足する気がする。後は、再エネであろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 22時45分 (#3450055)

    なに偉そうなこと言ってんだろうね
    10年前には全固体電池の研究で日本は独走状態だった
    それが経産省が全固体電池は先の話だと言い出し
    文科省も応用研究重視とか言い出して
    あっという間に失速、投資額減少、人材流出
    海外の研究で前倒しの目が出てくると
    大慌てで予算獲得人材の呼び戻し…
    もう今世紀入ってからずっとこのダッチロール繰り返してるんだよ?
    とりあえずコバルトフリーのバッテリーが登場すれば
    バッテリー価格は大幅に下がるから放っておいてもEVへのシフトは起きる
    10年前ならこういうのは日本企業の十八番だったんだけど
    でも今の状況では日本メーカーがコバルトフリー化で主導権握れるか微妙
    基礎の継続投資は必要な投資なんだけど
    産経新聞の記事とか見てたらアイタタタなんだよな

  • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 16時57分 (#3449822)

    自然エネルギーだけでEVの充電を十分まかなえるならともかく、今みたいに火力発電所に頼りきりの日本では、
    EVにしたところで総CO2排出量はガソリン車の半分程度が関の山でしょう。

    原子力発電所を再稼働させて、その電気をEVに回してもらわないと、CO2排出量収支は1割に収まらないのでは?

    早く核融合を実用化してもらいたい。ロッキードマーティンの謎の小型核融合炉はどうなったんだろうか?

    • 火力から脱出しない限り無理そうですよね。
      謎の核融合発電に期待しましょう。

      それとマツダのSkyactive-Xにも期待かな。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 19時21分 (#3449926)

      あくまでも計画だけど、水素によるエネルギー輸入で解決する事をたぶん考えている。

      今の計画(絵に描いた餅とも言う)だと、タンカーを使った水素の大規模輸入を2030年には商用化、2040年代には重要なベースエネルギーにし、2050年には最も安いエネルギーにする事を見込んでいるらしい。

      で、輸入元の電力だけど、まず再エネ。これはほっといてもたぶん増える。多くの投資家の予想を上回っている状況。 次に、今まで資源化が難しかった質の悪い石炭(褐炭)などを現地で改質してガスを取り出し水素にして輸入とか考えているらしい。改質時に出るCo2は改修して地中に埋め戻すのだと。

      原子力はもう政治的理由以外では選択されることはなくなったし、多くの投資家が投資対象から外しているから、現実的にはこれ以上はもう無理かと。死んだ子の年を数えても仕方が無い。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      原発アレルギーには困ったもんだ、本当に…

      • by Anonymous Coward

        アレルギーとか言う前に東京のど真ん中に原発作ってみろよ

        • by Anonymous Coward

          原発建設の安全基準を満たせない場所に建てられるわけ無いだろ。

    • by Anonymous Coward

      世界需要を見ると、この先自然エネルギーは余りまくることが目に見えている。

      EVは充電なんで、そもそもソーラーパネルとの相性は抜群。パネルが世界の電力平均価格に追いつくくらい建設されると、電力はおそらく二重価格、ややもすると5段階くらいになる。そういうときに余っている電力で充電するようになるよ。

      • by Anonymous Coward

        この先ってのはいつ来るんだ?

        • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 21時12分 (#3450003)

          2020年代半ばから、2030年代初頭にかけて、と言う予想が2年前だが、既に予想を上回るペースになっているからさらに早まる可能性大。
          同時に全固体蓄電池が容量3倍、充電速度3倍、価格1/3で実用化するのが2025年と言われているので(これも5年前の予想より5年前倒しされた)余った電力が蓄積と、仮想発電所としての面的運用も2030年ごろには実用として稼働するだろう。

          親コメント
  • by Anonymous Coward on 2018年07月25日 5時01分 (#3448630)

    自動車の登録台数が減る
        高齢化が進み免許返納が増える
        若者の車離れ
    少子化により燃費の悪いミニバンが廃れる
    道路整備で燃費が良くなる
        新規の道路
        未開通区間の開通
        拡幅や線形改良
    田舎の衰退
        僻地の交通量が減る
        長期休暇の帰省が減る

    などなど、あまり良くない感じのものもありますが。

    • 人口減少とシェアリングで需要や台数は減るでしょうが、8割とか9割削減というのは一台当たりの排出量です。

      親コメント
    • 道路整備で燃費が良くなる ← 多くの道路が路面整備維持出来なくなってくるのでは?
      田舎の衰退 ← そしてそれは田舎だけではない

      二輪車を優遇振興するだけで、かなり問題は片付くのだけどね。
      但し今の日本では期待できない。

      • 二輪と言っても、この文脈だと原付二種でしょうね。それでも車種は選ばないと、燃費の優位が微妙。EVには排出量で勝てない。

        あと二輪は乗る人、乗らない人がいる。スクーターであっても、プロテクターがないと怖い。雨風の問題もある。もちろん、乗る人は乗る。

        あと12km程度までなら、自転車でも余裕。ガソリンは消費しないから、ほんとのエコだ。道交法以外の悪条件は原付二種と変わらん。薦めても、乗る人、乗らない人はいる。

        まあ、ミックスでいくしかないでしょう。将来的にはEVバイクが優位かもね。

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2018年07月25日 10時28分 (#3448765)

    発電のCO2排出量9割削減も目指すなら本物。
    あ、中韓露からの売電はなしでね。

    • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 16時58分 (#3449824)

      リン先ぐらい読んでも罰は当たらないと思うんだ。

      これをもって、CO2 は一切出ていないと結論づけるのは大間違いである!というのがWell to Wheel の見方である。電気自動車の場合、電気を作る手段が原油・石炭・天然ガスの燃焼によるものであれば、発電時にCO2 が発生しているのである。また、燃料電池車の燃料である水素を水の電気分解で作る限り、同様に電気を作る際にCO2 が出ているのである。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      新型原子炉建てなきゃ

    • by Anonymous Coward

      乗用車だけってのがやる気なさげ。

    • by Anonymous Coward

      乗車中は呼吸してはいけないという法律作ればいいんじゃないですかね

  • by Anonymous Coward on 2018年07月25日 19時53分 (#3449193)

    その頃には日本ブランドの自動車メーカーが無くなってるというオチになったりして。
    今の斜め上の努力ぶりや経営陣の発言見ると、十分ありうると思われ。

    • by Anonymous Coward

      とりあえず数は減るかもしれませんね。
      スバルとかミツビシとか、他にもまだあるけど。ブランドとしては残るけどって感じで。

      でもトヨタは残りますよね、たぶん。

      • by Anonymous Coward

        > でもトヨタは残りますよね、たぶん。
         
        30年前といえば、PC-9801が天下取ってた。
        それ考えると、断言はとてもできませんね。
        下手すりゃ自動運転という黒船で速攻やられそうだし。

        • by yhachisu (47108) on 2018年07月26日 17時03分 (#3449825)

          PC-9801が天下取ってたのは日本だけですよね。
          それに、テスラが量産に苦しんでいるところを見ると
          自動車のコモディティ化はまだまだ難しいのでは。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            あれは採算の合わない製品を無理なスケジュールで需要を無視して作ろうとして人が離れてるって状況だから、どうかね。

          • by Anonymous Coward

            IBMだって似たようなものでは。

        • by miishika (12648) on 2018年07月26日 21時50分 (#3450035) 日記
          左ハンドルのまま自動車を持って来ては「日本で売れない」と言う外国メーカーを見る度に

          「御社はポーズだけで本当は売る気がないでしょう」

          と思っている。自動運転となるとなおさら日本の法規に合わせないといけないから、たった一億人のためにそこまで手間をかけるとは到底思えない。
          親コメント
    • by Anonymous Coward

      かつて「400万台クラブ」というキーワードがありましたが、意外と生き残っているので、
      たとえニッチになっても意外と生き残るんじゃないですかね。

      400万台クラブ
      https://ja.wikipedia.org/wiki/400%E4%B8%87%E5%8F%B0%E3%82%AF%E3%83%A9%... [wikipedia.org]

    • by Anonymous Coward

      UAWの労組プロパガンダを真に受けて面白い?

    • by Anonymous Coward

      確かに、日本の自動車会社は結構前から自動車の会社ではなく、モビリティの会社を指向して経営改革やってるから、自動車メーカではなくなっている可能性は十分にあるな。
      トヨタの社長が「トヨタ自動車は車の会社ではなくなる」と発言して驚かれたのはもう実はかなり前のこと。当時はあまり真に受けられなかったが、今では常識的に捉えられている。

      そのほかに、移動する装置を売る会社ではなく「移動するサービスを売る」と

  • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 16時53分 (#3449818)

    フランスの5g-CO2/kmは凄いな
    日本は海洋/火山国家なのだから、潮力とか地下熱とかも
    もっと開発すればいいのにと思うが

    • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 19時51分 (#3449957)

      まずは洋上風力が現実的っぽいぞ。洋上風力の方はほぼ技術的課題が解決しつつあり、あとは法整備と投資家から金を集めてどれだけ大規模化できるか、と言うフェーズに入ってる。今計画されているものだけでも、全部できると全電力の4%ほどを賄える規模になるとか。

      一方で、正確には潮力とは言わないらしいのだが、潮流発電というものも研究中。黒潮のような流れの速く大規模な潮流に直接でかい羽を付けた筒を鎮めて発電しようというもの。年間稼働率が7割以上という陸上水力発電並みの稼働率が見込まれるらしい。2020年代には実用化の目標で動いているとか。ただ、こっちは設備の大型化が難しいらしく(製造できる羽のサイズに限度がある)送電もわからん。コストはどうなるか不明。とりあえず離島向けと言っているけど。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 20時44分 (#3449994)

        日本の場合、洋上風力は台風対策が避けられないことと、安定した偏西風を欧州のようには得られないことで、ベース電源足りえないという弱点がある。
        もちろん再エネの有力な手段ではあるので組み合わせのひとつとしては有望。

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      潮力は漁業に影響が出るし、地下熱は温泉かれたらどうすんだ。
      原油が安いうちはそちらを使って、自国の資源は研究開発程度にとどめておくのがいい。

      • by Anonymous Coward

        既得権ゴロがいるからなんにも出来ないんですよね、この国は。

        • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 21時36分 (#3450024)

          既得権ゴロってか、潮流発電はショボすぎるし、台風時どうするの?ってのが有る
          補助電力的にやるなら別にかまわないと思うけど、主力発電にするには発電量的に無理
          地熱はずっと一定量の地熱が続く訳では無く、設置場所でいつまで熱を排出してくれるかが未知数で、最悪数年で枯れる…というか、発電量がショボすぎて発電所としてほぼ成り立たなくなる場合がある
          なんにせよ、発電量がどちらもショボすぎて主力として使うには話にならないレベル
          発展途上すらしていない未開の地レベルの生活にするならば、可能だろうけどな

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          極端に走らず、きちんと影響を考慮して実施しましょうよ、途上国じゃないんだから。

    • by Anonymous Coward

      > フランスの5g-CO2/kmは凄いな
       
      やっぱり原子力か...

  • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 17時43分 (#3449854)

    二酸化炭素なんか、何もしなくてもいいのに。
    なぜ、無意味な政策を続けるんだ?

  • by Anonymous Coward on 2018年07月26日 17時59分 (#3449863)

    軽5・7ナンバー → 軽4・6・8ナンバー
    5ナンバー → 4・8ナンバー(この時期には6ナンバーにはみ出すかも)
    3ナンバー → 1・2・8ナンバー

    特に軽自動車の貨物車(単純二年毎車検制)が大幅に増える可能性がある。

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...