パスワードを忘れた? アカウント作成
13777299 story
バイオテック

中国の研究者ら、遺伝子編集でHIV耐性を持つ子供を誕生させたことを明らかに 42

ストーリー by hylom
遺伝的強化人間 部門より

中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行い、その後その胚から子供を誕生させる実験を行なったという(AP朝日新聞CNET Japan)。

この実験を行なった研究者がAPの取材に対し実験について語ったところによると、7組のカップルに対して胚の遺伝子操作を行い、そのうち1組が出産を行なったという。この実験の目的は、遺伝子編集によって生まれつきHIVに対する抵抗力を持った人間を作り出すこととされている。

被験者や実験の進行状況などについて詳しくは明かされておらず、論文についても未発表とのことだが、香港で開催される国際学会で詳細が発表されるようだ。

人間に対する遺伝子編集は倫理的な問題もあることから賛否が分かれているが、中国では人間に対する遺伝子操作関連の研究についてはむしろ推進されている方向であるという(過去記事)。そういった背景もあり、過去には人の受精卵の遺伝子を改変する研究も行われている。ただ、今回の実験については中国内からも批判的な声が出ているようだ。

  • by nemui4 (20313) on 2018年11月27日 13時34分 (#3521926) 日記

    人間に対する遺伝子編集は倫理的な問題もあることから賛否が分かれているが、中国では人間に対する遺伝子操作関連の研究についてはむしろ推進されている方向であるという(過去記事)。

    単価は安くなりますね。

    この実験を行なった研究者がAPの取材に対し実験について語ったところによると、7組のカップルに対して胚の遺伝子操作を行い、そのうち1組が出産を行なったという。この実験の目的は、遺伝子編集によって生まれつきHIVに対する抵抗力を持った人間を作り出すこととされている。

    成功例は喧伝するけど、失敗例は・・・・ (在地下?)

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年11月27日 13時21分 (#3521917)

    医療も最後は人体実験みたいなもんだから、十分実験されていればヒトに応用するのも個人的にあんまり抵抗ない。
    けどこの場合、HIV耐性を獲得しているかどうかの検証しそうでこわい。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      実験した以上は検証すると思いますが、どうやるのでしょうね。培養した細胞に対して感染させてみるとか?

      • by Anonymous Coward

        それはやっぱし種痘の時と同じやり方で……
        #「世にも奇妙な人体実験の歴史」は面白かったです。医者とはマッドサイエンティストだったのだな。

        ところで,この遺伝子操作で仮に一切の副作用無しで免疫を獲得できていたとしても,
        それで本人にどれほどのメリットがあるだろう?HIV感染しない限り意味ないんだよ,

        むしろ風邪にかからないとか疲労からの回復が早いとかの方が、日常生活によほど役立つと思う。

        • by Anonymous Coward

          今回のケースだと、父親の方がHIV感染者だということなので、感染の危険性が減らせるだけでもメリットがあるのだと思います。

          しかし、親御さんは「自分が子供を持てるとは思ってもみなかった」とあるので喜びもひとしおでしょうが、とはいえパンドラの箱を開けてしまった感が…。

          • by Anonymous Coward on 2018年11月27日 16時01分 (#3522076)

            こんなことしなくても、HIV感染者から感染させずに子供生まれてますよ。

            第9章に「女性がHIV非感染で男性が感染者の場合」の記載
            http://hivboshi.org/manual/guideline/2018_guideline.pdf [hivboshi.org]

            米国の情報
            https://www.imic.or.jp/library/mmwr/18818/ [imic.or.jp]

          • by Anonymous Coward

            父親の方がHIV感染者だとなんで感染の危険性が高いの?
            貞操を守ってれば危険性は男女同じでしょ

            • by Anonymous Coward

              出産に出血はつきものなので,垂直感染 [wikipedia.org]を考えると母親がHIV陽性の方が危険性高いのでは.
              # バラ撒くのが容易,という点では確かに男性の方が危険性高い

              • by Anonymous Coward

                上にリンク張ってある↓は「HIV感染妊娠に関する診療ガイドライン」。
                http://hivboshi.org/manual/guideline/2018_guideline.pdf [hivboshi.org]
                序文から引用
                「日本においては,以下に示すHIV-1(以下HIV)母子感染予防対策を完全に施行すれば,母子感染
                をほぼ防止できるといっても過言ではない。実際,1997 年以降,すべての感染予防対策が確実に行わ
                れた症例からHIV 母子感染が成立したという報告はない(しかし,残念ながら医療機関へ適切なアク
                セスができなかった分娩例においてHIV 母子感染が散見される)。」

    • by Anonymous Coward

      父親はHIV感染者らしいが、母親はどうなんだろう。感染していなければ耐性あり?

    • by Anonymous Coward

      前半同意。何が悪いのかわからない。

      • by Anonymous Coward

        遺伝子治療は後世にツケを回す可能性があるからな。

        • by Anonymous Coward

          似たような話として、iPS細胞で子供を、という発想があり、
          それについて同性カップルが議論していたのですが、
          「私たちがすでに死んでしまって、責任をとれなくなった後も、子々孫々に受け継がれる。そのことも考えなければならない」
          ということになり、今は判断すべき時ではないとしていました。

          #Nスぺでやってたのだったかな?

      • by Anonymous Coward

        被験者の同意があればいいだろうけど、生まれてくる子供が同意してるわけないしね。

        先天性で病気になるのはしょうがないけど、それが人為的なものだったら腹は立つわな。
        自分なら親と研究者を恨むわ。

      • by Anonymous Coward

        都合の良い民族を抱える国は倫理観無いもんな

      • by Anonymous Coward

        ゲノム編集は歴史が浅くて、リスクがまだはっきりとしていない部分が多い。
        将来的に問題が発生したりしても責任の取りようもない。
        そして対象となった当人の意志は一切関係ないときてる。
        これだけでも結構ひどいと思わないか?

      • by Anonymous Coward

        >十分実験されていれば
        だって全く実験されてないもの。
        今回が実験体第一号だよ?

        もしこの子が健康なまま大人になれて、もし順調に老人になれて、
        もし老衰で安らかに死ねたら、安全「かも」しれないって言えるだけ。

        十分な数の実験体が天寿を全うして、その結果が集計されるには、今から始めても100年以上かかるだろうて。

  • by Anonymous Coward on 2018年11月27日 14時07分 (#3521957)

    そろそろ頭がいい人とか、運動能力に優れた人が作りたくなってきたのでは?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      共産党に従順な人だろw

      • by Anonymous Coward

        先に従順な人の研究だな、頭がいい人が共産党つぶしかねないからw

        • by Anonymous Coward

          そんなもの日本人の遺伝子を取り込めばおしまいだろ。
          既に驚くほど従順じゃないか。

    • by Anonymous Coward

      脚の速い個体を作り出せたとしても本人にアスリート志望の意志がなければ宝の持ち腐れで終わるけど
      その点中国みたいな国なら強制的に従事させることもできそうだから効率はいいのかな

    • by Anonymous Coward

      AI脅威論みたいに,隔絶的に優秀な人間に対する恐れはないのだろうか
      # コーディネイターだっけか

    • by Anonymous Coward

      中国「アメリカだってやってるじゃん!」
      https://gigazine.net/news/20170803-first-us-human-embryos-edited/ [gigazine.net]

  • by Anonymous Coward on 2018年11月27日 16時49分 (#3522132)

    「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告
    https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseika... [mhlw.go.jp]

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年11月27日 17時38分 (#3522186)

    中国の研究者、遺伝子操作で双子誕生と主張 病院は関与否定 [cnn.co.jp]

    「研究は校外で賀建奎准教授によって行われた。同氏は学校にも生物学部にも報告しなかった。大学も生物学部もこれを認識していない」

    世界がどれだけ規制したところで裏でやる奴が出るだろうとは思ってたけど、見事にやりやがったな。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年11月27日 18時55分 (#3522247)

    例えば、極端な例で言うと『HIV耐性は付くけど細胞が癌化しやすい』とか、そういう副作用は無いのかな?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      副作用は全くの未知やね。

    • by Anonymous Coward

      確か今の遺伝子編集は関係ない所の遺伝子もそこそこ編集してしまうことが多いから、
      癌化リスクもだけど未知の遺伝病(遺伝子欠損)を獲得するリスクも高いんじゃないかな。

      まぁ生体として最重要なものは胎児のうちに機能不全起こして淘汰され生まれるまで行かないだろうし、
      生まれてそうまもないうちに概ね洗い出せるだろうし、時間が立ってから何かが発症するリスクはだいぶ減るんだろうけど…

    • by Anonymous Coward

      ドミノ倒しみたいで、一部分の編集でどこまで影響が出るのかわからいないってのが現状じゃないっすか
      あとCRISPR CAS9の遺伝子編集って100%正確じゃないってどっかで書いてたような。関係ない遺伝子も編集されてるかもしれないし。

      で、今回はHIVウイルス免疫ってことだからなんか白血球の関連遺伝子を編集したんっすかね。それって白血球の能力はそのままってこと?これもわからん

      一番ややこしいのはのこ双子が子供をもったらどうなるよ?ってことで

  • by Anonymous Coward on 2018年11月29日 6時35分 (#3523445)

    昨日の記者会見を見る限り、学術論文の発表もしないようだし施設や手法もはっきりしない。
    所属しいている大学もしらねといってる(これは責任回避かもしれないが)。
    なんか本当にやったのか怪しくなってきたな。
    STAP細胞やN線と同じ香りがしてきたぞ

    ここに返信
typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...