パスワードを忘れた? アカウント作成
13797909 story
バイオテック

年齢や職業・年収などを一切明かさず行われる「DNA婚活」 43

ストーリー by hylom
ディストピア感ある 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

今、若い世代の間で『DNA婚活』なるものが話題になっているそうだ。パーティー会場のテーブルには、互いのDNAの相性をパーセンテージで表示した数字が書かれている。この数字は事前に行った遺伝子検査を元に表示され、70%以上だと「相性がいい」としている。向かい合った男女は、年齢や職業・年収などを一切明かさず、DNAの相性だけをたよりに交流するのがルールだとしている(NHK)。

婚活サービス会社が根拠としているのが、免疫をつかさどる「HLA遺伝子」。HLA遺伝子には、1万以上の型があり、この型が「似ていない」男女ほど相性がよく「似ている」のは相性が悪いとされる。人はHLA遺伝子の違いを匂いとして感じることができ、スイスで行われた実験では、女性は、自分と型が似ていない男性の匂いほど魅力を感じるとしている。

また、HLA遺伝子の型が似ていない人どうしが結婚すると、免疫の強い子どもが産まれやすいという説もあるようだ。

  • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 14時33分 (#3537007)

    まあ、俺はO型なんでこんなの信じないがね。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 14時52分 (#3537019)

      このコメントのどこが面白いかと言うとですね、「血液型占いと同じくらい信用出来る」って言いつつ「まあ、『俺はO型なんで』こんなの信じないがね。」と相反することを言ってるところですな。

      • by Anonymous Coward

        そういうネタなんじゃないの

        おもしろおかしいつけてあげて…

        • by Anonymous Coward

          血液型婚活は古くから実在していて、2010年にBBCでも取り上げられているんですが……
          http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/8646236.stm [bbc.co.uk]

          • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 17時33分 (#3537152)

            このコメントのどこが面白いかと言うとですね、「古くから実在」って言いつつ、その根拠が「2010年に」って新しいじゃねえか!というところですな。
            血液型の相性占いとか、もっと大昔からあるよな。

            • by Anonymous Coward

              能見正比古さんって1981年に亡くなってるのね。

              • by Anonymous Coward

                どこが面白いか解説できそうなコメント書けよw

            • by Anonymous Coward

              「婚活」は2009年の流行語なので、「婚活パーティー」自体の歴史は9年しかない。それまでは結婚相談所って言ってたからね。それを考えるとほぼ黎明期から血液型婚活パーティが存在していたことになる。DNA婚活に比べたら化石のように古い。

              • by Anonymous Coward

                >「婚活パーティー」自体の歴史は9年しかない。

                つまり「婚活パーティー」自体が新しいと。

      • by Anonymous Coward

        コメントがクレタ人のパラドックスになってる所にも気づいてあげてください。

    • by Anonymous Coward

      HLA typingは確かに相性に関連がありそうだけど、これだけだとねー。
      メチル化や発現データ、プロテオミクス、SNS投稿などを総合的に組み合わせてマルチモーダルで機械学習すれば精度が上がりそう。

    • by Anonymous Coward

      遺伝学とか嘘っぱちでしょう。
       
      両親ともにO型だけど、俺はAB型だし。

  • 意外とうまくいくかも (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2018年12月20日 14時48分 (#3537017)

    DNA婚活というものに魅力を感じるような、同じタイプの人間が集まるから、DNA関係なく気が合いやすいんじゃない?

    ここに返信
  • 確かにDNA婚活というものはあるのだろうけど、NHKの報道まで聞いたことは無いぞ。
    またごく一部の集団現象を針小棒大に宣伝まがいの報道をしたのか。
    こんな疑似科学まがいの商売をNHKは紹介してどうしたいのだろう。

    p.s.
    ひがみじゃないです

    ここに返信
  • HLA遺伝子には、1万以上の型があり、この型が「似ていない」男女ほど相性がよく「似ている」のは相性が悪いとされる。人はHLA遺伝子の違いを匂いとして感じることができ、スイスで行われた実験では、女性は、自分と型が似ていない男性の匂いほど魅力を感じるとしている。

    つまり「こんな奴の臓器を移植されるくらいなら死んだ方がまし!」っていう相手の臓器ほど移植適合性は高いってことか。こりゃそのうち臓器ハラスメントとか発生しそうだな。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 14時50分 (#3537018)

    科学用語を散りばめた星占い程度の話にしか俺には見えないが、信憑性はあるのでしょうか?
    HLA遺伝子というのが男女の仲をほぼ決定論的に支配する、という科学的知見があるならともかく、あるかないか分からない程度の影響しかないのであれば、これはただの詐欺ですよね。
    こういう話には懐疑的な見方をするのがあるべきジャーナリズムのあり方で、科学的におかしな話であれば注意を促すのがマスコミの役割だと思うのですが、今回は大丈夫なのでしょうか?

    業者がシャレでやってることのようにも思えるけど、、、それにしてはその道の専門家まで呼んで証言させたりしてるしね。
    過去にいろいろやらかしてますよね。なんとかゴーチとか。奇跡のなんとかとか。この手の話になると、NHKはころっと騙される印象しかないんですが。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 15時21分 (#3537037)

      > 免疫の強い子どもが産まれやすいという説もあるようだ
      これって、膠原病を含む、自己免疫疾患のリスクが増すともいえませんかね。

      花粉症だって、適当に受け流していればいいのに、いちいち免疫系が応答するから発症するのでは?と思うと冒頭の引用部が真なら、今の時代にはあまり有用とは言えないのではないかと思いますが……

    • by Anonymous Coward

      匂いで分かるなら、近親婚を自然に避ける役割を担っているかもしれんね。
      まだ slashdot.jp だった頃にそんなトピックがあったように記憶してる。

      • by Anonymous Coward

        妹の部屋が床下で猫が死んでるじゃないかってくらい臭かったんだけど、
        他所の男にはよくモテていた。なんとなくそういうことなのかなって。

        • by Anonymous Coward

          そりゃあ、男達にとっていろいろと好ましいと思える点があったのでしょうね。

    • by Anonymous Coward

      婚活イベントの公務員限定とか自衛官限定とかアニオタ限定みたいな色々あるイベントの一つに過ぎないですよね
      それにそこまでして結婚したいんでしょうか、純粋に疑問ですわ

    • by Anonymous Coward

      それこそ科学用語でそれっぽく見せた占い程度の話だと思います。
      その上で言えば、お見合いで一時間二時間喋ったってこの人と合うかしら、なんて判断
      なかなかできないから(たまに「明らかに合わない」って判断できることはありますが)
      占い程度のネタでも「とりあえず付き合ってみよう」と思わせるきっかけになれば、ってことなんじゃないでしょうかね。
      昔から言うでしょ、「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」って。その昔に比べて社会が
      ちょっと理屈っぽくなった現代では背中を押す理由も少し理屈っぽくなる必要(それっぽく
      聞こえるなら科学的に正しいかなんて実質どーでもいい)があるのかもしれません。

      DNA婚活の目的は科学的検証じゃないんです。嫁/婿がみつかりゃいいんです。

  • と結婚生活が上手くいく。は同値ではないような。
    ダメ男に何度も絆される人って居るよね。ドラマでは?
    ここに返信
    • 臭いは皮膚の常在細菌がタンパク質を分解することによって発生する
      どのような常在細菌がいるかは、その人に遺伝子で決まる
      同じ臭いがする人は遺伝子が似通っていて、近交係数が高くなる可能性が高い
      文字も言葉もなかった原始の人間が丈夫な子孫を残すための手段として臭いを使った

      といった説をどこかで読んだ気がした。
      竹内さんだったかな
    • by Anonymous Coward
      どんなに結婚生活が上手くいく組み合わせであっても
      そもそも結婚しなければ結婚生活が上手くいくことはないので
      単純に魅力を感じる組み合わせよりも結婚生活が上手くいく可能性は低い
    • by Anonymous Coward

      ダメ男に何度も引っかかるのは、認知の歪み(恐怖や不安を恋のトキメキと勘違いしてしまう問題)なので、ちょっと違うかと。

  • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 15時30分 (#3537048)

    女「チェンジ」

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 15時39分 (#3537055)

    DNA全体での一致度が70%以上だと相性がいいとかだったりして

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月20日 16時30分 (#3537096)

    影響力の武器という本にに、イベント前に女性の膣の匂いを男どもに嗅がせると、ブスの女でも男は選んでしまうという研究結果が書いてあった
    これ使えばいい
    (元の論文を見たいな...)

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年12月21日 11時14分 (#3537487)

    DNA情報だけじゃないでしょ

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      「婚活パーティに参加している」という時点で、DNA情報だけじゃないですね。

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...