パスワードを忘れた? アカウント作成
13821311 story
数学

ガリバー旅行記に登場するリリパット人やブロブディンナグ人に関する生理学的試算 35

ストーリー by hylom
真剣な計算 部門より
headless曰く、

ジョナサン・スウィフトの小説「ガリバー旅行記」に登場するリリパット人やブロブディンナグ人の生理学的特徴について、日本学術振興会学術システム研究センター顧問の黒木登志夫氏が試算している(論文Ars Technica)。

ガリバー旅行記では主人公のガリバーが小さな人々の国「リリパット」や大きな人々の国「ブロブディンナグ」を訪れる。論文では小説の描写からリリパット人の身長をガリバーの12分の1、ブロブディンナグ人の身長をガリバーの12倍とし、それぞれBMI値を23と仮定した試算となっている。ガリバーの身長については小説で6フィート未満との描写があり、論文では当時のイングランド男性の平均身長とされる1.71mをガリバーの身長と仮定している。なお、リリパット人についてはガリバーが6人を片手でつかみ、うち5人をポケットに入れるなど、もっと小さいと思われる描写もみられる。

リリパット国の巻ではガリバーとリリパット人の身長比を12:1として、ガリバーはリリパット人1,724人分の食糧が必要だと説明されている。これは身長比の3乗(1,728:1)の書き間違いか計算ミスだと思われるが、人間が必要とするエネルギー量が体重の3/4乗に比例し、体重が身長の2乗に比例することから、1日に必要なカロリーはリリパット人が57kcal、ガリバーが2,400kcal、ブロブディンナグ人が100,800kcalとなる。つまり、ガリバーに必要な食料はリリパット人の42倍、ブロブディンナグ人の42分の1だと論文は指摘する。

このほか、心拍数と呼吸数はリリパット人がガリバーの3.5倍、ブロブディンナグ人がガリバーの3.5分の1、寿命はリリパット人がガリバーの3.5分の1(ガリバーの寿命を60年としてリリパット人は17年)、ブロブディンナグ人が3.5倍(同210年)と試算されている。なお、リリパット人とガリバーの血圧は同じ(120mmHg)だが、身長が20mを超えるブロブディンナグ人は脳に血液を送る必要があることから250~880mmHgと推定されるとのこと。

論文では必要なエネルギー量から食料の量を割り出しているが、リリパット人やブロブディンナグ人の内臓もガリバーと同じ比率だとすれば、胃の容積はリリパット人がガリバーの1,728分の1、ブロブディンナグ人が1,728倍となる。そのため、ガリバーが満足する量の42分の1の食糧をリリパット人が食べることや、ブロブディンナグ人が満足する量の42分の1の食糧をガリバーが食べることは難しいと思われる。なお、リリパット人については、女性が12歳で結婚可能な年齢になるとの描写もみられる。

  • プロトコルではBiEndianが勝利したが、CPUはLittleEndianが勝利して痛み分け。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年01月23日 16時27分 (#3553086)

    > リリパット人については、女性が12歳で結婚可能な年齢になる

    > ガリバーの寿命を60年としてリリパット人は17年

    ということは、リリパット人は人間換算で42.35歳で結婚可能。
    全リリパット人が魔法使い化してるのか。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      1年で1歳としをとる、とは言及されていないのではなかろうか…

    • by Anonymous Coward

      ちょっとリリパット国まで行って嫁捜してくる

    • by Anonymous Coward

      プロブディンナグ人の寿命が210歳。
      作中に、「一番美しい、16歳になるお茶目な少女」の女官がガリバーに性的な悪戯をする話があるが、換算年齢で4.6歳並なのか、それとも実年齢56歳なのか...

      • by Anonymous Coward

        成人するまでは人間と同じ成長速度で成人してから老人になるまでの期間が長いってパターンもあるし。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月23日 16時53分 (#3553122)

    太い方か細い方か、どちらから食べるのか、統計取ってほしい
    # 個人的には、小さい方。だって口に入れやすい

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年01月23日 17時13分 (#3553143)

    リリパット人もブロブディンナグ人もホモ・サピエンスである可能性は極めて低いのだから、「人間が~」なんて類推が当てはまるはずないじゃん。

    特にBMI。
    リリパット人の体重470gは、単純に1/12^3倍した場合の12倍。(人間換算で800kg相当)
    ブロブディンナグ人の体重9,685kgも単純に12^3倍した場合の1/12。(人間換算で5.6kg相当)
    『ガリバー旅行記』で特に人間と体型が異なるという言及はなかったと思うので、この仮定が正しいならホモ・サピエンスとは体の密度が全く異なるということになる。

    ホモ・サピエンスどころか、おそらく地球生命と起源を異にする存在。(両方とも異星生命体?)
    なので、以降の計算は全て無意味。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      おっと、ブロブディンナグ人は気嚢で体重を軽くしていた可能性はあるか。
      ホモ・サピエンスではあり得ないけど、地球生命の系譜には属しているかもしんない。

    • by Anonymous Coward

      それ言っちゃおしまい
      まあ、体長が近い他の哺乳類で類推するのが妥当な気がしますね

      # ウルトラマンは異星生命体だから体重3.5万トンでも可

    • by Anonymous Coward

      体重は身長の2乗に比例、は3乗の書き間違いではなかったのだろうか?とすれば、身長が高くなると極端な痩せ型になるか、体の中が空洞ばかりでスカスカになるか、構成する物質が比重の軽いものばかりになるか…どうなっているんだろう?

      • by Anonymous Coward

        「体重は身長の2乗に比例」というのは、BMIからです。
        ホモ・サピエンスに限った場合、背の高い人は相対的に痩せ型、背の低い人(+子供)は相対的に肥満型なのが標準体型なので。
        それを12倍も異なるリリパット人・ブロブディンナグ人に当てはめることが間違い。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月23日 18時02分 (#3553182)

    ラピュタや日本やフウイヌムもやれよ

    ここに返信
    • by minet (45149) on 2019年01月23日 19時13分 (#3553232) 日記

      ヤフーもね。
      フウイヌムは馬と比較?

      • by Anonymous Coward

        三章四章も、と言うかガリバー旅行記を読んだことがある人は少ないんじゃないかな。
        映像作品としては一章二章の作品が幼児向けを含めて多いし。
        全章読めば(子供向け作品ではなかったんだと)大人でも楽しめるはず。

    • by Anonymous Coward

      フウイヌムの国に住みたい

  • by Anonymous Coward on 2019年01月23日 19時14分 (#3553234)

    ラピュタ人は? ラピュタ人はどうなの?

    ここに返信
    • by monyonyo (43060) on 2019年01月24日 2時50分 (#3553484)

      ラピュタ人はただの人では。

      • by Anonymous Coward

        ラピュタ人も色々変ってますね。
        国王や貴族などのラピュタ人男性は、数学と音楽のみ卓越しており、天体の音楽を聞く能力があり、応用方面の技術力皆無で、思索に耽ると五感を失うほどに没入してしまい、常に杞憂に怯えていて、あと何だったっけ。
        主人公と、筋の通った問答ができたのは職人だの召使だのといった賤民ばかりという。

        # 女性についての記述は、省略。

    • by Anonymous Coward

      そういやふらいんぐうぃっちの世界では大昔、空飛ぶ鯨の上で暮らしてた人たちがいたらしい。

  • by Anonymous Coward on 2019年01月23日 20時31分 (#3553296)

    創作の事柄を現実に照らし合わせて分析するってネタはすでに既出だよね。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      キリスト教の聖書や、イスラム教のコーランでもやって欲しいネタ。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...