パスワードを忘れた? アカウント作成
13851943 story
バイオテック

中国で生まれた「ゲノム編集双子」、遺伝子編集の効果で「賢くなる」可能性 14

ストーリー by hylom
スーパーヒューマン 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

昨年11月、中国の研究者らが人間の胚に対し遺伝子編集を行いHIV耐性を持つ子供を誕生させたことが報じられた。その後この発表は事実と確認されたが(過去記事)、この遺伝子編集の副次的な効果として「賢い」人間が誕生する可能性があるという(朝日新聞ナゾロジー)。

問題となっている遺伝子編集では、HIVの感染を助ける「CCR5」という遺伝子を働かないような処理が行われたとされるが、このたび別の研究者らによって、脳に損傷が与えられた後の神経回路の回復にCCR5が関わっている可能性があることが報告された(Cell誌掲載論文)。CCR5の働きを抑えることで神経細胞の回復が促進され、また外傷性脳損傷が起きた場合の認知能力も改善したという。

また、マウスを使った実験でCCR5遺伝子を切り取ることで「マウスが賢くなる」ことも確認されているという。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2019年03月04日 13時59分 (#3574329)

    だれかおしえてや。

    • by Anonymous Coward on 2019年03月04日 14時33分 (#3574346)

      wikipediaソースですマンガ
      >正常な免疫機能におけるCCR5の正確な役割は不明であるが、CCR5は感染に対する炎症応答に対して役割を果たしている可能性がある
      この子たちによって詳細が判るかもしれないですね
      (明らかに人体実験)

      親コメント
  • by the.ACount (31144) on 2019年03月06日 14時44分 (#3575958)

    進化でそうなってないんだから、ぜってー欠陥があるぞ。

    --
    the.ACount
  • by Anonymous Coward on 2019年03月04日 14時06分 (#3574334)

    中国はわからんが、とくに日本じゃだめだ。

    • by Anonymous Coward

      バカを装えるようになるとましかも。
      いや装うだけじゃつらみは低減されないか。

    • by Anonymous Coward

      俺の友人には賢いやつが多いけど、べつに生きにくいわけじゃなさそうだぞ
      難しい学問や芸術も理解して楽しそうだ

    • by Anonymous Coward

      自分で言うやつは…

  • by Anonymous Coward on 2019年03月04日 14時20分 (#3574336)

    おはかに はなを あげてくれると うれしいです

  • by Anonymous Coward on 2019年03月04日 15時08分 (#3574363)

    生きてる人間を賢くする薬ならよいけども、
    これから生まれる子供、それも金持ちの子供だけ、とかだとまあそういう話になるよね。

    賢さと人情を両方高める遺伝子はないもんかね。

    • by Anonymous Coward

      物乞いの為に幼児を障害児にさせるよりはまし、とでも思ってたりして

    • by Anonymous Coward

      人情は後天的なものでは?、賢さも生活環境によっては人生後半に大輪の花ってのもありえます

      光る眼の子だったとしても、可愛い子には旅をさせろです。(3000里までは行かなくてもいい)

  • by Anonymous Coward on 2019年03月04日 19時58分 (#3574618)
    YASHAの世界が現実に

    #少女コミック連載だったのが悔やまれる
  • by Anonymous Coward on 2019年03月07日 10時59分 (#3576607)

    大賢者化計画ですか。フラグ立ちますよ。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...