パスワードを忘れた? アカウント作成
13888504 story
宇宙

ストラトローンチ・システムズの巨大航空機、初飛行に成功 46

ストーリー by hylom
今後はどうなる 部門より
AC0x01曰く、

故ポール・アレン氏が立ち上げた民間宇宙企業ストラトローンチ・システムズは13日、長らく開発中であった世界最大の巨大航空機「ストラトローンチ」の初飛行に成功した(CNNAFPSoraeSlashdot)。

この巨大飛行機は大型空中発射ロケットの母機となることを意図して開発されたもので、中古のボーイング747-400型機2機を結合した双胴型の機体となっている。製造元はスペースシップワンで知られるスケールドコンポジッツ社で、翼幅は約120m、全長約73m、重量約230tと世界最大のサイズを誇る。初飛行は2時間半に及び、予定通りの安定した飛行をみせたという。

同社では今後この機体にノースロップ・グラマンが保有する空中発射ロケット「ペガサスXL」を搭載して打ち上げを行うことを予定している。一方で、並行して開発されていた大型の空中発射ロケットは、計画が二転三転した後、ポール・アレン氏の死去後に開発が中止されており、同社の先行きは不透明になっている。

  • ウィキペディアだとエンジン、アビオニクス、フライトデッキ、ランディングギアといった部品は、ユナイテッド航空から中古購入した2機の747-400から取り出されたパーツを流用 [wikipedia.org]とありますし、機体の画像の胴体部分 [wikimedia.org]も747と誰も見間違わない形状に見えるのですが。胴体部分が新設計なら「2機を結合した双胴」とは言わないと思います。

    ここに返信
typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...