パスワードを忘れた? アカウント作成
13944650 story
アメリカ合衆国

SpaceX、打ち上げたロケットのフェアリングキャッチに初めて成功 8

ストーリー by hylom
目指せコスト削減 部門より

headless曰く、

SpaceXは25日、Falcon HeavyロケットによるSPT-2(DoD Space Test Program-2)の打ち上げミッションをケネディー宇宙センターLC-39Aで実施した(NASAの公式ブログWebキャスト動画プレスキットPDF)。

SPT-2は米空軍の宇宙ミサイルシステムセンター(SMC)が政府機関や民間組織と提携して実施されたもので、空軍研究所のDemonstration and Science Experiments(DSX)衛星やNOAAの観測衛星コンステレーションCOSMIC-2(NOAAのプレスリリースにはケープカナベラルからの打ち上げと記載されている)、NASAの4つの実験機器などを含む合計24機の宇宙機を3つの異なる軌道に投入するというミッションだ。今回の打ち上げでは4月のArabsat-6Aミッションで使用・回収されたサイドブースターが再使用された。

打ち上げが行われたのは東部夏時間25日2時30分。打ち上げ後順次ペイロードを予定軌道に投入していき、3時間34分後には最後のペイロードとなるDSXを予定軌道に投入して打ち上げは成功した。2基のサイドブースターはケープカナベラル空軍基地のLZ-1とLZ-2に着陸し、回収に成功した。一方、センターコアは大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」への着陸時に爆発し、回収は失敗した。イーロンマスク氏は、今回センターコアの回収に成功する確率は50%ぐらいだとツイートしていた。

SpaceXではキャッチャーボート「Mr. Steven」によるフェアリングキャッチたびたび挑戦しており、ヘリコプターからフェアリングを落としてキャッチする練習もしているが、イーロン・マスク氏のツイートによると今回初めて成功したそうだ。なお、ボートの名前は「Ms. Tree」となっているが、特に説明はないようだ。元々マスク氏はMr. Stevenの名前は適当だと述べており、単に名前を変更しただけだとみられている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2019年06月28日 6時35分 (#3641827)

    フェラリングキャッチ?
    なんかエロそう

  • by Anonymous Coward on 2019年06月28日 9時53分 (#3641885)

    回収部隊の飛行中に自動ドッキングできたら、日本漢のロマン。
    乱気流処理が大変そうだけど。

    ♯ タイトルだけ見ると、少しはエロいか

  • 噴射炎をバリアにするって面白いよな

    • by Anonymous Coward

      んでも噴射時間短いから、実際の所は速度落とすのが主じゃないのかな。
      大気内降下中は着陸前まで噴射してないし。ブーストバック中は大気圏外だろうし。
      センターコアステージはブーストバックしないからまた違うのかなー?

      センターコアステージの着艦成功率は1/3になっちゃったね。まだまだ難しいのかな。
      中継でも難しいと言ってたし、コケて爆発してるのも「あー、やっぱり」みたいなスタジオ雰囲気だったw
      TVC喪失ってことはまた燃料切れとかなのかな。寸前まで来てたから惜しいことでした。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...