パスワードを忘れた? アカウント作成
14127056 story
アメリカ合衆国

トランプ政権、「大気中の二酸化炭素量増加は有益」と主張? 68

ストーリー by hylom
未来より今が大事? 部門より

Anonymous Coward曰く、

米トランプ政権は、「大気中の二酸化炭素の増加は有益である」という、誤解を招くような表現を使った政治的キャンペーンを実施する計画だという。New York Timesが入手した内務省関係の文書から発覚した。

この表現は、米国の内務省の科学的研究などを含む9種類の文書に含まれており、米国の農業政策や水や鉱物と言った権利を決める上で重要な役割を果たすとしている。

これらは気候変動否定派のIndur M. Goklany氏が主導しているそうだ。同氏は気候科学について誤った拡大解釈を行い、「科学者たちは地球温暖化の速度を過大評価しているかもしれない」などと主張しているという。彼は二酸化炭素の上昇(地球温暖化を促進する主な要因)が「(二酸化炭素を取り込む)植物の水の利用効率を高める可能性がある」および「(二酸化炭素が増えることで)農業の成長期が延長され」有益であるとも話しているようだ(Slashdot)。

  • なら問題ない表現だろうね。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      長い目で見て本当に国益になるのかというあたりでは

      • by Anonymous Coward

        米国は農産物輸出でも稼いでるから利益は増加するでしょうね。
        ただ、気候が極端になるらしいので、被害も増えそうですけど。
        日本は農産物は輸入にかなり頼っているので、国益を損ねる部分は多いでしょう。

        縄文海進が進んでいたころって今よりも台風やハリケーンなどは強かったのでしょうかね。あるいは恐竜がうろついていたころとか、そういう古代の気象は検索してもそれっぽい情報がなくて、興味は沸いてもわかりませんでした。
        今中学生に転生したら、先生に答えにくい質問をして嫌われそうだw

        • by Anonymous Coward

          温暖化進行すれば、シベリアやカナダが大農業地帯になって
          アメリカは相対的にマイナスでは?

        • by Anonymous Coward

          私も前から興味ありました、温暖化すると気候が極端になるという話。
          当時の鳥(恐竜)は頻発する暴風雨の中飛んでいたのか、ちゃんと生活できていたのか、心配してます。

          あとは単純に気温の話ですが、
          氷河期の現在でも赤道付近は暑いのに、当時の赤道付近はさら暑いのでしょうから、そんな環境でも植物や動物が生息できていたのでしょうか。
          生息していたとしたら、現存する生物に無い優れた放熱機構を持っていたのではないかとか、興味が尽きません。

          • by Anonymous Coward

            スピノサウルスとかステゴサウルスみたいに放熱板をもってた恐竜はちらほらいますね。

      • by Anonymous Coward

        植物は良くてもプランクトンへの影響があるんじゃないかな。

        特にビタミン系は地球上でプランクトンしか生成してないのがいくつかあるから、光合成できない動物全滅って割とあり得るシナリオだと思う。

        • by Anonymous Coward

          > 特にビタミン系は地球上でプランクトンしか生成してないのがいくつかあるから、光合成できない動物全滅って割とあり得るシナリオだと思う。

          だとしたら、昔はもっと二酸化炭素が多かったらしいので、その時点で動物全滅してるのでは?

    • by Anonymous Coward

      ソース読んでないけどどうせこれ。
      他国にCO2削減させといて、自国ではその分CO2排出するのが、国益にかなっているとかってことでしょ。
      トランプ政権の外交力は、それを可能にする、と。

      • by Anonymous Coward

        属国ならどんな政策も支持するから可能だな。

  • 否定するなら、論理的に、或いは証拠をつけて。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2020年03月05日 9時26分 (#3773547)

      過去、大気中の二酸化炭素濃度が今よりも高かった時代(10億年前で100倍、1億年前で4倍)には、地球環境の破壊は認められなかった。
      しかし、近年急激な二酸化炭素濃度の低下に伴って環境破壊が発生するようになり、
      現在もなお二酸化炭素濃度の低下は続いており、環境破壊の深刻度も総数も比例級数的に増加している。
      二酸化炭素濃度の低下と地球環境の破壊には相関関係が認められる。

      #一部には二酸化炭素を嫌う生物の増加が環境破壊の主因である。という意見も見受けられる。

      • by Anonymous Coward

        昔々は「酸素なんて公害出す奴等は出ていけー」って話があったかも知れず。

        CO2だろうがNOxだろうが、それを活動源とするように進化しちゃった奴等にとっては有益なもの。

        • by Anonymous Coward

          新井素子のグリーンレクイエムを読もう

    • 恐竜時代、現在より2酸化炭素が多く光合成も現在より活発で、植物は巨大化しました。

      ところが、植物は巨大化したにもかかわらず、栄養は糖類のみ増えるだけで、他のものが相対的に少なく、草食恐竜はより多くの植物を食べないとならなくなり巨大にならざるを得なかった。
      恐竜の巨大化は「栄養不足によるもの」という考え方が出てきています。

      トランプ政権の主張は、人類を栄養不足にすることかもしれません。

    • by Anonymous Coward

      「科学者たちは地球温暖化の速度を過大評価しているかもしれない
      うん、単なる宣伝かなんかだとして聞き流すのが無難な話だね。
      乗ったのがアメリカの大統領とかでなければ騒ぎにもならんだろう。

      • by Anonymous Coward

        「地球温暖化の速度を過大評価している科学者もいる」
        正しい言説にはなるが、何を主張したいかは曖昧になるな。

        • by Anonymous Coward

          実はその一行だけで発言者がかなり無責任な放言しているだけって判るんだな。
          少々は翻訳による影響も有るのかもしれないが。

    • by Anonymous Coward

      地球温暖化の有益と有害では有害の方が影響が大きい。
      ただ地球全体の話なので、アメリカのことだけ考えるなら有害の影響は少ないかも?

      • by Anonymous Coward

        海水位が上がればトランプ氏のリゾートを含めてフロリダ州の南部が真っ先に水没しますがよろしいか。

        • by Anonymous Coward

          その頃にはトランプはもうこの世にはいないだろうけど。もちろんおれたちも。
          そんなものは沈むときの人たちが考えればいいんじゃね(ハナホジ

      • by Anonymous Coward

        結局これ。
        物事にはメリット・デメリットがあって、それらを比べてどうするかって話で、
        メリットは何事にもありうる話。
        さらに、「誰にとってのメリット・デメリットか」の話もあってややこしい。

        • by Anonymous Coward

          この前のマスクスレでもそうだけど、その受益主体を示す主語無しに話すと炎上するだけ。

    • by Anonymous Coward

      「誤った拡大解釈」、はい論破!!

      これじゃメクソハナクソと言わざるをえない。
      言わざる負えない。
      いわざろうえない。

    • by Anonymous Coward

      論理的に説明したり証拠資料を出しても読まない理解しないのは確実なので、実証すればいいんじゃないでしょうか。

      最初にあなたの部屋の二酸化炭素濃度を高めてみるとトランプの言っていることが間違っているとわかるでしょう。
      いや、わかったときには、あなたはもう気候変動とか地球温暖化とか有効だとか有害だとか、そんなの関係ない状態になりますけれど。(死ぬってこと)

      気が付いたときにはすでに遅し。取り返しのつかない状態に。
      地球だって同じですよ。

      部屋の中の観賞植物か元気になるんだからいいだろ!
      って言い張るなら、もう止めはしない。

      • by Anonymous Coward

        ○○の気体濃度を高めて・低めてみれば死ぬ、と言ってるのと同じだと言えば自分の例えが極めてアホな事がわかるかな?
        アホの例えは本質から外れて間違ってる上に、酸素やら窒素やらも規制するのかというしょーもない揚げ足とられて議論が発散するだけで有害でしかない

        • by Anonymous Coward

          論理的に話したり証拠を示したりしても、話聞かない読まない理解しないあなたみたいな人のために、少し遠回しにそう書いたんですが、やっぱり理解しないんですね。

          やっぱアホ相手にすると時間の無駄ですね。

          • by Anonymous Coward

            二酸化炭素の増加が原因と考えられる地球温暖化の話に置いて、「部屋の中の二酸化炭素濃度が上がれば死ぬ(=だから二酸化炭素の増加はまずい)」という例は、他の気体でも同じだから論理性が全く無い、という指摘がアホだから分からない
            君が例えを考えることがまさに時間の無駄

          • by Anonymous Coward

            仮定「「大気中の二酸化炭素濃度の増加は有益」ではない」
            実証「部屋の二酸化炭素を上げると人は死ぬ」

            有害性があることは、有益性があること(仮定)を必ずしも否定しないので論理的ではない
            文脈的に出すべきものは有益性より有害性の方が勝るという論理・証拠であることを理解できていない
            二酸化炭素濃度で死ぬことは、他の気体の濃度でも同様な共通項なので、二酸化炭素に対しての例(非共通事項・特記事項)としての根拠に出来ず論理的ではない
            有害性にフォーカスした例を出すのは、有益性の有無と言う仮定からすれば的外れなことを理解できていない

      • by Anonymous Coward

        部屋の観葉植物?
        真っ暗にすれば呼吸するだけになるがよろしいか。

        # 植物だって呼吸をするときは酸素を吸って二酸化炭素を吐き出す。
        # 光合成で吸収する二酸化炭素・放出する酸素の方が多いので目立たないだけ。

        • by Anonymous Coward

          話の流れとして、そういう話は筋が違うんだ。
          ちゃんと理解して。

          植物の光合成には二酸化炭素が必要。だから二酸化炭素が増えると植物にとって良い。<トランプの考え>

          それならば二酸化炭素を増やしていくとよいのか? 植物は良いかもしれないが、酸素呼吸している動物は死ぬでしょ。

          真っ暗にすると植物も呼吸をして二酸化炭素を出すよ。<あなたの指摘>

          話の流れはちゃんと読もうな!

    • by Anonymous Coward

      否定はしないけど追加情報は要求するよ。
      どこまでの増加なら有益なのか?
      不利益は無いのか?
      損益分岐の基準は?
      「有益」とは具体的にはどんな利益なのか?

  • by Anonymous Coward on 2020年03月05日 10時22分 (#3773588)

    「見知らぬ明日よりも今日が好き」って言いますもんね。

    #日に日にまぬけになるのはいかんと思うが。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年03月05日 11時13分 (#3773621)

    大気中の二酸化炭素の増加は『大統領選で』有益である

    です。気候変動を気にするのは、端からトランプ不支持のリベラル層なので
    そこを取り込む必要はないということですね。
    オーストラリアみたいに実害がはっきりしてこないと、保守層もCO2削減には傾かないでしょう。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年03月05日 12時37分 (#3773660)

    なんにでも通じるやんこんなの
    しかも何でもありのアメリカ大統領選挙
    ソースが微妙すぎる

    ここに返信
typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...