パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年7月22日のサイエンス記事一覧(全4件)
14245660 story
地球

口笛の世界大会も初のオンライン開催へ。初代チャンピオンになる最初で最後の機会 20

ストーリー by nagazou
口笛ギルドなのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

口笛奏者団体「国際口笛演奏家ギルド(IWG)」は、新型コロナの影響で中止になっていた世界大会の代替として、動画投稿による「第1回グローバル・ウィスリング・チャンピオンシップ」を開催することに決めたそうだ。第一回とあるとおり、オンラインイベントはこれば初めてという(オリコン)。

参加方法は課題曲等は無く自由。口笛で演奏した4分以内の動画を提出し、プロ3人の専門家の採点によって25人が本選に進出。動画はYouTubeで公開され、最終決戦は一般投票も受け付けるとのこと。

口笛は世界的に見ても専業演奏家が少ないそうで、国際大会があっても、費用や仕事の兼ね合いで参加をしなかった人も多かったらしい。口笛奏者として世界デビューするにはいい機会かもしれないような気がしないでもない。

14246944 story
idle

職質されても責任は負いかねる。危険な雰囲気の水筒(一酸化二水素=ジヒドロゲンモノオキシド用) 60

ストーリー by nagazou
久しぶりにこのネタ見たなあ 部門より
ある水筒がTwitterで話題になっているそうだ。この水筒はもにゃゐずみ(@Monyaizumi)さんが制作したもの(Jタウンネット)。

元ネタの画像を見てもらうと分かるが、この水筒はちょっと見では化学薬品のようなデザインの容器。しかし、よく見るとTwitterなどの釣りネタとしてポピュラーな「一酸化二水素」とようするに水の容器であることが示されている。もちろんジヒドロゲンモノオキシド、DHMO表記も安定採用だ。使用上の注意も長い文書で記載されているものの、その中身は「手などの皮膚に長時間触れるとふやけて剥離することがあります」といった常識的なものであるらしい。
14246694 story
ニュース

「ノストラダムスの大予言」の五島勉氏が6月16日に亡くなっていたことが判明 37

ストーリー by nagazou
教室の本棚によく置いてあった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

文春オンラインによるとノストラダムスの大予言で知られる五島勉氏が亡くなっていたそうだ。90歳だったという(文春オンライン)。

6月上旬に体調が悪化して入院、食事が取れなくなりそのまま6月16日に逝去したそうだ。1973年11月に出版された「ノストラダムスの大予言」は、1999年7月に人類が核戦争などによって滅亡するという予言と、20世紀末の米ソ対立などの世紀末的なご時世などもあってブームに。本も250万部以上も売れたという。ちなみに予言シリーズは全部で10作あったそうだ。

14246789 story
アメリカ合衆国

マンガンを食べる細菌が発見される。水道管を詰まらせる原因かも 28

ストーリー by nagazou
新発見は身近にある 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

金属のマンガンを食べる細菌が発見されたそうだ。カリフォルニア工科大学のジャレッド・リードベター教授が「偶然」見つけたものであるらしい(CNN)。

ある実験でマンガンを使用し、それを地元の水道水に入れたまま数ヶ月別の場所に出かけ、戻ってきたところガラス容器が黒ずんだ物質に覆われていたという。これを調べた結果、容器を覆っていた黒いものは酸化マンガンだったそうだ。今回、新たに見つかった細菌によって作り出されたものだという。マンガンを食べる細菌が見つかったのはこれが初めて。教授は水道管を詰まらせる酸化マンガンの原因はこうした細菌なのでは無いかとも指摘している模様。

typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...