パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2022年6月4日のサイエンス記事一覧(全2件)
15683395 story
テクノロジー

リンナイ、水素100%で稼働する家庭用給湯器を開発 48

ストーリー by nagazou
両対応はすごいな 部門より
リンナイが水素だけを燃料とする世界初の水素給湯器の開発に成功したそうだ。水素とガスを混ぜて燃やす技術はこれまでもあったが、水素100%は今回が初めてであるという(リンナイリリース時事ドットコム日経新聞)。

水素は燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないといった特徴がある。水素給湯器では「爆発の危険性」「不安定な燃焼」が課題となっていた。また水素の燃焼速度が速いことから、バーナー付近で水素が燃える「逆火」が発生しやすいといった問題もあったという。同社はこれらの問題をガス機器開発で培った燃焼技術や流体制御技術を用いてこれを解決したとしている。開発された水素給湯器は既存のものと同様に、天然ガスでも稼働させることができるとのこと。水素インフラの整備が進む英国やオーストラリアなどで2030年ごろに投入する計画であるとしている。
15687335 story
NASA

NASA、米宇宙船にロシアの宇宙飛行士が乗る国際宇宙ステーションへのクルー輸送ミッションを実現したい 14

ストーリー by headless
半々 部門より
NASA はロシアのウクライナ侵略による緊張が高まった現在も、SpaceX の Crew Dragon 宇宙船にロシアの宇宙飛行士が乗る国際宇宙ステーション (ISS) 輸送ミッションを実現したいと考えているそうだ (Ars Technica の記事)。

米民間機による ISS へのクルー輸送が可能になり、NASA は高額なソユーズの座席購入する必要がなくなった。それでも NASA とロスコスモスは、引き続きソユーズに米宇宙飛行士が乗る一方で、米民間宇宙船によるクルー輸送ミッションにロシアの宇宙飛行士が乗る「座席交換」を計画しているという。

現在、9 月に NASA のニコール・マン宇宙飛行士がコマンダーを務める Crew Dragon 宇宙船の Crew 5 ミッションにはロスコスモスのアンナ・キーキナ宇宙飛行士が搭乗を予定しており、ロスコスモスのセルゲイ・プロコピエフ宇宙飛行士がコマンダーを務める同時期のソユーズ MS-22 ミッションには NASA のフランク・ルビオ宇宙飛行士が搭乗予定だ。キーキナ宇宙飛行士の Crew 5 ミッション搭乗が実現すれば、2002 年のスペースシャトルミッション以来初めてロシアの宇宙飛行士が米宇宙船に搭乗することになる。

キーキナ宇宙飛行士はミッションに向けて先週ヒューストンを訪れており、6 月には再び訪米予定だ。しかし、座席交換の実現に関する両政府の公式な決定はまだ出ていないという。ヒューストンの ISS プログラムマネージャー、ジョエル・モンタルバーノ氏によれば、ロスコスモスはロシア外務省との合意を得てから首相の承認を得る必要があり、それから米国務省が承認するという手続きになるそうだ。

座席交換の実現は外交上の利点だけでなく、ロシアの宇宙船を利用することで西側のクルーを常に少なくとも 1 名は ISS に配置し、クルー交代の間も設備を稼働し続けられるという利点がある。ウクライナでの緊張を受けてその実現性には疑問符がついているものの、現時点では完全に半々といったところのようだ。
typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...