パスワードを忘れた? アカウント作成
16126306 story
月

スマホで撮影された月、実は合成画像? メーカーは否定 85

ストーリー by nagazou
判断が難しい時代に 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日本全国で皆既月食が観測された11月8日、SNSではスマホのカメラで撮影された月の画像が数多く投稿されたが、その中には妙に鮮明な写真があり、月の画像素材がAI合成されたものではないかとして月撮影モードの存在が話題となっている(refeiaさんのツイート)。

月撮影モードは主にHUAWEI、Xiaomi、vivoといった中華系スマホのハイエンドモデルで「ムーンモード」や「スーパームーンモード」の名称で標準搭載されている。HUAWEIの場合、AIカメラで10倍以上のズーム中に対象を月と認識すると自動的にムーンモードに切り替わる。

2019年に「Huawei P30 Pro」で初めてムーンモードが搭載された際にも、あまりに月が綺麗に撮れることから撮影画像と素材画像を合成しているのではないかとして議論の的となっている。当時HUAWEIはAndroid Authorityの取材に対し、画像の置き換えを否定した上で、「機械学習の原理に基づいて、カメラはシナリオを認識し、フォーカスと露出を最適化して、形状、色、ハイライト/ローライトなどのディテールを強調します。」とコメントしている。

2021年には、Samsung Galaxy S21でも合成処理が行われているとの指摘も出ている。PCモニタに映し出した逆さまの月の画像をS21で撮影すると、正しい向きに補正された上で元画像にはなかったクレーターが追加されるというものだ。当時サムスン電子は朝鮮日報の取材に対し、人為的な合成を否定した上で、「AIが撮影するシーンを自動的に認識してカメラの設定値を調整してくれる『シーン最適化技術』、線やパターンのディテールを生かす『AI復元技術』などを活用して撮影された画像を補正した結果です。」とコメントしている。

メーカーが否定しているにもかかわらず、その不自然なまでの綺麗さから素材合成説は絶えない。むしろヘビーユーザーの間では疑惑というより既知の事実として語られている向きすらあるようだ。

なお、皆既月食で月撮影モードを利用した場合、AIが対象を月と認識できずモードが解除されてしまったり、赤銅色であるはずがいつも通りの白銀色になってしまう(作例)といった報告が出ている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 何で月だけ?感あるけど全然あり得るっちゃあり得る話だな
    最近はやりのAIお絵かき系ソフトに使えばある程度汎用にもできるのかも
    超解像とかの一種と言えるんかな

    それで部分食状態が三日月でとして補われるっての面白い
    素人が絵だけ見たらわかんねーよなぁ

    赤い月が白くなっちゃうのはオートホワイトバランスならある程度仕方ないよね…

    • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 19時04分 (#4358639)

      フランスのUnistellar SAS社のデジタル天体望遠鏡eVscopeっていうのが、あらゆる星像を画像処理しているという触れ込みです。
      なんかすごくウソっぽいんですが、最新機種はニコンと共同開発なのでまるっきりでたらめなわけでもなさそうです。
      旧機種は、明るすぎるため月は観測できませんとか、いろいろ突っ込みどころのある仕様でした。
      素人には内蔵の天体写真を電子ファインダーに表示されたとしても、真偽は気がつけないよなあ。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 19時32分 (#4358658)

      月だと常に同じ面が見えるので、月の輪郭(満ち欠け)を認識できれば綺麗に合成できるからじゃないでしょうか
      多分裏側からとっても表側で補完されるに違いない

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        ある程度欠けている通常の月と、月食の時の同じくらい欠けている状態では欠け方も違うし、太陽に照らされている角度も違うのでクレーターの影の長さとかも違うのでばれたんですかね

        • 今回のストーリーのきっかけとなったツイートが、まさにそのことを指摘したものですよ。

          三日月状に欠けた月食を撮る(正面からの光なのでクレーターの陰影は見えないはず)
          →AIが普通の三日月と勘違いして合成
          →無いはずのクレーターの陰影が描写される

          横から光が当たってクレーターの陰影が描写されている表現の例。次↓には普通のカメラで月食を撮った例を

          と、今回の月食を撮影した、スマホによるクレーター陰影付月面画像と、デジカメ撮影のっぺり月面画像を挙げてます。

          親コメント
    • by Anonymous Coward

      AIとして月はこういうものだって基準データがあるんだろうから、補正を入れればそうなるでしょ。

      ゲームセンターのプリント倶楽部の補正と同じでしょ。

    • by Anonymous Coward

      なぜ月だけなのか?
      理由は簡単、
      ・天体は姿がほとんど変わらない
      ・スマホのカメラで届く天体が月と太陽くらいしかない
      ・太陽はただの白い丸なので除外された

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 17時12分 (#4358556)

    空が曇っていても完璧な月の写真が撮れるんですよ

  • AIによる人為的合成ですね、ありがとうございます

    2021年には、Samsung Galaxy S21でも合成処理が行われているとの指摘も出ている。PCモニタに映し出した逆さまの月の画像をS21で撮影すると、正しい向きに補正された上で元画像にはなかったクレーターが追加されるというものだ。当時サムスン電子は朝鮮日報の取材に対し、人為的な合成を否定した上で、「AIが撮影するシーンを自動的に認識してカメラの設定値を調整してくれる『シーン最適化技術』、線やパターンのディテールを生かす『AI復元技術』などを活用して撮影された画像を補正した結果です。」とコメントしている。

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 17時19分 (#4358563)

    AIが露出やら色々最適なパラメーターを設定するだけで実際のビットマップには手を加えてない、ってんなら合成じゃないよね。
    でもAIが何らかの形でビットマップ自体を編集してるならその意図がなくても合成だよね。
    その意味ではメーカーのコメントも否定してなくない?
    そしてやってるでしょそりゃ。

    昨今のお絵描きAI見りゃ分かるけど月っぽい画像から月そのものを再現するってのは難しくない。
    まぁ自分にはできないけどできる一般人は転がってるレベル。
    当然「AI補正」なんてやってりゃそうなるわ。
    だから余計ないことせずセンサーに忠実にやれって声があって、そういう誠実なメーカーもあるんでしょ。
    そういう機種にはレビュワーや雑誌の評価は低い点を付けがちだけど写真ってのはそういうもんだと思うわ。
    少なくとも裁判の証拠に使えるのが写真でしょ、普通に。

    • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 20時11分 (#4358676)

      AI処理言うけど、定義がフワッとしすぎなんだよね

      「露出補正・色調補正・HDR処理」と「物体認識・画像コラージュ」のどっちも機械学習ベースならAI処理で一括りなのが納得行かない

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        AIという単語自体がふわっと使われちゃってますから…..

    • by Anonymous Coward
      パラメーター弄った結果でビットマップのRGB値は弄らないなんてのはムリでは
      というかそのパラメーターはどこに反映するつもりなのか。
      • by Anonymous Coward

        AIはビットマップをピクセル単位でアクセスするようになってなくて、レンズの操作やホワイトバランスのような画像全体へに影響する処理の入力値だけ操作するってこと。
        それらの多くはフィルムカメラ時代から同等の調整が可能で、写真の内容自体を変化させない。
        つまり画像補正によって情報が失われない(厳密には白飛びとかあるけど)。

        なんて書いた方が良かったかは分からないけど確かに分かりづらいな。

    • by Anonymous Coward

      ビットマップには手を入れていません。イメージセンサによるビットマップ生成に手を入れています。んでこの処理はどこのメーカーもやってます。

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 17時29分 (#4358571)

    samsungの場合、韓国で月[ダル]+アルゴリズムでダルゴリズムと呼ばれてるらしい。 ぼかし処理した月画像を撮影しても鮮明なクレーターが出てくるとか。

    • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 21時58分 (#4358709)

      このツイートも伸びてましたね

      水を差すようで申し訳ないですが、Galaxyのそれは本國ではダルゴリズム(月[ダル]+アルゴリズム)と叩かれた機能です。
      月だと判断される物体を撮ったらAIが勝手に補正を入れます。
      画像はぼかし処理した月画像を撮影しても原木には無い鮮明なクレーターまで出てくることを検証した動画からのものです。 pic.twitter.com/7KXKOaWY6M [t.co]

      — Asagiri (@AsagiriTeru) November 9, 2022 [twitter.com]

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      そら演算でぼかし処理をしている場合は、逆関数で元に戻るってのもありうる話。

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 17時12分 (#4358557)

    月に顔があってその目玉にでっかい砲弾が突き刺さっているんだが

    • by Anonymous Coward

      お前は知りすぎてしまった

    • by Anonymous Coward

      映画を撮らないでください
      と思ったが
      月世界旅行は100年前の作品で著作権は切れてるから問題無かった

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 17時35分 (#4358576)

    美しい月は美しく、そうでない月はそれなりに、、、

    # つきがきれいですね

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 18時30分 (#4358621)

    そういう変な噂聞いたことない
    あくまで連写合成がベースで露出弄っても内容までは触ってないはず

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 18時48分 (#4358632)

    スマホカメラで夜空の写真をきれいにとるのは限度があるので、
    夜空の部分を、NASAや天文台の天文写真データベースの写真に入れ替えて、鮮明な夜空にすればいい

    せっかくのスマホのCPUパワーをつかわないのはもったいない

    • by NOBAX (21937) on 2022年11月11日 20時25分 (#4358682)
      雷門とか東京タワーなどと指定したら
      背景を入れ替えてそれらしく撮ってくれるモードがあれば
      いちいち旅行に行かなくても済む(違うか)
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        背景を入れ替えてそれらしく撮ってくれるモードがあれば
        いちいち旅行に行かなくても済む(違うか)

        え?アリバイ工作用じゃないの?

        # むしろ旅行に行ったことを隠したいみたいな

    • by Anonymous Coward
      JRや私鉄各社が形式写真を配布するサーバを立てて後はAIに風景と合成してもらえば
      撮り鉄の被害も減るのではないだろうか
      • by Anonymous Coward

        鉄道写真とるときに、人工知能で、歩行者や車、電柱を削除できればいいのにね
        そうすれば、場所取りとか失敗しても大丈夫

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 19時04分 (#4358640)

    月が鮮明じゃねーか!

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 19時30分 (#4358654)

    TwitterJPだってシャドウバンなど存在しないとさんざん言ってたし。だから今@TwitterJPのツイートがほぼ検索できないのも単なる偶然に過ぎず、対処すべき問題は何もない

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 21時07分 (#4358692)
  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 21時30分 (#4358699)

    月っぽいものを撮影すると
    月の画像に修正してくれる。

    • by Anonymous Coward

      月っぽいものを撮影すると

      代わりにお仕置きしてくれたり

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 21時38分 (#4358704)

    皆既月食がキレイに撮れるスマホはどれだ! iPhone、Pixel、Galaxyの最新モデルで比べてみた - ITmedia NEWS

     サムスン電子ジャパンに聞いてみたところ、そうした月の画像を生成/合成することはしておらず、あくまでもセンサーが捉えた画像をもとにAIで超解像を掛けているという。AI超解像もセンサーが直に捉えた画像とは違うのでは? という声もあるとは思うが、画像生成/合成とは異なるものだ。スペースズームは最先端の「コンピュテーショナルフォトグラフィー」の威力を思い知る一例となった。

    • by Anonymous Coward

      月の詳細な画像を確実に使わずに学習したAIがあるならまだしも
      普通に考えればそんなものはないので

      AIで超解像ってそれ丁寧な合成と何が違うんや?

      • by Anonymous Coward

        えーあいで機械翻訳するのと丁寧な翻訳位に違うのでわ

    • by Anonymous Coward

      「AIで超解像を掛けている」
      具体的に何をどうしてるか説明できないときにバズワードを並べる手口

  • by Anonymous Coward on 2022年11月11日 22時37分 (#4358720)

    いい加減認めるべき。
    学習したAIは学習元素材を内部に取り込んでしまうって。
    学習であって複写じゃないって主張は欺瞞にすぎないと。

    • by Anonymous Coward

      内部に取り込んだら学習じゃないとかいうことですか?
      日本語は難しいですね

      • by Anonymous Coward

        画像を画像として記憶してしまう、と言えばいい?
        よく知られた画像形式じゃないってだけ

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...