パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

肥満の時代、米国では動物の体重も増加を続ける」記事へのコメント

  • 日本婦女子もAカップから現在はC-Dカップが平均であろう。

    • by maia (16220) on 2013年08月25日 0時54分 (#2447532) 日記

      オフトピだが...

      マイナビニュース [mynavi.jp]

      1980年:Aカップ58.6%/Bカップ25.2%/Cカップ11.7%/Dカップ4.5%
      1990年:Aカップ32.3%/Bカップ30.5%/Cカップ21.4%/Dカップ10.0%/Eカップ5.6%/Fカップ0.2%
      1992年:Aカップ25.9%/Bカップ28.3%/Cカップ24.1%/Dカップ12.8%/Eカップ7.8%/Fカップ1.1%
      2004年:Aカップ10.2%/Bカップ27.8%/Cカップ27.8%/Dカップ21.5%/Eカップ10.0%/Fカップ2.1%/Gカップ0.6%
      2011年:Aカップ8.0%/Bカップ23.8%/Cカップ26.7%/Dカップ22.0%/Eカップ12.8%/Fカップ4.8%/Gカップ1.9%

      こういうデータがあるので、バストサイズが徐々にアップしているのは事実だろう。要因は1に栄養、2に(健康状態に関わる生活)状況ないし環境が良くなっていると考えるのが自然じゃなかろうか。ちなみに身長や体重は、1980年頃まで伸びていたようだが、特にバブル期以降は殆ど変わっていない。身長体重から見て早熟化の傾向があるわけでもないようだし、各世代別に見ても同じ(ソース [fc2.com])。40代~50代は若干身長が増える傾向があるが、体重は殆ど変わらず。

      要因の3は運動(ヨガとかストレッチングを含む)習慣かもね。メディアの啓蒙が普及しているせいで。

      親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...