パスワードを忘れた? アカウント作成
8037473 story
テクノロジー

犯罪者の再犯性が高いかどうかは脳スキャンで判断できる 31

ストーリー by reo
トゥルタラ 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

ニューメキシコ州の非営利団体 Mind Research Network の神経科学者 Kent Kiehl 氏らの研究チームは、フィリップ・K・ディックの SF 小説を想起させるような技術を開発した (Nature News & Comment の記事本家 /. 記事doi: 10.1073/pnas.1219302110 より) 。

この研究によると、意思決定や行動に関連付けられている前帯状皮質 (ACC) の活動レベルが低いと、再犯を犯し逮捕される可能性が高くなると言う。研究チームは釈放前の囚人男性 96 人を対象に機能的核磁気共鳴画像法 (fMRI) を用い、前帯状皮質の活動レベルについて分析した。

元囚人たちの釈放後 4 年間、彼の行動を追跡調査した結果、ACC 活動レベルが半分以下であった人の再犯率は 2.6 倍高いという結果になった。暴力を伴わない犯罪では再犯率は 4.3 倍も高いとしている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...