パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

木星のコアは誕生直後に破壊され、今もその影響が続いている可能性が判明」記事へのコメント

  • 木星の核の上、大気と水素の海とその下のヘリウムとネオンの海の下は金属水素だと予測されてるんだけどね。
    木星の金属水素の層の一部が液相かも知れないってのは諸説ある内のホントの諸説なんで、液状の金属って決め打ちはどうなんかいなと。

    しかしこの、核を構成していた重元素の塊が粉砕されて金属水素の中を漂っているって仮説は面白いな。つまり木星の質量の1割強が直径の半分位の範囲に不均一に散らばってる訳で、この不均一性が木星に大赤斑を生んでる原因になってたりするかも知れないね。

    • by Anonymous Coward

      そんなだったら周回させた観測機から見た重力でなにか判りそうではないかなぁ

    • by Anonymous Coward

      > この不均一性が木星に大赤斑を生んでる原因になってたりするかも知れないね。

      この分野は詳しくないので素人質問で申し訳ないのですが
      衝突が大赤斑を生んだ原因で、大赤斑が消えない原因がその不均一性なのでは?

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...