パスワードを忘れた? アカウント作成
20367 story
宇宙

太陽系外縁部に未知の惑星? 32

ストーリー by nabeshin
いまのところ理論です 部門より

galaxiast 曰く、

神戸大学の研究員らが、太陽系外縁部の天体の運動の研究から、地球の0.3~0.7倍の質量を持つ未知の惑星が存在している可能性を指摘した(神戸大学のリリース読売新聞の記事)。

太陽系外縁部には、冥王星をはじめとする多数の天体があることが知られている。これらは惑星とは違って大きく軌道が傾いていたりつぶれた楕円軌道を持っていたりして、これまでの惑星形成理論ではその形成の様子をきちんと説明することができなかった。この問題に対して、神戸大のLykawka研究員らは太陽系外縁部に未知の惑星を置いてシミュレーションを行い、現在の太陽系外縁天体の分布をうまく説明することに成功したとのこと。もともとより内側にあったこの未知の惑星が周囲の小天体を弾き飛ばし、自らも次第に外側へ移動していった結果、多数の太陽系外縁天体の軌道が現在のような多種多様なものになったらしい。

未知の惑星は、最も太陽に近づく地点でも太陽からの距離が80天文単位(冥王星軌道の約2倍)、最も遠いところでは175天文単位にもなる細長い軌道を持ち、軌道の傾斜角は20~40度と予想されている。明るさは15等前後と期待されるので、LSSTPan-STARRSなどの次世代天体サーベイプロジェクトで十分に発見可能な大きさだというから、20年後の教科書には「太陽系第9惑星」が登場しているのかもしれない。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...