パスワードを忘れた? アカウント作成
11921808 story
サイエンス

開発が進むコンドーム以外の男性用避妊法 64

ストーリー by hylom
確実性はいかに 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

男性における避妊法といえばコンドームもしくは男性不妊手術(パイプカット)しかなく、基本的にはコンドーム一択であった。しかし、最近では新たな男性用避妊法の開発が進んでいるという(WIREDSlashdot)。

まず1つが、精液を不完全な状態にするという「H2-ガメンダゾール」だ。通常精子は精巣の中で頭部と尾部を形成するが、H2-ガメンダゾールはこれを阻止するとのこと。不完全な精子はそのまま睾丸にまた吸収され、精液の中に精子が含まれなくなるという。ただし現段階では精液にH2-ガメンダゾールが残留するかどうか分かっておらず、女性の体内に入った際の影響を調査している段階だそうだ。

もう1つはブロモドメイン阻害薬「JQ1」だ。JQ1は遺伝子の発現を制御する物質であり、たとえばがん細胞に「がん細胞になることを忘れさせる」ことができるため、抗がん剤して近年期待されている。JQ1を研究していたハーバード大学のダナ・ファーバーがん研究所ではJQ1が精巣に特化したブロモドメインBRDTも阻害し、精子にその役割を「忘れさせる」ことができることを発見したという。

実験ではマウスにJQ1を投与したところ、自由に繁殖行動をさせても子孫を残すことは無かったとのこと。現在は精子に特化してその効果を発揮するJQ1が研究されているとのことだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...