パスワードを忘れた? アカウント作成
12137526 story
宇宙

天文ガイド誌、創刊50周年を迎える 17

ストーリー by hylom
未来永劫続く趣味ではないだろうか 部門より

天文雑誌「天文ガイド」が創刊50周年を迎えるという。

月刊天文ガイドは1965年7月に創刊。50周年記念号となる2015年7月号(6月5日発売)では50周年記念企画として、著名人が「過去に印象に残っている記事」を選ぶといった記事が掲載されているとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2015年06月12日 18時56分 (#2829895)

    > 1965年7月に創刊
    もっと古くからあると思ってました。

    WikiPediaによると「鉄道ファン」が1961年, 「週刊少年サンデー」は1959年らしいので、
    それらより 5年ぐらい後ですね。

    • by Anonymous Coward

      どれも「子供の科学」にはかなわないな

      • すげー、子供の科学って1924年創刊なのか。
        この調子なら、創刊100年ぐらいいけそうだなぁ…

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        「子供の科学」いいですよね。
        学研のやつは知識を並べただけ感が強くて。

        • by Anonymous Coward

          コカから電子工作に入った人多そう。

          僕はやりませんでしたが。

          • by Anonymous Coward

            子供の科学の編集部の人が偉い先生のところに記事執筆の依頼に行くと、僕も子供のころは読者だったよと言われることがよくあるそうです

            • by Jubilee (20038) on 2015年06月14日 13時33分 (#2830547)
              つくばの産業技術総合研究所の構内売店の書籍コーナーには「子供の科学」が置いてあります。

              JAXA筑波宇宙センター構内に本を売っているところがもしあれば、あるいは「天文ガイド」も…?

              --
              Jubilee
              親コメント
        • by Anonymous Coward

          「子科」は買ったことないけど(ごめんなさい)、二宮康明氏(Wikipediaによればご存命のよし)の「よく飛ぶ紙飛行機集」(切り抜く本)なら何冊か買いましたです。

  • by Anonymous Coward on 2015年06月12日 16時53分 (#2829813)

    むかーし、「天ガ」と略して呼んでたことを思い出した。
    いやそんだけなんだけどね。

    • by Anonymous Coward

      初歩のラジオを「初ラ」と略してたのに「はつら」って読んでたな…。
      「天ガ」と「初ラ」をワンセットで買っていました。

      • by Anonymous Coward

        しょら ぢゃなかったか
        自分はらせいとしょらでした。

        月刊天文は げてもん

        #すみませんすみません

        • by Anonymous Coward

          しょほのらじお の略だけど、 はつら って読んじゃってました(てへぺろ

          と言う話でしょ、しっかりしてよおぢいちゃん!!

          #しょら らせい てんが
          #無線と実験(´・ω・`)

      • by Anonymous Coward

        「しょら〜もちろんしょらでしょ」という編集部の見解が掲載された号がありました.

    • by Anonymous Coward

      「ああ、テンガには昔からお世話になった。最近もよく買ってるよ」

  • by Anonymous Coward on 2015年06月13日 9時44分 (#2830141)

    力なり、というより、力がいる。という印象です。

    天文雑誌といえば、日本の最古参が「月刊天文」でしたが、9年前に休刊となっています。
    他に内容の軽さを武器にした「スカイウォッチャー」や、堅い内容の「星の手帖」(季刊)も同様です。

    月刊誌の栄枯盛衰(近年は衰亡が目立ちます)を見ていると、天文ガイドが(ほとんど体裁を変えずに)生き延びてるのは奇跡的という気がします。
    誌面をめくってると、既におじさん、いやおじいさん雑誌になってる観がありますが。

    以上、大昔の天文少年でした。

    • by Anonymous Coward

      継続している雑誌があるだけましですよ。
      FM雑誌なんて…
      # いや、今のFM放送だと番組欄に価値はほとんどないんだけどもね

  • by Anonymous Coward on 2015年06月14日 12時00分 (#2830529)

    2年1回くらいは買ってるかな
    星ナビの方が買う頻度が高い。
    (アストロアーツのソフトにはお世話になってるせい?)

typodupeerror

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

読み込み中...