パスワードを忘れた? アカウント作成
14047283 story
医療

世界保健機関、エボラワクチンを初めて事前認定 22

ストーリー by headless
認定 部門より
世界保健機関(WHO)は12日、エボラワクチン1種を初めて事前認定したことを発表した(ニュースリリースArs Technicaの記事SlashGearの記事)。

事前認定はワクチンの品質・安全性・効果がWHOの基準を満たすことを示すものだ。WHOではエボラワクチンの事前認定が急を要することから、臨床データが届いた時点で安全性と効果を確認するなどプロセスを高速化し、過去最速の事前認定を実現したとのこと。

今回事前認定されたのはMerck(米国・カナダ以外ではMSDとして知られる)が製造するErveboという注射型のエボラワクチン。このワクチンはカナダ政府が開発し、2015年にギニアでザイール株エボラウイルスに対する高い効果が確認されたrVSV-ZEBOV-GPであり、Merckはライセンスを受けて製造している。欧州医薬品庁(EMA)では10月、エボラワクチンとしてErveboを条件付きで販売認可するようEUに勧告していた。

5年前には有効なワクチンも治療法も存在しなかったエボラ熱だが、事前認定されたワクチンと実験的な治療法により、現在は予防と治療が可能になったとWHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス氏は述べている。
  • クラウドファンディングでこう言うのもありますけど、はやり色んな所で同時並行的に開発されているんですね。

    致死率最大90%にもおよぶ「エボラ出血熱」治療薬開発の一歩へ
    https://readyfor.jp/projects/Ebola [readyfor.jp]

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年11月18日 10時11分 (#3717927)

    やはり、ウイルスのタイプ(構造)によってワクチン等の対策難易度は違うのだなぁ
    変異しにくいとか取っ掛かりがあるとか
    培養しやすいとか
    コレに比べてヘルペスの類のなんと難しいことよ
    (潜伏が厄介)

    ここに返信
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...