パスワードを忘れた? アカウント作成
21610035 story
火星

NASAの火星ヘリコプターIngenuity、ミッション終了 5

ストーリー by headless
先を越される 部門より
NASA のビル・ネルソン長官は 1 月 25 日、火星ヘリコプター Ingenuity のミッション終了を発表した (NASA JPL のブログ記事動画)。

Ingenuity は大気密度が地球の 1% 程度しかない火星で初の動力飛行デモを行うため、火星探査車 Perseverance の腹部に取り付けられて火星へ向かった。名称は火星探査車の名称を決めるエッセイコンテストファイナリストに残った中から選ばれたものだ。

当初の計画は 30 sol にわたって計 5 回の飛行実験を行うというものだったが、計画は大幅に延長。3 年近くにわたって合計 72 回のフライトを完了し、総飛行距離は計画の 14 倍以上、総飛行時間は 2 時間を超える。

Ingenuity はひっくり返ったりしておらず、現在も地上と通信を行っているが、今週地球に届いた 1 月 18 日のフライト後の画像でローターブレードの 1 本が破損していることが確認され、NASA では飛行可能な状態ではないと判断したとのことだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2024年01月27日 22時21分 (#4600056)

    あとは、人類(人間とは言っていない)が火星で生存または居住出来るかの実証実験をNASAがNASAるだけ。
    #身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

    • by Anonymous Coward

      飛ばないゴキブリはただのゴキブリだ

    • by Anonymous Coward

      ここはやはり、人権のないあの国のほうが先に実現しそう。

  • by Anonymous Coward on 2024年01月29日 13時20分 (#4600419)

    日本はひっくり返った月面探査機の写真を撮ってキャッキャウフフしているというのに、火星に這いまわったり飛んだりする探査機を送り込んでる。
    終いには現在でも着陸が難しいのに50年以上に人類を月に送ったとかありえないと言い出すバカも出現。
    なんかもう全てにおいて次元が違う。

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...