パスワードを忘れた? アカウント作成
153536 story

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)に発生するトラブル、「宇宙の力」が原因? 96

ストーリー by hylom
高度な科学は迷信と区別がつかない……のか? 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の稼働を妨げている故障や様々な問題は、ヒッグス粒子の発生に対して宇宙の力が働いていることが原因ではないかという説が提唱されているそうだ(NY Timesの記事本家/.記事)。

この説はコペンハーゲンのニールス・ボーア研究所のHolger Bech Nielsen博士と、京都大学基礎物理研究所の二宮正夫博士が唱えているとのこと(arXiv.orgに掲載されている論文要旨)。

この研究によると、LHCで発生させようとしているヒッグス粒子は、その発生が時間を遡って阻止される程に自然界にとって受け入れ難いものであり、LHCでのヒッグス粒子発生は逆向きの因果関係によって未来から阻止されているという仮説を立てているそうだ。

両博士はこの説を2008年春頃に提唱し始めたとのことだが、その年の秋にLHCが故障した出来事は「自分たちの説の正当性を信じられるおかしな出来事であった」と振り返る。また、ヒッグス粒子を発生させる米国の超伝導大型加速器計画が1993年に中止されたのも必然であったと考えているとのこと。

これは例えて言えば、時間を遡って自分の祖父を殺すような状況であり、Nielsen博士は「我々の予測ではヒッグス粒子を発生させる装置は全て運が悪いということになる」そうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • ほら、GS美神にありましたよね、修正不可能な宇宙の改変に対しては逆向きの風が吹く、みたいな...

    それだけなんですが。

  • 昨年の「ブラックホールさわぎ」の時も思ったのだが,どうも世の中の人はLHCについて根本的な勘違いをしているらしい。

    LHCで発生が予想される現象・粒子は「LHCがなければ地球上に全く存在していなかったもの」ではありません。もともと宇宙線と大気の衝突などにより世界中のあちこちで頻繁に発生している事象です。

    LHCは,それらの反応を「超巨大な測定器の固まりの中心で」「後から解析が可能なように条件を限定した上で」発生させるだけの装置です。

    ヒッグス粒子は,もし存在するのならば,すでに地球上のあちこちで発生しているはずです。

  •     |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
        |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
        |┃   N {                \
        |┃  ト.l ヽ               l
        ガラッ.|┃  、ゝ丶         ,..ィ从    |
        |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |┃三  `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ     <  話は聞かせてもらったぞ!
        |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ      |   人類は滅亡する!
        |┃三   ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン     \____________
        |┃      l     r─‐-、   /:|
        |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
        |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
        |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
        |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
  • by nInfo (14824) on 2009年10月16日 12時41分 (#1654921)
    運用ミス、構築ミス、設計ミスなど、人為的な問題がこれまでは原因と特定
    されている訳で、ヒッグス粒子自体が関係する物理法則とは関係ありません。
    たまに根拠無いオカルトに走る人がいるから、科学者が信用されないのかも
    • by s02222 (20350) on 2009年10月16日 13時57分 (#1654981)
      それらの人為的な問題が宇宙の法則によってあらかじめ運命づけられていた、という説というかネタですね。 SFでよく見かけます。

      例えば、「ヒッグス粒子が発生する=宇宙が終わる」という仮説を立て、「なぜヒッグス粒子の発生に失敗するのか」をひっくり返して、 「何らかの理由で失敗したから今があるだけ。歴史のIFに文句を付けてもしょうがない」と言っちゃう詭弁の類ですね。 でもって、最終的に万難を排してヒッグス粒子を生み出してみたら、そこから空間が綻んでいって宇宙が壊れるオチが付いたりする。

      科学的な説かどうかと言うと、否定の要件は、ヒッグス粒子の発生に成功すること、 肯定の要件は、発生させられないこと、と一応定まるあたりが微妙ですね。 この場合の「発生させられない」は理論的に導き出された「ヒッグス粒子が発生する物理環境」を、「実際に再現できたにも関わらず発生しなかった」ではなく、「なぜかその環境を再現しようとするとどこかが壊れる。単体テストでは全てのコンポーネントは正常なのに組み合わせられない。組み合わせる作業そのものが失敗する。 他のどんなプロジェクトと比べても失敗率が高すぎる」という極めて奇妙な状況を指すので、程なく否定される、と言うか、忘れ去られるでしょう。

      量子論ってかなりそれまでの科学的常識から外れた振る舞いが見受けられちゃうので、 ここまでのトンデモ論でもとりあえず言っとこうみたいな感じなんですかね。
      親コメント
    • ふつうの原因には興味ありません。
      宇宙力、未来力、超越的原因がいたら私の所に来なさい。

      --
      the.ACount
      親コメント
  • 誰か擬人化よろしく (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2009年10月16日 12時55分 (#1654934)

    夜中にこっそりLHCのハンダ付けにクラックを入れる仕事にいそしむ「宇宙の法則たん」

  • by ticky (17030) on 2009年10月16日 13時09分 (#1654943) 日記

    リンク先見ると、
    リンク先にアブストだけじゃなくて、論文全文が見れます。

    実現可能性の吟味、ヒッグス粒子の場合も書いてありますね。

    2007年7月初稿、12月13日第3版受領とあります。

    2008年春頃は、間違いなんじゃないでしょうか。

  • by gg_pic (10157) on 2009年10月16日 20時39分 (#1655268)
    この世界が存在しているのは、"ヒッグス粒子を誕生させることができなかった結果"であると言いたいんでしょうか。

    超並列世界の中で、ヒッグス粒子を誕生させた世界は消滅してしまった = ヒッグス粒子を誕生させた世界は誕生しえない?

    元記事とか論文読まないで書いてますが、ワクテカが止まりません。
  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時36分 (#1654887)
    という説明で十分でしょ。某氏の日記コメントにも書いた [srad.jp]けど。
    • by s02222 (20350) on 2009年10月16日 16時36分 (#1655122)
      マーフィーの法則になぞらえて、応用を考えるってのもアリですね。 「トーストを落とすとバターを塗った面が下になる」「猫は必ず足から着地する」を組み合わせた永久機関よろしく。

      もし「ヒッグス粒子を発生させる実験は頓挫する」という宇宙の法則があるなら、それを応用してこんな便利なことが出来るぞ、と、トンデモ論をどんどん発展させて行ったりして。 そんな便利なことはあり得ないんだから、「実験は頓挫する」という法則は間違っている、と主張するのも有名なテクニック [wikipedia.org]ですし。
      親コメント
  • 未来からの補正予算 (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時39分 (#1654889)
    最終的な発生実験のみをとめればいいのに、計画自体を阻害してくるなんて
    ヒッグスさんのコスト意識は異常
    • by TarZ (28055) on 2009年10月16日 11時48分 (#1654896) 日記

      まったくで。

      「実験が失敗する」のは良いとしても、それは実際の粒子衝突でヒッグス粒子が出てこない、という形で実現される(?)のが最もシンプルでしょう。粒子加速器計画の頓挫や故障というようなマクロなレベルで現れる必然性がない。

      それを受け入れるなら、そもそもヒッグス粒子に興味を持つような知的生命(人類)がこの宇宙に生まれてくることがガードされてないと。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 12時00分 (#1654907)

        きっと妨害してるゲマ宇宙の力にも、伝説の勇者ヒッグス粒子がどこから現れるか分からないのですよ。
        一生懸命できる範囲で妨害するけど、本当の発生原因には気付かず結局は…。

        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 12時03分 (#1654908)
        >粒子衝突でヒッグス粒子が出てこない、という形で実現される

        いえ、そうとは言い切れないのですよ。ヒッグス粒子の仮定が真であって、
        ヒッグス粒子が出てくる条件をすべて整えた実験をおこなったなら、
        ヒッグス粒子が出てこないという形では論理的に破綻してしまうからです。
        そのため、ヒッグス粒子が出てくる条件を整えることは永遠に出来ないという形で
        保護されている、と言うこともありえる……かどうからないがないとはいえないと。

        ホーキングの時間順序保護仮説なんかもそうですね。逆向きのタイムトラベルは理屈の
        上では可能だが、あの手この手でふさがれていて決して行うことが出来ないという。

        この手の仮説の真偽はともかく、考え方としては面白いのでアリじゃないですかね。
        親コメント
        • by phason (22006) <mail@molecularscience.jp> on 2009年10月16日 13時11分 (#1654945) 日記

          >ヒッグス粒子が出てくる条件を整えることは永遠に出来ないという形で保護されている、と言うこともありえる……

          これ自体は物理的にあっても良いとは思うのですが,やはり素直なのはビームの軌跡が干渉項によって曲がって衝突が起こらないとかそういう形での変化でしょう.干渉項によってハンダにクラックが入るとは,未来の仮想ヒッグスさん(いや,仮想であって実現しないんだから未来ではないのか?),かなり頑張ってる.

          親コメント
          • by s02222 (20350) on 2009年10月16日 14時26分 (#1655017)
            そこでコスト最小化論とか。

            ビームの軌跡を曲げられちゃうと、人類はますます意地になってLHCをぶん回しかねません。 そうなると、「毎衝突ごとにビームの軌跡を曲げ続ける労力」>「クラックを入れる労力」となっちゃうので、宇宙の力は楽な方を選んだ、と。

            要するに、人類があきらめない限りは延々とビームを曲げ続けないといけなくなるので、最も自然にあきらめるような道筋が選ばれちゃうわけです。

            # あきらめんなよ! 絶対できるって!!
            親コメント
            • by TarZ (28055) on 2009年10月16日 14時47分 (#1655032) 日記

              いやいや、コストにこだわるなら、ヒッグス粒子を実際に探そうとする事態になってしまう前に手を打ったほうが安いです。

              千数百年前のフン族の青年を1人殺してその後の歴史を大きく変えてしまうとか、もっと遡って数百万年前の猿モドキ1匹のDNA配列をちょいと変えてやるとか、あるいはビッグバン直後に何らかの初期パラメータをほんの少しだけいじくるとか、そちらのほうがきっと低コストですよー。

              親コメント
      • それを受け入れるなら、そもそもヒッグス粒子に興味を持つような知的生命(人類)がこの宇宙に生まれてくることがガードされてないと。

        「強い人間原理」で説明可能かも。
        宇宙の法則たんは、ヒッグス粒子に興味を持つような知的生命を必要としてる一方で、本当にヒッグス粒子を発生させられるのも、ちょっと困る、と。

        親コメント
    • だよねえ。実験しても粒子が検出されない。で十分だもんね宇宙の意思は。
      強いて妨害があるとしたら、それは人間のやったことのはず。
      親コメント
    • Re:未来からの補正予算 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2009年10月16日 12時20分 (#1654914)

      無粋を承知で…元ネタ

      「未来からのホットライン」
      創元SF文庫 ジェイムズ・P・ホーガン著

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時44分 (#1654893)
    俺の子孫の発生実験も未来からの干渉で阻止されているというのかッ…
  • by PEEK (27419) on 2009年10月16日 11時52分 (#1654902) 日記

    子の因果が親に報い?

    --
    らじゃったのだ
  • Tevatronは… (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2009年10月16日 12時23分 (#1654915)

    神がアメリカの実験をお見逃しになっているのは、彼らがヒッグス粒子を見つけられないからなのですね?

  • その理由は「禁則事項」てか?

  • by sunnydaysundey (32697) on 2009年10月16日 13時32分 (#1654954)
    「未来から阻止されている」ってことは、
    宇宙の法則さんだか未来人だか何か知りませんが、
    誰かさんがもう既に過去に干渉しちゃってるってことだよね?
    それって、タイムパトロール的に許されることなの??
  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 13時34分 (#1654956)
    念のため、東原亜希がLHCについてブログで触れていないか検証すべきかと。
  • by sakamoto (8009) on 2009年10月16日 14時53分 (#1655041) 日記
    コペンハーゲン解釈的には、いろいろな事象の重ね合わせのうち、ヒッグス粒子が見つかるような事象が排除されているってことかな? ヒッグス粒子を検知すると毒を出すような箱に猫を入れると猫は死ななくなるのかな?
    --
    -- 哀れな日本人専用(sorry Japanese only) --
  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時44分 (#1654892)
    さあ、かかってきなさい。
  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時50分 (#1654898)

    俺、今から憧れの彼女に告白してくる。
    断られたらヒッグス粒子作っちゃうよ。

    じゃ、行ってくる。

  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時51分 (#1654901)

    人間は何となくひらめいたことだけやってりゃいいってことになりますね。

  • by Anonymous Coward on 2009年10月16日 11時58分 (#1654905)

    # Spring8でやってる実験ならいいオチなんだけど

    • by Anonymous Coward
      誰か宿題を忘れてるんですよ
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...