パスワードを忘れた? アカウント作成
13410756 story
NASA

土星探査機カッシーニ、20年にわたるミッションを終了 34

ストーリー by headless
完了 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NASAの土星探査機「カッシーニ」は15日、土星の大気に突入し、燃え尽きた。これにより、1997年の打ち上げ以来20年、2004年の土星到着以来13年におよぶカッシーニのミッションはすべて終了した(プレスリリースNHKニュースの記事sorae.jpの記事NPRの記事)。

カッシーニは45万枚以上の写真を撮影し、635GBの科学データを収集している。その成果は素晴らしく、土星の輪や大気の詳細な様子の他、タイタンの地表に広がるメタンの海や、エンケラドスの地下の海から噴き出す間欠泉など、将来の探査計画の礎となるものも多く見つかっている。

2020年代にはTSSMと呼ばれる新たなミッションが計画されているようだが、人類が次に土星を訪れるのは何年後になるだろうか。

カッシーニは1997年10月15日にケープカナベラル空軍基地から打ち上げられ、2004年7月1日に土星到着。カッシーニから切り離されたESAの小型探査機ホイヘンスは2005年1月14日にタイタンへ着陸している(Cassini: The Grand Finale: Quick Facts)。


Cassini's Last Looks at Saturn

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 見事でした

    --
    M-FalconSky (暑いか寒い)
  • by Anonymous Coward on 2017年09月17日 15時53分 (#3281372)

    変なところに、こぶみたいなものがあったり、リングが何でできているかを知りたかった?

  • by Anonymous Coward on 2017年09月17日 18時14分 (#3281415)

    準備含めて30年くらい付き合っているはず
    これからの解析とかでも付き合うはずで、
    研究人生=カッシーニとの人生という研究者もいるはず
    まさにライフワーク

    # 日本にもいるん でしょうねこういう人

    • by Anonymous Coward on 2017年09月17日 18時28分 (#3281420)

      いや、そういう科学者人生選ぶ人は大体そういう人生選んでいるんで。
      20年動いている測器に人生寄り添うのは本望でしょう。

      そういう人生選んで怖いのは、打ち上げしたあと観測器が動いてないとか、失敗した後。
      修論とかD論を測器の打ち上げに運命を任した、なんて運命論はよく聞きますが
      人工衛星の打ち上げに研究者人生がかかっているパターンもよくある

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        逆に失敗してしまった衛星で、論文書けちゃった、という話も
        レアケースながら聞きます。
        その成果が最近上がっ
        NO CARRIER

    • by Anonymous Coward

      運営チームもでしょう。
      当然入れ替えはあるでしょうが、20年ずっと関わった人もいそうな気はします。

      以下オフトピ
      数年前の宇宙博でJAXAの観測衛星の運営チームの人への質問コーナで、運用が終わるまで気は抜けないが、打ち上げ後の初期動作確認が一通り終わるまと一息つけるという話をしてくれて
      八つ当たりとは分かっていても打ち上げチームが打ち上げ成功で喜んでるのを見ると、こっちはこれからだってのにこいつらは、と言う気持ちにはやっぱりなってしまうと言ってました。

  • by Anonymous Coward on 2017年09月17日 21時29分 (#3281469)

    > 人類が次に土星を訪れるのは何年後
    カッシーニに乗っていた人の名前を知りたいなぁ。

    • by Anonymous Coward

      カッシーニに乗っていた人の名前を知りたいなぁ。

      おんやぁ だぁれもいないなぁ おっかしーにー

  • by Anonymous Coward on 2017年09月17日 21時31分 (#3281470)

    スイングバイ失敗して、原子力電池が恐怖の大王として降ってくるって言われたのが懐かしい。

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...