パスワードを忘れた? アカウント作成
37197 story
宇宙

土星探査機カッシーニ、衛星エンケラドゥスの「噴水」に突入予定 12

ストーリー by hylom
水を持って帰れないのが残念 部門より
TarZの日記 曰く

 
土星を探査中のカッシーニが、2008/10/09(日本時間では10/10未明)に衛星エンケラドゥスへのフライバイ観測を予定している。最接近時の距離は25km、衛星の南側を掠める軌道をとる。NASAのカッシーニのサイトでは現在、フライバイまでのカウントダウン中(概要が書かれたプレスリリース)。

エンケラドゥスは、その表面を水の氷で覆われており、太陽系で最も明るい(反射能の高い)天体の一つ。内部に液体の水が存在する可能性があり、南極付近の割れ目からは水(薄い水蒸気や氷の粒)が噴出していることが判っている。(AstroArtsの記事その1その2)。今回の目玉は、この衛星から噴き上がっている水の噴流に突入するところだろう。イベントのイメージとしては、こちらにあるいくつかの図が解りやすい。

突入中は、ダストアナライザや磁力計による噴流の直接分析なども行われるようだ。詳細はPDF資料で読める。また、カッシーニのステータスはCassiniSaturn Twitterでも確認できる。

2008/10/15 21:23 追記 by soa: コメントにもありますとおり、本文中「プレスリリース」のリンクが間違っていました。ただいま修正致しました。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...