パスワードを忘れた? アカウント作成
13427974 story
お金

2017年のノーベル経済学賞は行動経済学に貢献したRichard H. Thaler氏が受賞 29

ストーリー by hylom
言われてみると分かるけど言われないとスルーしがちな理論 部門より
headless曰く、

2017年のノーベル経済学賞は、米シカゴ大学のRichard H. Thaler氏が受賞した。授賞理由は行動経済学への貢献(プレスリリース)。

Thaler氏は特定範囲に限れば合理的に見えるが全体としては不合理な限定的合理性や、フェアな価格設定に導く社会的な選好、長期的計画に短期的な誘惑が勝る自制心の欠如、といった要素が生む結果を探求。これらの人間の特質が系統的に個々の経済的な意思決定や市場に影響を与えることを示した。経済学と心理学を統合した先駆者であり、経済学研究に行動経済学という新しいフィールドを開いたとのこと。なお、Thaler氏は2015年の米映画「The Big Short(邦題: マネー・ショート 華麗なる大逆転)」に本人役で出演している。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2017年10月10日 18時38分 (#3293547)

    極論を言います。
    数々のノーベル記念経済学賞受賞者がいるけど、真に褒め称えていいのは行動経済学関連だけ。
    今回の受賞者もそうだし、ダニエル・カーネマンもそう。
    こういう研究にだけ授与すればいい。

    だめな例として。たとえばマイロン・ショールズやロバート・マートンなんかにはあげるべきではなかった。
    こう言うと「ブラック–ショールズ方程式は正しいオプション価格の算定に…」という反論を受けますが、
    不確かなリスク見積もりで巨大なファンドを1年ちょっとで吹っ飛ばすような
    メッキだけはピカピカだが役立たずの金融工学()にあげるようなものじゃありません。
    三角形だった車輪を四角形にしただけの研究なんですから。

    • by Anonymous Coward on 2017年10月10日 19時27分 (#3293573)

      経済学の理論は,あくまでも何らかの条件下において正しいかどうかが
      評価されるもので,いかなる条件下でも正しいという理論は存在しません。
      一方 LTCM の失敗はその条件が成り立っている状況かどうかの判断を
      間違えたことに起因しています。実践に失敗したからといって,その理論を
      非難するべきではないでしょう。

      まあ経済学は往々にしてその条件を示さずに語られることが多いですけど。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      角がどんどん増えていけば円に近付いていくんだから車輪の発展に寄与してるじゃん。

      #え。そういう話ではない?

      • by Anonymous Coward
        四角い仁鶴が丸く収めるようなものですね。
    • すみませんが、後知恵の知識なくして、

      ブラック–ショールズ方程式の正しくなさと、
      貴君の主張する「行動経済学の普遍性(どんな社会や経済発展段階でも適用可能な万能性、って主張をしているように読めたけど?)」を証明した

      できれば素人でもわかる論文てあります?

      「ヤバい経済学」くらいの啓蒙書くらいなら読めます!あれくらいのレベルで解説してください!

      • by Anonymous Coward

        元AC(#3293547)です。
        いろいろ反論があるようですが、ここでまとめて返答します。

        >角がどんどん増えていけば円に近付いていくんだから車輪の発展に寄与してる
        たとえが悪かったようで誤解を与えてしまったようで恐縮です。
        今の一般的な経済学がしていることは、ラクダを探しに北極を目指しているようなものです。
        LTCMを潰した二人が発見したのは「我々は順調に北に向かっている」と言うことです。
        (オプションの売りのリスクを考えたら「適正な価格」なんて絵空事だとわかります)

        >経済学の理論は,あくまでも何らかの条件下において正しいか
        その机上の空論をこね回してどうなります?
        行動

    • by Anonymous Coward

      政策や経済活動における工学としてのそれらは碌なものを生み出さなかったかもしれないが、金融工学周りは十分理論としてもっともだとは思うけど。
      ブラック–ショールズ方程式が何だったのかは忘れたけど、なるほどとは思った記憶がある。
      発展途上の理学的な試行錯誤段階にある学問を、安易に工学に適用してしまったのが誤りなのでしょう。
      別分野に置き換えてみればそれはダメだと分かる。
      だからと言って無価値とは言えない。

      • by Anonymous Coward

        LTCMがコケたのは、金融工学におけるモデルの、金融危機における妥当性について検討をしなかったのが原因ですな
        たとえばあるものが正規分布に従うという仮定は平常時には妥当だが、金融危機下ではそうではなかった

        行動経済学は伝統的な経済学が採用しているモデルについて批判的に検討して別のモデルを提案しますが、
        モデルに基づいている以上、応用の際には現実において検討する必要があることにはかわりはないです

        そもそもモデルは議論のたたき台にするためだからなるべくシンプルなほうがいいし、
        シンプルに過ぎるように見えても現象の一部分の本質を捉えていれば捨てるのはもったいないですよ

        • by Anonymous Coward

          >現象の一部分の本質を捉えていれば捨てるのはもったいない
          そう言い続けて周りからの指摘に耳を塞ぎ続けてきたのが経済学なんだよなぁ。
          経済学のいう「効用」なんて噴飯物。

          A:裸一貫から1億円の資産を持つようになった人。
          B:かつては50億の資産に恵まれていたが、経済危機で吹き飛んで1億だけ残した人。

          行動経済学以前の経済学では「1億円の効用は両者にとって同一である」から
          経済活動においては両者とも同じように行動するんだそうでw

          ここで問題になってるのは「旧来の経済学は本質を捉えてない」ってことなんじゃないの?
          だからこそ「ラクダを探しに北極に行っている」と叩かれてるわけでしょ。

          • by Anonymous Coward

            シンプルすぎるモデルにいつまでもしがみつくのはバカだけど、
            いきなり万能のモデルを求めるのも童貞度のバカですよ

            物理学だって古典物理学が有効な範囲とそうでない範囲があるでしょう
            行動経済学も古典的な経済学を批判的に継承していますよ

            • 俺がちゃんと読めてないのかわからんが、どのあたりに「万能のモデルを求める」ようなところがあるんだ?
              従来の経済学を否定してるのは「万能でないから」じゃなくて、
              「本来なら織り込まないといけないところを無視して、実状とかけ離れた空論にしがみついてるから」ってことだろ。
              この辺とかそういうこと言ってるんじゃないの?

              「机の上でしか成り立たないような虚学ではなく、実社会に寄与する実学をたたえるべき」

              今の一般的な経済学がしていることは、ラクダを探しに北極を目指しているようなものです。
              LTCMを潰した二人が発見したのは「我々は順調に北に向かっている」と言うことです。
              (オプションの売りのリスクを考えたら「適正な価格」なんて絵空事だとわかります)

              ここで問題になってるのは「旧来の経済学は本質を捉えてない」ってことなんじゃないの?

              これらをどう読んだら「万能でないから駄目」と読めるのか・・・

              「ラクダ見つけたいなら北極は諦めて砂漠に行け」って話に

              万能のモデルを求めるのも童貞度のバカ

              貴君の主張する「行動経済学の普遍性(どんな社会や経済発展段階でも適用可能な万能性、って主張をしているように読めたけど?)」

              と噛みついてるあたり、議論の内容がわからないまま反論しているようにしか見えない。

              行動経済学は~応用の際には現実において検討する必要があることにはかわりはないです

              みたいなことを言ってる人はカーネマンが提唱した「S字カーブ」あたりの行動経済学の初歩とか知った上で書いてるのかね。
              到底そうとは思えないが。

              # 最近のスラドは、こういう「詭弁の特徴」にあげられているような論点ずらしが多すぎて
              # まともな議論が交わされてないと感じる。

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                > 「本来なら織り込まないといけないところを無視して、実状とかけ離れた空論にしがみついてるから」ってことだろ。

                どんな有用なモデルであってもあてはめる範囲を間違えればそりゃ失敗しますがな
                行動経済学の精密なモデルであっても適用範囲を間違えれば失敗は確実です

                古典的な経済学のモデルは簡単で扱いやすいというメリットがあるので、それで十分なところに行動経済学の難しいモデルなど大げさすぎてかえって不便ですよ

              • by Anonymous Coward

                > > 行動経済学は~応用の際には現実において検討する必要があることにはかわりはないです

                > みたいなことを言ってる人はカーネマンが提唱した「S字カーブ」あたりの行動経済学の初歩とか知った上で書いてるのかね。

                ええと、あなたは「行動経済学は~応用の際には現実において検討する必要がない」と言いたいのですか?

              • by Anonymous Coward

                政策担当者にも結構いるが、論旨なんかさして出てこないどころか、経済統計の話とべつのパラメターの承認にまつわる振り回しのもめごと。 したり顔といじめ。権力まとって飾り立てて、イビリの実況中継とカルト的なそそのかし。 執行の力を伴った詭弁と不作為だな。  枝野氏なんかも、強調してるが。

              • by Anonymous Coward

                > どんな有用なモデルであってもあてはめる範囲を間違えればそりゃ失敗しますがな

                傲慢で調子こいていた連中が大失敗してみんな迷惑したのは事実ですが、
                フランク・ナイト [wikipedia.org]にしろケインズにしろ、大昔からみんなわかっていて、その上で議論の出発点として簡便なモデルを考えたのですよ

            • by Anonymous Coward
              >いきなり万能のモデルを求めるのも童貞度のバカ
              どんなに精密に作られても所詮はダッチワイフということだな
    • by Anonymous Coward

      アカロフとかあのへんは?
      まあ理論は結局のところ実験や観察で実証する必要がありますからな。経済学の困ったところは実験も観察も難しいというところだが。
      #個人的には日銀の黒田に授与すれば良いと思うのだが。功績?教科書通りやっても上手く行かないことを実証したから。

    • by Anonymous Coward

      金融工学が失敗した理由は単純で不正確な測定とあらゆる要素が常に変動することを見落としていたからでは?
      住宅を担保にした住宅ローンを低所得者にばら撒けばいずれ供給過剰により住宅価格が低下して担保で貸付を回収できなくなることは火を見るより明らかですからね。返済期間もながいし。
      〇〇にはノーベル経済学賞を与えるべきではないというのはよく聞く言葉。要するに宗教戦争。

      • by Anonymous Coward

        モーゲージローンの焦げ付きなら金融工学関係ないよ?
        あれは「高リスク債権をリスクを見えないように証券化した」というのが問題の肝で
        金融工学はまず関係ない。
        最後の一行だけ書きたくてこじつけちゃったかな?

        • by Anonymous Coward

          どっちかつーと金融工学を駆使すれば高リスク債権を組み合わせて中リスク債券を作れるという発想に基づくものだろう。

          • by Anonymous Coward

            加工途中の端々に統計のウソを紛れこませたのはいただけないな

    • by Anonymous Coward

      選考がアレという意味なら同意だな
      ハイエクやフリードマンがとってるのに
      なんで置塩信雄がとってないんだ?
      マルクス経済学が敬遠されたのかもしれないが
      置塩の定理ネタにした方は結構とってるのに
      元ネタ出したほうがとらなかったって、どうなの?

      1971年に最終選考まで残ってたという話もあるけど…
      師と仰いでる方がとってるから北里柴三郎と同じパターンだな…

  • by Anonymous Coward on 2017年10月20日 12時41分 (#3298787)

    <特定範囲に限れば合理的に見えるが全体としては不合理な限定的合理性や、フェアな価格設定に導く社会的な選好、長期的計画に短期的な誘惑が勝る自制心の欠如、といった要素が生む結果を探求。

    ビットコインが世界平和?などというのもあるくらいの、防御性や通用性があるものなら別だが、カルトのような合理性を政治権力で
    やっている現状があるのでそれへの批判もあることを期待。

    聖書で、権力者は言ったことを彼ら自身では実行しないが、彼らの言うことには従えというのがあるが、脱却できないものか。脱却の動きに事大主義な反応をするのが多い。 メディアがこういうことを助長させている。 この連中は政府機関らしい。

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...