パスワードを忘れた? アカウント作成
14396470 story
医療

米CDC、SARS-COV-2が空気感染するとの記述を追加・取り消し 66

ストーリー by headless
空気 部門より
米疾病予防センター(CDC)はCOVID-19蔓延の仕組みを解説するWebページにSARS-COV-2ウイルスが空気感染するとの記述を18日に追加したのだが、誤ってドラフト版を掲載してしまったとして21日に取り消した(The Vergeの記事)。

18日版のWebページ(Internet Archiveのスナップショット)では、感染者が咳やくしゃみ、呼吸などをしたときに出る飛沫だけでなく、空気中を浮遊する粒子により感染が広がる可能性があるとの記述が追加されており、これらの粒子は6フィート以上離れた場所にも到達する可能性を示す研究結果が増加しているとも説明されていた。「COVID-19を含む空気感染性ウイルス」という記述もみられる。

CDCによれば、現在SARS-COV-2ウイルスの空気感染に関連した対処方法を更新しているところであり、完了し次第更新版を公開するとのこと。CDCはこれまでSARS-COV-2ウイルスが空気感染する可能性を認めていなかったが、今回の修正は18日版の掲載を取り消して以前のバージョンに戻し、その説明を追加したのみであり、空気感染の可能性は否定していない。
  • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 19時31分 (#3893291)

    今まで飛沫感染を防げばいいとして2m程度のソーシャルディスタンスやマスクやフェイスガード、飛沫防止スクリーンで対策してきたわけだが、さらに厳重な対策を講じる必要が出てくる。
    まあそれだけならいいが、今までの対策に意味があったのか?なかったのか?というところも併せて聞かれるとなれば、批判を恐れて理論武装する必要があるのだろう。

    ここに返信
    • 元々から文の指してる内容は日本語で言うところのマイクロ飛沫だったんですが、書き方が飛沫核感染の平易な言い換えとしての空気感染を指しているように取れる形だったんですよ。で、各国メディアで「CDCが方針変更、飛沫核感染の可能性認める」と誤解されて報道されてしまったので、撤回されたという経緯です。

      • 7月末ごろに、WHOが新型コロナの空気感染の可能性を発表した時に、ラジオのニュース番組でコメントを求められた専門家のコメント。
        「このニュースを解説するには、まずは『空気感染』の定義から説明する必要が有ります。ただし、このニュースが正しくても、間違いでも、『どうすれば感染リスクを減らせるか??』に関しては、やるべき事は何も変りません」(大意)

      • by Anonymous Coward

        「対策の見直しが必要ないのに、誤解を与えてムダにパニックを煽るから」が正解なわけか。

        マスクをするとか、換気するとか、そういう対策してればそれほど感染はしないことは
        既に実証されてるのだから、今まで以外の感染経路があるにしても所詮はレアケースで、
        それが大きな問題になるわけがない。

        • by Anonymous Coward

          > マスクをするとか、換気するとか、そういう対策してればそれほど感染はしない
          煽りでもなんでもなく、実証されているんでしたか?
          もしそうならリンクを示して頂けると、妙なアンチマスク派に簡単に反論できるのですが。

          • ややこしい事に、アメリカだと「人口密度が低い地域」(例:都市部より人口密度が1桁小さい)ほどアンチ・マスク派が多い傾向が有るので、アメリカに関しては「アンチ・マスク派≒マスクをしなくても、飛沫感染だろうと、空気感染だろうと、元から流行しにくい環境に住んでる人」だったり……。
            (例えば、アメリカどころか、世界有数級にエラい事になってるニューヨーク州だと、感染者の大半はニューヨーク市および、その周辺な訳で……)

        • by Anonymous Coward

          マスクだけで換気しないと感染しやすいことはすでにわかってる
          マスク+換気の両方が必須

        • by Anonymous Coward

          極端な話になると無菌ルームでも作って衣類は入る都度洗濯消毒、みたいになるが
          屋外活動する限り活動中に肺に入ればそんなの無意味だし
          そこまで危険視するならばその割には感染者数が世界的にも少なすぎると思う

          換気とマスクと手洗いが現実的

    • by Anonymous Coward
      HNKの特集でもやっていたけど、「マイクロ飛沫」は長時間漂うから換気をしろとのこと。
      https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/protection/movie/prote... [nhk.or.jp]
      https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/special-program_0617/ [nhk.or.jp]
      マスクもマイクロ飛沫を9割位は削減する(空気の分子に当たって振動するから、編み目より細かい粒子も多くはキャッチできる)
      結局今まで言われている
    • by Anonymous Coward

      対策は同じだよw

      「空気感染する」という結論が出てもコロナの性質が変わるわけではない。単なる学術的な話。

      空気感染するかもしれないというのはごく初期から言われてたことだけど、仮にしたとしても弱い空気感染だから特殊な環境下以外では問題にならないし、だからこそ「換気しましょう」というのもあった。換気をするっていうのはもろに空気感染対策だよ。

      #感染をゼロにしたいのであればマスクやディスタンスじゃ不十分だしフェイスガードなんて論外でしょ。もともと感染ゼロにしようなんて考えられてない

    • by Anonymous Coward

      2月頃にはいわゆる「エアロゾル感染」が起こりうる、という認識があって、少なくとも日本はそれを前提とした感染対策を実施してきているから、WHOやCDCが今更、いわゆる「エアロゾル感染」と同様のことが起こると認めても、何も変わらない。

  • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 19時32分 (#3893293)

    1.8288m以上。。。2m。。。いやなんでも。。。

    ここに返信
    • by 90 (35300) on 2020年09月22日 20時22分 (#3893309) 日記

      何か首を捻った言い方をしたげですが、元から世界的に2mです。なので日本でも2mですし、ヤードポンド法の国ではフィートで表記します。それだけですね。どの道、特に技術的に2m以上と未満で劇的な違いがあるわけではないと思いますが。

      • by Anonymous Coward

        95%信頼区間はなぜ94%でも96.6666...%でもないの? 何が数学的な必然性があるの?

      • by Anonymous Coward

        何か首を捻った言い方をしたげですが、

        これらの粒子は6フィート以上離れた場所にも到達する可能性を示す研究結果が増加しているとも説明されていた。「COVID-19を含む空気感染性ウイルス」という記述もみられる。

        元より飛沫感染注意距離2mなのにって話だからですよ
        誰もヤードポンドの良し悪しなんて話してませんよ?

        • by 90 (35300) on 2020年09月22日 21時20分 (#3893329) 日記

          2mだから約6ftですね。本当に「なのに」の後を考えて話してます?

          • by Anonymous Coward

            安全に倒すのが当然だから7フィートにすべきとか、より正確に6フィート7インチにすべきとか、そういう主張かもしれない

            • by Anonymous Coward

              2m自体有効数字的な誤差含んでるのにインチ単位の正確さ求めても意味ないだろ。
              2.00m言ってるのならともかく。

      • by Anonymous Coward

        多分違うくて、#3893293さんは「空気感染なので6フィート以上離れる必要がある」と誤読しているんだと思います。
        「え? いままで2mって言ってたのに空気感染が確認されたのに6フィートで良いんだ。同じじゃん」って思ったんだと思います。
        私の妄想ですが。

      • by Anonymous Coward

        欧州なら1.5mのところがちらほらあるけどね。

    • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 19時41分 (#3893297)

      #ところでヤードポンド法は滅ぼさなければならない

      • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 20時03分 (#3893304)

        日本では「お互いに手を伸ばしても届かない距離が目安」と報道されていたので、1尋とすべき。

      • by Anonymous Coward

        日本で言ってる「2メートル」って、範囲で示すと1.5≦x≦2.5みたいなもんだよね。
        一方アメリカで言ってる「6フィート」は、5.5≦x≦6.5みたいなもんだよね。
        つまり厳格な定義が出来ないメートル法こそ滅ぼさなければ?

        # どう考えても結論がおかしいのでAC。どうしてこうなったorz

        • by Anonymous Coward

          結論はおかしくないよ。
          日常的な長さを一桁で表しやすいのはフィートや尺、だいたいどの文化でも25-30cmぐらいの単位がある。
          メートル法が人工的と言われる所以。

  • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 20時11分 (#3893307)

    飛沫感染と飛沫核感染があって一番厄介な飛沫核感染する病気は4種類ぐらいしかない
    COV-2ももしかしたら一部の特殊な環境や特殊な条件では飛沫核感染間知れないといわれているが、一般的にはしないと考えられている
    今回のCDCの発表も飛沫感染=エアゾル感染のことでこんなことは3月から散々言われている、そのためにマスクしてるわけだから
    だから深く呼吸する合唱、カラオケ、スポーツジム、ライブハウス、換気の悪い場所、飛沫が飛ぶ飲食店が高リスクの場所
    大体もし本当に飛沫核感染するなら日本の満員電車内経由で感染者が万単位で出てとっくに医療崩壊起こしてるよ

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      本物の空気感染なら、サージカルマスク付けることに意味はないよね。
      インフルエンザだって空気感染ではなく飛沫感染だからこそ、南半球は今マスク着用でインフルエンザが大幅に減ってる。

      本物の空気感染(麻疹、水痘、結核)と同様の感染経路なら、感染を防ぐことはできないでしょう。
      結核は日本中に感染した人がいるけど、予防接種のおかげもあって発症が少ないだけ。
      そうは言っても、日本でも年間1000人は結核で死んでるけどね。

      • by Anonymous Coward

        本物も偽物もないよ。

        言語上は「空気感染」って同じ単語で表現されるけど、現実じゃどれくらい病原体を取り込んだら感染するかなどの差がある。コロナの場合は相当量取り込まないと感染しないから感染の主流が飛沫感染なのは変わらない。
        ただSARSやMERSで空気感染と思われる集団感染があったように、条件が整ったらえぐいクラスターが発生する可能性があるってだけ。

    • by Anonymous Coward

      感染確率は、暴露するウイルス量や、飛沫核の数と。感染確率に大きく関係すると考えられてる
      屋外や、換気のいい屋内、高性能マスク経由で少数吸い込んだだけじゃ、感染しにくい

      換気の悪い屋内で、たくさんの飛沫核を吸い込むと感染しやすい

    • by Anonymous Coward

      電車にはもともと空調に換気装置がある+窓開け走行
      の2つ同時にやってるので、感染が最小限に抑えられてるといっていい

      客が窓開けられない車種でも、工場で強制的に窓開け状態に改造させられてたりする

      進行方向前側の左右各1か所、後ろ側の左右各1か所ずつの、合計4か所の窓を開けるだけでかなり感染確率は下がる
      客が窓開けられない車種の多くが、4か所窓開け改造させられてる

    • by Anonymous Coward

      飛沫感染と空気感染は違うでしょ。
      空気感染を突然エアロゾル感染とか区分けしたのは事実だけど。

  • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 20時41分 (#3893318)

    コールセンターで大量感染の実例があり、換気を強くすると蔓延が収束した事から、密室エアロゾル感染するのは確実。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2020年09月22日 21時29分 (#3893335)

    >誤ってドラフト版を掲載してしまったとして

    ドラフトなら本稿があるのになぜ未だに出てこないんでしょうかね…。

    まあ、あの中に「そうであった方が自分たちにとって良いと考える人」が紛れてることは確実だよね。
    そういう空気に押されて出してみたものの、反応が(彼らにとって悪い意味で)激しかったので撤回した、と。

    つうか本当にドラフトならその日中に気が付くでしょ。
    誰も校正してないお粗末組織っていうのなら別だけど。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      そうであった方が自分たちにとって良いと考える人

      #3893335に対する自己言及でしょうか?

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...