パスワードを忘れた? アカウント作成
15537956 story
宇宙

赤色超巨星が超新星爆発する様子を観測することに成功。天文史上初 34

ストーリー by nagazou
観測成功 部門より
米カリフォルニア大学などの研究チームは、死期を迎えた巨大な恒星が超新星爆発を起こす様子をリアルタイムで観測することに成功したという。観測に成功したのは地球から約1.2億光年離れた銀河NGC5731にある赤色超巨星「SN 2020tl」。この赤色超巨星は太陽の10倍以上の質量を持つものだそうだ。今回、SN 2020tlの超新星爆発の様子が観測できたことにより、赤色超巨星がSN 2020tlfのような発光を伴っている場合、近いうちに超新星爆発を迎えると予測することが可能になるとしている(The Astrophysical JournalCNNEngadget)。
  • by loose duce (47070) on 2022年01月12日 17時36分 (#4183360) 日記

    先を越された....もうちょっとだったのに...

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2022年01月12日 14時52分 (#4183220)

    といっても人類の姿すらなく、恐竜とか全盛の時代に爆発したやつが見えているだけでしょう?

    ここに返信
    • おそらく、天文学で「リアルタイム」といったら、(時間的な同時性よりも)それが発生している様子を見ることができた。という方だと思います。

      天文学といえば、「星ができる直前の様子が観測されました。あと、たった2万年も立てば、星の形になるでしょう」的なタイムスケールなので。
      超新星爆発の兆候から実際の爆発までが、人間の認識できるタイムスケールで観測できたのは、確かに驚きだと思います。
      --
      ¶「だますのなら、最後までだまさなきゃね」/ 罵声に包まれて、君はほほえむ。
      • by Anonymous Coward

        約1.2億光年離れた状況で#4183220の考える同時を観測するには光速を超えるためにタキオンの出番になりますね。
        タキオンは虚数の固有時を持つ粒子のようなので、まさにリアルタイムではなくなります。

        今までは超新星爆発直後(何万年後)しか観測されていなかったのでしょうね。

      • by Anonymous Coward

        2020年頃から超新星爆発を起こすまでのタイムラプス動画とか作ったら
        面白そうだな。ピッチドロップ実験以上の長丁場になりそうだけど。

    • by Anonymous Coward

      宇宙的規模で同時というのはどういう場合なのか?

      • by Anonymous Coward

        相対論的にローレンツ変換してやれば、見えた時が同時刻という解釈も可能だよね。

      • by Anonymous Coward

        この特殊相対性理論に支配された宇宙では同時なんてものはそもそもマヤカシですよね。

        • by Anonymous Coward

          でも、1.2億光年ぐらいの距離なら宇宙膨張の影響も少ないし、相対速度も光速度に比べて十分に遅そう。
          だとすると、ほぼ同じ慣性系にいると見なして良さそうな気がする。

    • by Anonymous Coward

      「誰もいない森の奥で倒れた木は音を立てたか」というのはバークリー [wikipedia.org]って人が言ったらしいけど、
      「人類が存在しない頃に爆発した星は観測できるか」という設問には「できる」という回答が示された。

    • by Anonymous Coward

      それがリアルタイムです。

    • by Anonymous Coward

      といっても人類の姿すらなく、恐竜とか全盛の時代に爆発したやつが見えているだけでしょう?

      てことはもし影響が届くとしたらリアルタイムではあるわけで
      オカルト方面が人類は滅ぶとかいいそうみたいな

      # まぁ絶対に安全という確証を示せるわけでもないが

    • by Anonymous Coward

      そんなこと言ったら今あなたが見てるパソコン画面もリアルタイムではないですよ

  • by Anonymous Coward on 2022年01月12日 14時53分 (#4183222)

    星新一がデビューした時、どこかの新聞だか雑誌だかの見出しで「SF界に一新星現る」と書かれた。
    ご本人は「新星って爆発した後の燃え殻なんだけどなあ」とボヤいていたとか。
    #本名の「親一」をペンネームとして「新一」にしたんだから、本人も狙ってたんじゃないのかなあ。

    ところで、今回の爆発跡地に中性子星なりブラックホールは見つかるんだろうか。それはいつ頃?
    あと、今は新星が見えている、で合ってるのかな。1億2千万光年先じゃ肉眼では見えないんだろうけど。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      新星は繰り返すことも多いよ
      超新星は繰り返さない

      これは「超新星」

      中性子星なりが見つかる(観測できるようになる)のはだいぶ先だな
      年単位でかかると思うけど、100年とはかからないんか…?

      • by Anonymous Coward

        年単位でかかると思うけど、100年とはかからないんか…?

        流石にちょっと見てくるとかできる距離じゃないんで待つしかないですよねぇ

        # ウルトラの父「荒れてきたからちょっと見てくるわ」

        • by Anonymous Coward

          100光年分上流(?)に行けば今すぐ(?)観測できるかも。
          ただ観測結果を送信すると地球上で受信できるまで100年かかる。
          あれ? その観測結果が地球に届く頃には地球でも観測できることになる。

          #現在最遠方の人工物ボイジャー1号は太陽から205億km=68333光秒=19光時くらいらしい

    • by Anonymous Coward

      「新星って爆発した後の燃え殻なんだけどなあ」

      超新星フラッシュマン「何か」 [pixiv.net]

    • by Anonymous Coward

      エッセーでは、続けて「語順はその逆だから、めでたいのかも」とか書いてますね(確か、「きまぐれ星のメモ」所収)。

  • by Anonymous Coward on 2022年01月12日 19時24分 (#4183438)

    リアルタイムちゃうやろ。
    1億年以上も遅れとるやん。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      相対論を学べ

      • by Anonymous Coward

        相対論を学べ

        まだかなーとみんなが見ていたからベテルギウスは先を越されてしまったということですね

      • by Anonymous Coward

        物理専門で学んだうえでのボケなんだが・・・

  • by Anonymous Coward on 2022年01月12日 23時40分 (#4183594)

    > 超新星爆発を起こす様子をリアルタイムで観測することに成功した

    あっさり書いてあるけど、これって実はものすごいことなんじゃないの?
    とくに超新星爆発の研究してる研究者たちにとっては。

    仮に予測できるようになったとして、ある研究者が一生のうちにリアルタイムで
    観測できるチャンスに1回でも恵まれるかどうかってレベルのレアな事象なんでしょ?

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2022年01月13日 0時09分 (#4183607)

    「天文学史上初」とすべきでは?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      あるいは「天文誌上初」とか

  • by Anonymous Coward on 2022年01月13日 6時59分 (#4183661)

    近いうち(数百万年以内)

    ここに返信
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...