パスワードを忘れた? アカウント作成
15373776 story
火星

火星からのサンプルリターンを目指す Perseverance、最初のサンプル採取は失敗 9

ストーリー by nagazou
超硬い? 部門より
headless 曰く、

NASAは 6 日、火星探査車 Perseverance が実施した 1 回目の岩石サンプル採取活動で、サンプルが採取されていないことを示すデータを受信したと発表した(プレスリリース)。

史上初となる火星からのサンプルリターンを目指す Perseverance先端がコアリングビットになった中空のチタン合金製サンプルチューブを 43 本搭載しており、ロボットアームの先に取り付けたインパクトドリルで地表を掘削してサンプルを採取する。作業は終始自律的に行われるが、1 回目の作業でサンプル採取後にプローブでサンプル量を測定した結果、サンプルはチューブ内に取り込まれていなかったとのこと。ただし、サンプル採取・格納システムでハードウェア上の問題があるとは考えられず、掘削した岩石が予期したように反応しなかったとみられるそうだ。

NASA が火星探査ミッションでも岩石や表土の予期していなかった特性による困難に直面するのは今回が初めてではない。火星探査機 Phoenix は採取した土壌サンプルの粘度が高かったために分析装置への取り込みに手間取り、火星探査車 Curiosity は岩石サンプル採取用ドリルで掘削できない非常に硬い岩石を確認した。火星探査機 InSight は 2 年近くにわたって地熱測定装置プローブ打ち込みを試みていたが成功せず、今年 1 月に打ち切りを決めている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2021年08月10日 17時47分 (#4088059)

    火星人が修理してくれるさ

    • by Anonymous Coward on 2021年08月10日 18時05分 (#4088074)

      むしろ、地球人が火星人と、火星からの鉱物持ち出しの交渉すらしなかったから
      サンプルを押収されたんじゃ

      親コメント
  • 何だかんだ凄いよね。

  • by Anonymous Coward on 2021年08月11日 0時23分 (#4088340)

    次の火星でのサンプルリターンでは、
    単弾頭の純金属製弾、指向性高出力エネルギーのレーザー、ある面積に対して多弾頭の純金属製弾、無指向性高出力エネルギーを出せる純枠な重元素の特殊な機器とかを高速発射出きる装置を探査機に持たせて、火星のホンの一部をガッツリ「耕せ」ばいいんではないだろうか?

    そうしたら、楽にサンプリングができる。

    注:レーザーはすでに使っているだろうけど、上記を使う場合はそこに苦情を言うような火星人がいないことをたしかめることw

    • by Anonymous Coward

      そこまでやると弾丸由来の物質が混ざりそう
      まあ分析結果から分別できると思いたいけど

  • by Anonymous Coward on 2021年08月11日 1時37分 (#4088371)

    なにかフラグを立て忘れてるから、アイテムを取得できないんではなかろうか。

    • by Anonymous Coward

      アメちゃんが星条旗を立て忘れるわけない

  • by Anonymous Coward on 2021年08月11日 1時41分 (#4088374)

    え、もう火星からサンプルリターンできる時代なのか!
    と思ったら、Perseveranceはまずは採取と保存までらしい。

    そこまでを「マーズ2020」 [wikipedia.org]、サンプルリターンも含めた全体のミッション名は「マーズ・サンプル・リターン・ミッション」 [wikipedia.org]だそう。

    サンプルリターンの方法はまだスケジュールも方法も具体的に決まってないようだけど、まぁー、そこまでもう考えられる領域にあるってのがすごい(小並感)

typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...